このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2015.04.16
1106513141.jpg壱コトコ「BABY BABY」(1)



うれしいんだよ結弦が来て
家族ができたみたいでさ




■貧乏学生・侑征の前に突然現れたのは、超~ナマイキなお坊ちゃまベイビィの結弦。両親を亡くし天涯孤独の結弦を、侑征が引き取ることに……。大波乱のふたり暮らしがスタート☆

 壱コトコ先生のビーズログ連載作です。ナマイキな小学生との同居生活を描いた、ほのぼのコメディ。物語は唐突に始まります。親元を離れ一人暮らしをしていた貧乏高校生・侑征の家に突然グラサンにスーツの男が現れます。小さな子供を引き連れたその男は、「遠い親戚の子を引き取って面倒を見てほしい。お金ははずむ。」と通告し、半ば強引に男の子を引き取らせます。遠い親戚というその子・結弦は、お金持ちな家庭で育った世間知らずの生意気小学生。なんとか歩み寄ろうとする侑征ですが、連れない態度で彼を拒絶します。けれどもやっぱり子供は子供。一緒に過ごすうちに、段々と二人の距離は縮まってきて……というストーリー。


ベイビィベイビィ0001
最初は距離がある二人。侑征の持ち前の包容力で、少しずつ距離を縮めていく。とにかく結弦の表情が豊かで、それだけでも楽しめます。


 ものすごく無理やり感のあるスタートはご愛嬌。その勢いのままジェットコースター的に進むのかと思いきや、その後は比較的ゆっくりと、ほのぼのと物語は進んでいきます。高校生と幼い男の子のつながりを描いた作品というと、マッグガーデンの「flat」を思い出しますが、あちらは子供が高校生をかなり好いていて、逆に高校生はそれほどでもないというミスマッチからの面白さがある作品でした。本作は逆に子供からの信用がない中で、少しずつ信用を勝ち取っていくというアプローチ。お互いに一人身であるという環境から、絆を醸成するのにそう時間はかからず、物語の中盤以降は疑似家族、疑似親子、疑似兄弟的なエッセンスを含んだ物語へと変容していきます。

 侑征は割と懐の広い高校生という感じなので、彼目線で物語を楽しむことが多いのかなと思います。一方で結弦はなかなかの食わせ物。自分が可愛いことを自覚しており、甘えるべき人には甘え、侑征に対しては生意気な態度を取り続けます。物語的にはこの子の可愛さを楽しむという部分が7割ぐらいを占めており、この子が可愛いと興味を持った方はとりあえず手に取って損はないかと思います。ナマイキなところから、ふと見せる寂しい表情とか泣き顔が本当に可愛らしくて。。。
 物語は2人の閉じた関係で終わらず、侑征の同級生たちが頻繁に彼の家を訪れることで、関係性の広がりを見せていきます。加えて同級生の一人に妹がおり結弦と仲良くなるという、2世代による関係構築あり。侑征の友達は、女子2人と男子1人。女の子はそれぞれタイプが違い、ふんわり女子とちゃきちゃき幼馴染ということで、物語が進めば恋の匂いもしてきそうな雰囲気もあります。


ベイビィベイビィ0002
こんな感じの幼馴染。結構普通に家にくるあたり、オタク好きする作品にありそうなシチュエーションが羨ましい。


 温かい人間関係や小さな男の子を愛でるという以上には特に強調すべきところはないのですが、そこに絞って存分に楽しめるというシンプルさは魅力で、疲れた心を癒してくれることでしょう。とにかく悪意を持った人間が登場しないというのも個人的には好きなところで、安心感を持って読むことが出来ました。


【男性へのガイド】
→男2人の関係性を愛でるってのは、男子受けするのだろうかという所はありつつも、優しいつながりを描くというような話がお好きであれば、さほど抵抗なく読めるのではないかと思います。女の子も可愛いし。
【感想まとめ】
→表紙から受ける印象をそのまま信じてもらえばいいんじゃないかなと思います。ちょっとクサさはありますが、デフォルメされたキャラ造形からも、このくらいの濃い味でちょうど良し。


作品DATA
■著者:壱コトコ
■出版社:エンターブレイン
■レーベル:ビーズログコミックス
■掲載誌:ビーズログ
■既刊1巻
■価格:620円+税


■試し読み:第1話(pixiv)
カテゴリ「B's LOG」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2015.04.13
1106512673.jpg鳥飼茜「地獄のガールフレンド 」(1)



利害一致に乾杯!



■一軒家でルームシェアを始めた3人の共通点は「友達がいない」。女たちの食卓では非モテの根源。オバサン問題、受け身の性格。“女の人生”比べ、……とおしゃべりが止まらない!世間におののく女たちに捧ぐ、デトックス同居物語!

 「おんなのいえ」(→レビュー)などの鳥飼茜先生のフィールヤング連載作です。なかなかインパクトのあるタイトルですが強烈な内容というわけではなく、むしろほっこりする同居ものです。物語のメインとなるのは女3人。ひとまず一人ずつ紹介した方が良さそうですね。まず一人目は、31歳シングルマザーの加南。結婚に疲れ離婚をしたばかりで、人見知りな4歳の息子の通う保育園を変えたくない一心で、ルームシェアの募集を発見、申し込むに至りました。もう一人が、28歳OLの悠里。まじめを絵に描いたような女性で、よく眉間に皺が寄っているセカンドバージン。長年住んだアパートが取り壊しにあい、たまたまルームシェアの募集の張り紙を発見し、住むに至りました。そして最後が、36歳ファッションデザイナーの奈央。ゆるふわな雰囲気でかなりモテる恋愛体質な女性。付き合っては別れを繰り返している中で、「興味のない“女の人”と一緒に暮らしたら?」という友人の助言から、住んでいた一軒家でのルームメイトの募集をするのでした。それぞれ違う立場ながらも、何かしらの不満を抱える女性たちが一つ屋根の下で共同生活を送る中で、毒を吐き出したり助言を貰ったりと、一人の時とはちょっと違う充実感を得ながらの日常が描かれます。


地獄のガールフレンド0002
それぞれ近くに頼るところがないくらい、友達がいない。知り合いはいるけれど。そんな人たちだから、最初はちょっと距離を保ちつつ、けれども打ち解けると一気に近く。共感もあり、時に意見が対立することもあり。けれどもそんな感覚が彼女たちにとっては新鮮だったりするのかも。



 別に何かするわけじゃないんです。3人が同居して、日々日常を送るのみなのですが、帰ってきたら誰かがいてその日たまった鬱憤を吐き出せば、それだけでスッキリするし、誰かに感化されてちょっと違ったことをしてみたりとか。そういう誰かと過ごす尊さみたいなものがほんのりと感じられる作品です。終わりなき日常を繰り返すわけではなく、おそらくこの先にも色々と変化は訪れるのでしょうが、1巻終えて訪れた変化はとっても小さいものなので、やや日常ものとしての色香も感じることができる、不思議な味わいがありました。どっちつかずとも言えるのかもしれませんが、個人的には全く嫌な感じや違和感はなく、面白かったなぁと。

 3人同居ものと言いつつも、先の人物紹介であったように加南はシングルマザーということで、子供も一緒に住むことになります。4歳なので寝るのも早く、女同士のディープな会話は子供が寝てから。残りの2人も時に子供に癒される場面もあるなど、子供を連れての同居生活は思いのほか順調です。子供がある種プラスになっていると言いますか。また3人とも職業の違いからか(OL、デザイナー、イラストレーター)、生活圏や生活時間、男性の好みなどがバッティングすることはあまりなく、だからこそ良い関係が築けているのかなという感じがあります。ここでお互いに干渉せざるを得ないような人間関係が出てきたりしたら、色々とややこしそうではあるのですが、そういう方向には流れないのではないかと1巻を読んだ雰囲気では思えます。

 またこの家には奈央の友達というか同僚というか、とにかく近しい男の子が頻繁に出入りしてきます。女性ばかりの家に若い男が出入りというとなかなか刺激的な展開を想像してしまうのですが、彼は「処女にしか興味がない」という変態嗜好の持ち主でそれを公言しており、上手いこと一線引き・引かれ関係を保っています。女性たちだけでバイアスがかかりがちな状況で、ズバッと現実的な意見を突き付けてくれる存在です。


地獄のガールフレンド0001
この男だけは違和感ありありな存在なんですけれども、それがうまく作中では機能している感あり。


 物語の内容とは別に、各話のタイトルがなかなかイカしてるんですよ。セリフっぽいんですが、作中でそのまま登場したセリフを使っているワケではなく、けれども誰が言っているかとか、意味合いが通じる内容でして。たとえば1話は「たしかに子供は産んだけど お前らまで産んだ覚えはないっつーか」、6話は「しかもその『怒り』が世界中の巨大地震とかを起こすっていうんだから怖い」など、長いけどなんだか頭に残ります。


【男性へのガイド】
→女性たちだからこそ実感できる話だとは思うのですが、毒吐きだしつつもその様子はなかなか面白く、男性が嫌と感じるような内容でもないと思われ。
【感想まとめ】
→作者さんの他の作品に比べ、笑いの要素が多く面白かったです。いい意味で脱力しているというか。「おんなのいえ」に通ずる部分は残しつつも、本作ならではの楽しさもあり、オススメです。


作品DATA
■著者:鳥飼茜
■出版社:祥伝社
■レーベル:FC Swing
■掲載誌:フィールヤング
■既刊1巻
■価格:680円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「フィール・ヤング」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2015.04.07
1106500722.jpg師走ゆき「高嶺と花」(1)



これは
媚びたら負けの
駆け引きだから




■姉が拒否した、父の勤め先の御曹司・才原高嶺とのお見合いに、身代わりとして出席した女子高生・野々村花。高嶺の横柄な態度にブチ切れ、当然破談と思いきや「お前のことが気に入った!」と言いだし連れまわされるように…!大人げない高嶺の態度にムカついたり、笑ったり、惹かれたり!?このお見合い、良きご縁となるや否や…??

 「不老姉妹」などの師走ゆき先生の花とゆめ連載作です。巻数が付くのは1月に発売された「わんテール」に続いて2冊目になりますね。庶民なヒロインと、横暴だけどどこか憎めないイケメン御曹司とのドタバタラブコメという、いわば少女マンガでは王道中の王道とも言える作品になっています。

 主人公はごくごく普通の高校生・野々村花。ある日、かなりの美人と評判の姉に、父の勤め先の御曹司との見合い話が舞い込むも、姉には付き合っている相手がいるとのことから、花が身代わりにお見合いに出席することになります。なんとかその場をやりきり、円満に破談とすべく臨むも、あまりの相手の横暴さにキレてしまった花は、つけ毛を相手に投げつけて暴言を吐いて去るというとんでもない行動に。後悔の念に駆られる花でしたが、何故だか高嶺は「お前のことが気に入った」と度々デートに誘われるように……。引き続き姉として、お見合いの延長戦に臨む花。横暴に見えつつも、意外と可愛い所もある高嶺と過ごす時間が、だんだんと居心地よく感じるようになり。。。というストーリー。


高嶺と花0001
 「花より男子」に代表されるように、プライドの高い御曹司の相手をするには、彼らに負けない芯の強さ・負けん気の強さがあるサバサバ女子がヒロインとなります。本作の場合もまさにそれを地で行く直球系ヒロインで、見ていて非常に気持ちが良い。なお相手の嫌味に対してもこれくらいやりあえるという。

 
 相対する御曹司・高嶺はかなり人を見下した態度を取るのですが、性根が根本から捻じ曲がっているワケではなく、自分の気持ちを素直に表現できない不器用さを持った男の人という感じで、言動の割にはあまり嫌な印象は受けません(言えばなんだかんだやってくれる人みたいな)。ともあれ二人とも自身の思惑を、体面崩さずに押し通したいものですから、事あるごとにぶつかり合うマウンティング合戦が繰り広げられます。それがひとつコメディとしての面白さとなっているという。

 で、一通りぶつかり合いを繰り広げた後に待っているのは、お互いが譲歩した中での赤面タイムで、そこがもう当人たち以上に赤面してしまうようなニヤニヤな瞬間となっています。ぶつかり合いによる笑いからの、ふと見せる優しさからのニヤニヤと、メリハリ効きつつ両方をバランスよく楽しむことができる内容となっています。

 なお正体隠しつつというのは1話目でばれて終わるので、以降は普通に、庶民の女子高生とイケメンやり手御曹司という関係で続いていきます。一応双方に居心地が良いというか、楽しく過ごせるためにお見合いという名のデートは続いていくのですが、お互い「好き」とか「付き合う」といった具体的な言葉は言わず、なんだか不思議な状態が続いてきます、茶を濁しつつ1巻完結で、2巻ではこの辺りを明確にすべく行動するなんてことが増えてくるかと思うのですが、それもなかなかニヤニヤ度の高そうな過程を踏みそうで楽しみなところです。また珍しく1巻時点ではライバルらしいライバルもおらず、非常にシンプルなキャラクタ構成で進むあたりも引き込まれやすい一因かと。


高嶺と花0002
ドキドキパート。これは花がすることもあるし、高嶺がすることもあるし。どちらにせよ、赤面ニヤニヤは必至。


 ラブコメらしいラブコメ、、、というとよくわからないかもしれませんが、オススメの一作です。正直師走ゆき先生の作品って、やや突飛でクセのある設定のお話が多く、ピンとくることがあまりなかったのですが、本作はかなりハマりそうな予感がしております。師走ゆき先生のイメージを良い意味で崩す作品になっているかとも思いますので、先に発売されている作品だけしか読んでいない方は、是非とも本作を手に取ってほしいところです。


【男性へのガイド】
→少女マンガの王道という言葉でお分かりかとは思いますが、そのジャンルがお好きな方は手に取って間違いない作品かと思います。
【感想まとめ】
→面白かったです。切れ味よしのニヤニヤラブコメということで、追いかけ続けたい作品ですね。


作品DATA
■著者:師走ゆき
■出版社:白泉社
■レーベル:花とゆめコミックス
■掲載誌:花とゆめ
■既刊1巻
■価格:429円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「花とゆめ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2015.04.06
71N9M2md8uL.jpg加々見絵里「それは色めく不協和音」(1)



お前のおかげでめちゃくちゃ楽しくなりそうだ



■「音」がつなぐ、僕らの過去と未来。
明誠学園・ピアノ科に入学した、小心者の奏一郎。彼は、ピアノ男子に目がない音々という女子生徒に目をつけられる。はじめは彼女から逃げていたが、音々のピアノ男子好きには理由があるようで……。

 加々見絵里先生のシルフ連載作です。気弱なピアノ男子が主人公の学園ラブコメディ。物語の主人公は、メガネで前髪深めな奏一郎。明誠学園のピアノ科に入学するも、気弱な彼は新生活に不安を覚えていました。そんな彼は、なぜか普通化の秀才でお嬢様の藤岡音々にひょんなことから目をつけられ、以来ことあるごとに一一緒に過ごすように。一見、見目麗しい美少女の彼女なのですが、なにやらピアノ男子というものに目がないらしく、ピアノ男子の話をすると途端に「ハァハァ」と気持ちの悪い感じに。数居る男子の中でなぜ奏一郎なのかというと、入学試験の際に彼女が好きな曲を見事に弾いたからだという。押しの弱い奏一郎は、度々彼女の無茶ブリに巻き込まれてしまうのですが、、、というストーリー。


それは色めく不協和音
この巻き込み力。一応本人は良かれと思って行動しています。


 主人公は気弱でメガネで前髪深め、ヒロインはちょっと変態チックな美少女黒髪お嬢様と、その設定だけ見れば女性向け作品というよりは、オタク系の男性向け作品のようにも見える本作。この組み合わせでどの程度の需要があるかは定かではないのですが、ばっちり巻数がついて連載されているように、一定の人気を得ていることが伺えます。あらましのみでは単なる巻き込まれ系のラブコメ。けれども、彼がかつてお世話になったピアノ講師と、彼女がピアノ好きとなったきっかけを作った人物が同じという繋がりがあり、まだ明らかになっていない関係性が今後浮かび上がってきそうです。

 ラブコメの体は成しているものの、奏一郎は音々のことを「残念な女子」として見ており、恋愛感情は時間を重ねてゆっくりと形を帯びてきそうな雰囲気。一方の音々もピアノ男子は好きではあるものの、奏一郎のことを恋愛対象としてとらえているかというと決してそうではなく、お互いが想いあってくっつくまでにはそこそこ時間がかかりそうな感じがあります。また物語としては単なる巻き込まれ系ドタバタラブコメとしての側面だけでなく、奏一郎が人前で全くピアノを弾けない(弾けるときは何かが乗り移ったようになり記憶が飛ぶ)というコンプレックスを抱えており、それを音々とのつながりによって克服(していくであろう)というちょっとした再生の要素も落とし込まれています。

 恐らくそこに、彼のピアノ講師との関係性が関わってくるのですが、1巻時点では驚くほど何も明かされておらず、そこを強みに本作を推すのはなかなか難しいという。そのためキャラの個性を強調材料とせざるを得ないのですが、主人公もヒロインもこの手のレーベルらしく味付けが濃いので、かなり好みは別れそうな感じがあります。ヒロインの音々なんかは、照れたりした表情とか見てみたいんですけれども(個人的欲求)。


【男性へのガイド】
→設定的には男性向けの色が強いのですが、主人公含めキャラの作り的には女性向けの色が強く、難しい所。
【感想まとめ】
→個性的なキャラクターたちが自由に動き回れるような舞台設定で、やりたいことをやっているんだろなぁという楽しさが伝わってくる作品でした。あと本編に全く関係ないですが、表紙素敵ですよね。色使いといい、構成といい。



作品DATA
■著者:加々見絵里
■出版社:角川書店
■レーベル:シルフコミックス
■掲載誌:シルフ
■既刊1巻
■価格:580円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「シルフ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2015.04.02
1106497246.jpg美川べるの「みみここもも」(1)



暇女三人衆糞お喋り隊とかその辺にしよう



■「未々」「ココ」「もも」のJK3人組が、ハッピーな放課後ライフを絶賛模索中!!妄想サクレツ系女子たちの、スクールライフ!

 美川べるの先生のスピカ連載作です。美川べるの先生の作品は「ストレンジ・プラス」以来に読むのですが、相変わらずの雰囲気の作品でした。舞台となるのはふつうの共学校。主人公は、タイトルにもなっている「未々」「ココ」「もも」の3人です。非モテで暇を持て余している女子高生3人達が、少しでも充実した放課後を送るために、あれこれ妄想を膨らませながら繰り広げるギャグコメディです。

 3人それぞれどんな役割を担っているかを説明すると、まず真ん中にいる未々(表紙とタイトルの順番合わせておけよとかいうツッコミはなしですか、そうですか)が話を転がす原動力となります。彼女が何やら提案をして、そこから妄想を展開させていくという流れが基本。未々は典型的な妄想たくましいアホという感じで大半のボケを彼女が担うことになります。そんな彼女にすかさずツッコミを入れていくのが、右にいるもも。彼女はあんまりボケません。そして残りの1人ココは、行動力のある未々とは対照的に割とネクラなオーラただようボケを繰り出す不思議系という感じ。彼女の方が負の力が強い印象でございます。


みみここもも
未々に対して、ココのボケの頻度は少な目。ただこういうダークな感じでスパイスを利かせてくるため、個人的には彼女の方がお気に入りだったり。


 ネタは美川べるの先生っぽく、次から次へとボケが放り込まれるページに対して非常にボリューミーな内容。字数も多いです。どこかネタが理屈っぽい感じなのも、美川先生ならではというところでしょうか。一応女子高生の妄想というものではあるのですが、非モテとの相性の良さから、オタク的なネタも度々投入されてきます。

 各話でつながりもないので、1話ごとにさっくりと読めるのは良いところかと。一応巻数付いていて続くようなのですが、正直2巻から読んでも特に問題ないくらい。これは失礼なたとえになるかもしれませんが、たとえばトイレに入っている時に読んだりしたいような、とにかく肩ひじ張らずに脱力しながら読める作品だと思います。個人的には美川先生のネタはかなり好みなので、2巻も是非とも買いたいところ。しかし発売日にも関わらず、行った書店で探すのに苦労するくらい出回っていない感もあり、是非とも売れてほしいなぁ……。


【男性へのガイド】
→こういう系統の作品は好きな方多いかと思っているのですが、ギャグは個人の好みによる部分が大きいので、難しいところですね。
【感想まとめ】
→安定のネタで、相応の読み応えがあり、かといって肩ひじ張らずに疲れず読める。ここ最近忙しい中で、ちょっとした癒しになってくれました。


作品DATA
■著者:美川べるの
■出版社:幻冬舎
■レーベル:BIRZ COMICSスペシャル
■掲載誌:COMIC スピカ
■既刊1巻
■価格:760円+税

カテゴリ幻冬舎コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。