このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [読み切り/短編] [オススメ] 2013.05.26
1106276583.jpg安藤ゆき「透明人間の恋」


どうして
あめはふるの?



■読切り5編を収録。それでは、表題作をご紹介。
 初告白の返事は「あんた、鏡見たことあんの?」。その晩、鏡を見てみると、眉毛はつながり、うっすらと…ヒゲ?久々に見た自分の姿に田辺さんは、一念発起をするのですが…。不可視な存在ゆえ、己が瞳にも投影不可能。そして色を失った私の恋の物語。

 安藤ゆき先生の実に4年ぶりのオリジナル単行本でございます。前作「不思議なひと」(→レビュー)が本当に良かったので、新作を心待ちにしていたのですが、やっと、やっとですよ。ということで、「透明人間の恋」のご紹介です。収録されているのは、読切り5編。うち1編は8ページのショートストーリーとなっており、残りはそれなりのボリュームある読切りとなっています。どれも素敵な内容だったので、気になったものを中心に、それぞれご紹介していきたいと思います。
 
 表題作は「透明人間の恋」、あらましは冒頭でご紹介した通りの内容。好きになった男の子に人前で告白するも、容姿のことを酷く貶められフラれてしまった田辺さん。家に帰って鏡を見てみるとそこには、髪はぼさぼさ、眉毛はつながり、うっすらヒゲが生えている、荒れ放題で手つかずの顔が。それを機に、顔を、髪を、服を整えてみると、いつしか美少女と噂されるまでになるのですが…。
 
 
透明人間の恋1
 地味な女の子が一念発起して、美少女に生まれ変わるというストーリー自体は物珍しいものではないのですが、地味すぎて周りから気づかれないどころか、自分ですら自分に気づいていない状況という出発点が面白く、さらに容姿が変わってもヒロインの評価軸がブレないところがステキでした。一風変わった着眼点を、読切りの中に恋愛ものとして落とし込んで来るのは、結構難しいんじゃないかと思うんです。
 

 3話目「マトリョーシカ」は、今まで色々な女の子と付き合ってはフラれている主人公が、いつものように親友の女の子に慰められにいくのですが…というストーリー。初っぱなのシチュエーションで、結末はもう見えたようなものなのですが、これも描き方がユニーク。フラれた彼女に贈ったマトリョーシカをきっかけに、幼なじみ二人のエピソードを、アイテムをキーにして段々と遡っていき、物語は転がっていきます。読切りで回想を詰め込みすぎると、少々慌ただしくなってしまうのですが、そこも無理なく、話の中の大切なエピソードとして機能。終わり方も、雰囲気たっぷりに良い余韻を残して。なんてことない男女のやりとりを、こうして時間軸を遡り、素敵に彩ってくれました。

 個人的に一番印象に残っているのが、最後に収録されている「drops.」。本作は、雨の日の男女のやりとりが描かれたお話。高校生、小学生、大学生、社会人と、様々な男女が雨と共に描かれているのですが、実はこれらのエピソードが、最後思わぬつながりを見せるという。途中まではつながりなんか想像させないんですが、段々とピースがはまっていき、最後の方には「おおおおお」と。読切りなんて滅多に読み返すなんてしないのですが、本作に関して言えば、もう一度読まざるを得なかったです。遡って読んでみて「なるほど、こういうことか!」と。シーンだけでなく、登場人物もしっかりつなげて完結させているあたりも、すごいなぁ、と。久々にオシャレで、かつ面白い読切りを読んだ気がしました。これは是非とも、読んで頂きたいところ。


透明人間の恋
雨のエピソードということで、相合い傘や雨宿りなんていうベタなシーンも多々登場します。そういうありふれた風景を上手く組み合わせて、全体として面白い物語を組み上げます。


 その他ショートストーリーの「そこは注文の多い料理店」と、とっても良い人な男の子と、大食いの女の子を描いた「勝手な2人」が収録されています。前者は結構強引な落とし方が印象的で、後者は割と正攻法な青春恋愛ものかな、と。掲載誌は別冊マーガレットなのですが、纏う雰囲気は“オトナ”なそれで、Cookieあたりに掲載されていた方がしっくりくる印象。レーベルは別冊マーガレットですが、幅広く読めるのではないかな、と思います。
 
 各話の紹介でも書いたように、特筆したいのは仕掛けのユニークさ。仕掛けを機能させるにはそれ相応の“理屈”が必要で、物語運びがややカッチリした理屈っぽい印象を受ける方もいるかもしれません。ただだからこそ、読切の短さでもしっかりと印象に残る物語に仕上っているわけで。何はともあれ、期待に違わぬすごい短編集でした!これからもっともっと読みたい作家さんです!


【男性へのガイド】
→恋愛色強めで台詞回しも多少クサい部分があったり、女性向けの感が強いです。
【感想まとめ】
→4年待った分の補正があるのかもしれませんが、すげえ面白かったです。これは是非おすすめしたいです。安藤ゆき先生を知らない方は是非チェックを。


作品DATA
■著者:安藤ゆき
■出版社:集英社
■レーベル:別冊マーガレットコミックス
■掲載誌:別冊マーガレット
■全1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [読み切り/短編] 2013.02.27
1106250094.jpgささだあすか「ささだあすか短篇集 きらきらのなつ」


私も大好き!


■それは小学6年生の夏休み…。
 ある事情で田舎の祖母の家に越してきた、口下手で引っ込み思案な女の子・すず。一人留守番をする古めかしい家は何かがいるようで居辛くて、外に飛び出し出会ったのは、同じ学年のひなた。ひなたと友達になり、やがて新しい場所での学校生活がはじまる…。少女達の成長をやさしく描いた表題作のほか、新旧掲載作や描き下しまで収録。ファン待望の、ほっこり短編集…
 
 ささだあすか先生の短編集でございます。レーベルがWingsコミックスになっているので今回レビューするのですが、実は収録されている作品はWings掲載作は一つもなしだったりします。4タイトルが収録されているうち2タイトルはピュア百合アンソロジーの「ひらり、」に掲載。また残りの2タイトルはLaLaDXに2006年に掲載されたものになります。元々白泉社で活動されていた(今もしてる?)先生なので、LaLaDXの作品が収録されているみたいですね。また「ひらり、」に掲載されていた2タイトルについては、今回の単行本でそれぞれ1話ずつ描きおろしが収録されています。
 
 それでは収録作品を少しずつご紹介しましょう。まずは表題作にもなっている「きらきらのなつ」と、その続編の「ぽかぽかのふゆ」。あらすじは冒頭にご紹介したとおりですが、引っ込み思案な女の子が、田舎に越してきて友達と友情を育んでいくというお話。人付き合いが苦手な内気な女の子が、自分とは正反対の性格の持ち主である女の子と出会い、徐々に自分の世界を拡げていきます。まぁとにかく悪い人が出てこない爽やかで温かいお話で、低年齢向けの媒体に載っていても違和感のないような内容です。


きらきらのなつ1
ひらり、連載ということもあって、百合的なアレンジはあるものの、基本的には友情物語でございます。
 

 続いてもひらり、連載の「しのびのいろは」。こちらは平々凡々な女子高生に、なぜか同い年の忍がつくというショートコメディ。それ以上でもそれ以下でもないのでこれ以上説明しづらいのですが、こちらも毒のないコメディで、例えば「りぼん」だとか「マーガレット」なんかのコメディ・ギャグ枠で連載されていても違和感なさそうな作品です。絵柄もどちらかというと集英社の香りが…
 
 ラスト2作「自転車ブルー!!」と「星空☆ファクトリー」は共にLaLaDXに掲載されていた作品。掲載時期が2006年ということもあり、先の2作とは絵柄がちょっと異なっています。言うなればシャープな線形と言いますか。「自転車ブルー!!」は、“出来る女子”が唯一できない自転車を後輩の男子に教えてもらうというもの。物語の導入は恋愛ではあるのですが、恋愛における駆け引き的なものはなく、気持ちの整理という部分に重きが置かれたこれまた爽やかな作品。また「星空☆ファクトリー」も恋愛を軸に進められるものの、着地点は疑似家族的な温かな所で、こちらも恋愛物語として一口には括れないようなお話でした。


きらきらのなつ
ちょっと変わる絵柄。個人的には「自転車ブルー!!」が好みでした。青春ならではの爽やかさに溢れていて、読み心地が良かったです。

 
 振り返ってみると、どの物語も恋愛色が薄い上に、悪意を持った人物が登場しない優しい物語ばかり。テーマも友情、成長、家族愛…みたいなものが多く、小さいお子さんにも読ませても大丈夫そうな、安心感のある作品になっております。


【男性へのガイド】
→低年齢向け少女漫画的なお話。女子同士の友情ということでムズ痒い部分もあるかもしれませんが、拒絶反応示すような要素はなく、普通に読めるんじゃないかと思いますー。
【感想まとめ】
→どこか懐かしさを感じるような作品でした。短編集ということでまとまりはないですが、どれも共通して温かさや爽やかさがある内容で、読んでいて良い気持ちになれました。


作品DATA
■著者:ささだあすか
■出版社:新書館
■レーベル:ウィングスコミックス
■掲載誌:ひらり、LaLaDX
■全1巻
■価格:800円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「Wings」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [読み切り/短編] 2013.01.25
1106229117.jpg幸田真希「梅酒」


私の幸福は
梅の香りと
共にある



■読切り5編を収録。それでは表題作をご紹介。
 所在なく夜の町に佇む少女・ゆえに声をかけたのは、ごく平凡な公務員・古畑。けれど古畑と過ごす穏やかな時間は、ゆえにとってかけがえのないものとなっていった…。「私、古畑さんと、どうなりたいんだろう…」   。流れゆく日々の中、彼女が導き出した答えは…?
 
 幸田真希先生の短編集になります。幸田真希先生というと「花帰葬」のコミカライズをご担当されていたのを知っているのですが、オリジナル作品読むのはこれが初めて。各話にこれといったつながりはなく、単発で発表していた作品を一冊にまとめたものだと思われます。それでは表題作以外の収録作を、少しずつご紹介しましょう。
 
 歳上・巨乳・女王様タイプを理想の女性とする男子に、あろうことか理想とは正反対な超清純派な女の子が告白してくることからはじまる「女神の条件」。怠惰な毎日を過ごしていた青年が迷い込んだのは、目覚めるたびにクリスマスという無限ループな毎日で…という「blessing20XX」。祖父の葬儀に参列するも、何年も会っていないために悲しみも涙も湧いてこないヒロインが、後ろめたさを感じていたが…という「日だまりの欠片」。そして、父親一人、社会人の兄妹二人で平穏に暮らしていた中に、主人公の後輩が嵐をもたらす「家族には秘密がある」。

 どの作品も割と記憶に良く残る作品だったのですが、まずは「梅酒」について語りましょうか。なかなか惹き付けられる表紙・タイトルで、最初表紙を見た時「酒蔵の話かな…」なんて勝手に妄想したのですが、そんなことは全くありませんでした。どんな内容かというと、内気な女子中学生が、ひょんなことから二回りくらい年が上の地味な公務員の家に足繁く通うようになるというお話。


梅酒
ヒロインのゆえがとにかくかわいい。おっとりとした性格で、内気というかスローすぎてクラスメイトについていけていないんじゃ、と。時に大胆で、無垢。


 公務員の古畑さんは、何かするわけでもなく、酒を飲み時折話しかけるだけ。話題も高村光太郎だったりと、そのシチュエーションとは裏腹に、やりとりから受ける印象は至って真面目で誠実だったりします。タイトルの梅酒も、高村光太郎の智恵子抄から。今どきの女子のテンションについて行けず、そんな中見つけた安心出来る場所。けれどもやっぱり、こういうのはよくないのかも…そんな目の前にある安堵と、心の奥底でちらつく不安とのゆらぎが、淡いタッチで儚げに描かれます。高村光太郎が題材として登場しているからか、どこか文学的というか、懐かしさや古めかしい匂いをどこかに感じるような作品でした。

 どの作品もひと捻り入れて来るというか、まず「王道では進めないぞ」という感が読んでいてありました。「女神の条件」も、シンプルなラブコメディかと思いきや、最後のオチがちょっと斬新でしたし、唯一ファンタジー要素の入っていた「blessing20XX」も、少ししんみりとするラスト。なんていうか、完璧なハッピーエンドではないんですよね、どれも。どこか傷であるとか、後悔のような感情が残っていて、それでもトータルで見たらOKだよ、みたいな。また雰囲気が前面に出た、どちらかというと説明的でない作風でもあるので、ベタをはずれるような作品がお好きな方はドンピシャかもしれません。


梅酒2
「家族には秘密がある」より。最後に収録されているこのお話だけは、割とストレートというか、ありのままに感動を受け入れられる真っ直ぐさがありました。1冊で通してみると、最後このお話でほっこりできるので、読後感は良いかと思います。


 個人的に一番印象に残ったというか、驚いたのが「日溜まりの欠片」。とある女性が祖父の葬儀に行くというだけのお話なんですが、短いとはいえこれで1話描いてしまうのか、と。シチュエーションだけでもわかるかと思うのですが、全く持ってアヴァルスっぽくないんですよね。というか、こんなストーリーは他の雑誌でもあんまりみないです。ストーリーに感銘を受けたというよりは、こういうお話を描こうと思って、実際に描ききってしまうその勇気と、これにゴーを出した出版編集さんすごいな、と。
 

【男性へのガイド】
→この一歩引いてひと捻り入れる感じは、男性っぽい感性という感じがいたしました。
【感想まとめ】
→ アヴァルスでこういう作品が読めるってのはあんまりないと思いますし、色々な意味でちょっと注目してみて良い作品なんじゃないかな、と思います。全力プッシュしきれないのは、どこか地味な印象が拭えないのと、決して万人受けするような物語展開ではないと思うからなんですが、いやでも「梅酒」のゆえはきっとみんな好きだろうしなぁ、なんて、色々とぐるぐるする作品です、はい。


作品DATA
■著者:幸田真希
■出版社:マッグガーデン
■レーベル:ブレイドコミックス アヴァルス
■掲載誌:アヴァルス
■全1巻
■価格:571円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ComicBlade avarus」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [読み切り/短編] 2013.01.13
1106229173.jpg田中相「誰がそれを -田中相短篇集-」


風が吹きます
吹いてしまいます
すこしさびしい気持ちで
いまは



■「加古里・スズシロ」「風の吹く吹く」「あしたの今日子」「庭へゆく」に加え、同人誌で発表された「恋する太陽系第3惑星地球存在13歳」「THE WORLD」、そして描き下ろしとなる「その後の加古里・スズシロ」を収録。紡ぎ出される人間は、こんなにも愛おしい。鮮烈なデビューを飾った著者の原点を知る一冊!

 「地上はポケットの中の庭」(→レビュー)や「千年万年りんごの子」(→レビュー)を描いている田中相先生の2冊目の短編集になります。ITANの田中相先生のプッシュ具合はなかなかで、本作はITAN本誌に掲載された作品の他、同人誌で発表された作品も2編収録されています。

 単行本のタイトルである「誰がそれを」は、収録されている作品の名前ではなく、田中相先生の同人サークルの名前とのこと。田中相先生の作品を読んでもらうというのと同時に、田中相という漫画家の原点を見て欲しい、という部分も多分に含まれるのでは、と帯の言葉や作品タイトルから想像してしまいます。
 
 収録作はどれも説明が難しいというか、シチュエーションだけ言うと凡庸というか、割とどこにでもありふれているのではないかと思えるようなものが多いです。あ、でも「加古里・スズシロ」はちょっと特異か。高校時代の男の幼なじみが、10年振りに再会したらオカマになっていたというもの。ちょっとほろ苦くて、けれどもどこか温かさのある、素敵なお話です。
 

誰がそれを
 個人的にお気に入りだったのは、「あしたの今日子」でしょうか。物語の主人公は会社をクビになったばかりの青年。そんな彼には女子高生の彼女がいるのですが…というお話。ITANでこんな生活臭のする男が主人公というのも意外ですし、とてもとても恋愛色が強いのもまた意外だったというか。それでもって、物語は彼女である女子高生の若さや勢いの良さ、美しさみたいなものがギュッと凝縮されていて、好きだなぁ、と。

 またどれも読後感の良さはあるのですが、中でも「庭へゆく」は兄妹愛・家族愛みたいなものが物語の根底にあって、読み終わったときの安心感というか、懐かしさみたいなものが他の作品に比べて強かった気がします。自分に妹がいるからなのかもしれませんが。
 


風の吹く吹く
 同人作品では「恋する太陽系第3惑星地球存在13歳」がスピード感のある展開といい、結末といい、これまでの田中相先生のイメージとは異なるお話になっていたので、とても印象に残りました。こんな引き出しも持っていらっしゃるのですね。
 
 さて、個人的にな想いとしては、商業作品に同人誌の作品は入れて欲しくない、というのがあるのです。というのも、同人誌と商業誌はそもそもスタンスも毛色も違いすぎるし、何より読むのが難解な、わかりにくいお話があったりするからなんですが。とはいえ本作に限って言えば、多少のわかりにくさはあったものの、どれが同人誌のものかわからない程度に物語の質にバラツキがないんですよね。元々のレベルが高いのもあるのでしょうが、出版サイドもそんなに手を加えないで、素材感を生かして世に送り出しているのではないのかな、と。だからギャップが少なくて済んでいるというか。また先の「田中相の原点を知ってもらいたい」という意味でも、この短編集はアリなのかな、とも思えたのでした。実際、「こんなに引き出しあるのか」と驚かされましたし、これを原点と言うのであれば、すごいレベルのスタート地点だな、と。
 
 発売のタイミングや、デビュー単行本の衝撃度などから考えると、こちらはあまり話題にならなそうではありますが、相も変わらず面白い作品を描かれますので、引き続き要注目ですよ!


【男性へのガイド】
→男性主人公のお話もいくつかあったりで、とっかかりやすさはあるかと思います。この機微をどこまで感じられるかだとは思うのですが、こういうの買うような男性のマンガ読みさんはあまり問題にならなそうですね。
【感想まとめ】
→同人作品収録は個人的にあれなので、オススメタグは付けていないのですが、面白かったです。まさに田中相先生という漫画家さんの原点を知ることができる一冊だと思います。



作品DATA
■著者:田中相
■出版社:講談社
■レーベル:ITAN
■掲載誌:ITAN+同人誌
■全1巻
■価格:581円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ITAN」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] [読み切り/短編] 2012.09.29
1106195717.jpg穂積「式の前日」


さあて 歩いてやりますかー
ヴァージンロード



■読切り5編を収録。
 “ふたりきり”   それは、この世でもっとも切なく、もっとも尊い宝物。表題作「式の前日」ほか、5編を収録した、珠玉の“泣ける”読切り短編集。叙情と憧憬を鮮やかに紡ぐ俊英、ここにデビュー!!
 
 穂積先生のデビュー単行本になります。既に各所で話題になっているのでご存知の方も多いかもしれません。今年単行本デビューの新人漫画家さんの中では指折りの方だと思いますので、レビューに先立ってとりあえず名前を売っておこうかな、と。とりあえず何がすごいかというと、その完成度と作りこみ。表題作をはじめとした短編集が5編収録されているのですが、どれも面白い。どのお話もよく練られた手のこんだお話で、新人さんのデビュー単行本と構えながら読み始めると、ちょっとびっくりするかもしれないです。てか9/29現在、Amazonの価格が高騰しまくって1390円とかになってるんですが…
 
 それでは収録作を少しずつ紹介していきましょう。結婚式を前日に控えた二人の男女の一日の様子が描かれた「式の前日」。今は離れているお父さんと、7歳の女の子が一緒に家で休日を過ごす「あずさ2号で再会」。定年も見えつつある年齢の二人の双子が、高校時代に好きだった女の子の葬儀の帰り、居酒屋で会話に花を咲かせる「モノクロ兄弟」。妹の結婚式のため、好きでもなかった田舎に帰ってきた兄の姿を描く「夢見るかかし」。そして売れない漫画家と、その家に突然転がり込んできた親戚の女の子を描いた「10月の箱庭」。


式の前日1
大きな動きはなく、淡々と会話を重ねて物語を形作って行く。静かに、けれどしっかりと心に沁みます。


 こうしてあらすじを振り返ってみると、至極普通な設定であることがわかります。しかしこれには裏が。というのも、どの話も冒頭から伏線が貼られていて、最後にドンと種明かしをするような展開。そのため少しでも踏み込んであらすじを書いてしまうと、致命的なネタバラしになってしまう可能性があるのですよ。帯や裏表紙って大抵少しばかりあらすじが書いてあるものなのですが、それが一切なしというのも、そういう理由があるからかと思います。そしてあらすじを少しも書かなくても、手に取らせてしまうだけの力を持つ、表紙と帯なんですよ、またこれが。


式の前日
 個人的なお気に入りは表題作の「式の前日」。デビュー作であり投稿作でもある本作、最後に気持ち良く、そして切なく“してやられる”感覚がたまらなかったです。本当は色々と語りたいのですが、この驚きを味わってもらうには、とりあえずまっさらな状態で読んでもらうのが良さそうなんですよね。ああ、じれったい。
 

 なんだか褒めてばかりなのですが、ちょっと気になるところも。本作に収録されている短編集は基本的に全て物語を構成しているものは一緒。物語の中心には必ず大きな“別れ”があり、それを持ってくるのは必ず最後。そして前段は全てその“別れ”を生かすためだけに積み重ねる…そんな構成。そもそも新人さんでこんな構成をしちゃうってのが驚きではあるのですが、軒並み似たような文法で展開されるため、引き出しの多さは正直疑問符が付くところです。どこか型にはまっているというか、既に完成されすぎているというか。とはいえ単行本化を見据えて、意図的にやっているのだとしたらそれはもう…。無意識か、意図的なのか、それによって穂積先生という漫画家さんへの期待値は大きく変わってきます。とはいえ本作のみに絞れば、そんなことは別に関係ないわけで。とにもかくにも、この単行本はすごいですよ、と。もちろん、オススメです。


【男性へのガイド】
→絵柄は少女マンガというよりは、BL〜一般寄りの印象。お話はちょっとクサいところはありますが、だからといって男性は…ということには全くならず、読みやすい作品ではないかと思います。
【感想まとめ】
→これは抑えておいた方が良い漫画家さんだと思います。デビュー単行本としては出色の一冊で、恐らく今年の年末のムック本で話題になるはず。


作品DATA
■著者:穂積
■出版社:小学館
■レーベル:フラワーコミックス
■掲載誌:flowers
■全1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon
カテゴリ「flowers」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。