このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2010.10.22
1102969002.jpg藤田麻貴「バロック騎士団」(1)


アンタはこれからアタシに
尽くして尽くして尽くしまくる義務があるわ



■各界のエリートを養成するという名門・斎華王学園。初等部からの持ち上がりが殆どで、中等部・高等部での編入は珍しいこの学園に、暴言女王と呼ばれる都は入学してくる。親の会社はこんな学園には似合わないような規模で、入学案内が送られてきた理由は全く不明。全寮制で、外出はおろか退学もできないというこの学園で、都はこの学園の謎に迫る。入学初日に一方的に成敗した男子・上総を従えて、都が行きつく先は…。いびつな真珠達のファンタジック学園ストーリー、開幕!!

 「楽園のトリル」(→レビュー)の藤田麻貴先生の新作のヒロインは、今までにないくらいに暴君な美女でした。突然届いた入学案内によって、導かれるように名門・斎華王学園に編入することになった、都。真っ直ぐ過ぎる性格で、自分の意思はどこまででも通す。口も早いが手を出すのも早い。そんな彼女は、編入早々にこの学園の不可解さに気がつきます。全寮制で外出はおろか退学も禁止。上には「特別寮」という特定の生徒のみが入寮できる施設とクラスがあり、そこに入ると外出できるらしい。それより何より、自分がこの学園に入学することになった経緯がわからない。そんな謎だらけの学園で、編入初日に成敗した、同じ編入組の男子・上総を従え、彼女はこの学園の謎に迫っていくことになります。そして同時に、彼女の体にも思わぬ変化が訪れ…というお話。


バロック騎士団
「駄犬!」は口癖。暴君っぷりを象徴する言い回しです。そんな彼女に、文句を言いつつもなんだかんだで付き合ってやる上総くん、あんたいい男やで。。。


 暴君ヒロインに、何かと面倒を見させられる料理上手の長身男…という組み合わせから、「とらドラ!」を彷彿とさせるのですが、こちらはあちらのように青春ラブコメを送るなんてことはなく、あくまでシリアスにランブルスクールデイズを送っていきます。特別な学園で、ヒロインが巻き込まれつつもなんやかんや…というのは「楽園のトリル」でも同じ。設定は違えど、藤田先生お得意のパターンとも言えるわけで、物語は特殊な設定を持ち込みつつもかなり安定している印象を与えてきます。結構謎が多い(というかそれが売りの一つなのですが)のに、そこが良い意味で気にならないというか。少々ファンタジックな要素を折り込みつつも、完全なファンタジー作品の領域には足を踏み入れないと思われ、親しみやすさもプラスされているのかな、という感じがします。
 
 メインは当然のことながら、学園の謎に迫るということなのですが、1巻時点でむしろ目を引いたのは、ヒロイン・都と上総のかけ合い。物語の中で唯一と言っていいほど、笑いを生み出すポイントとなっているのですが、基本は暴君・都が一方的に上総を困らせるというだけのワンパターン。けれども変化の激しい物語の移り変わりの中で、変わることなくくり返されるそのかけあいが、良きガス抜きとしての役割を果たしており、個人的にお気に入りとなりました。しかしながら、もったいないと思うのが、都の性格描写。「とらドラ!」の大河とは、基本的に外面的な対人行動は全く同じであるのですが、なまじ主人公である分、その異質っぷりを多少なりとも自分側の視点に置かねばならず、ややとっつきにくい感じに。主人公であるから思考が当然流れ込んでくるのですが、どうしてそのような結論に至るのか、変わりすぎていて理解しきれない部分が多々あるという状況になっています。これがもし、主人公でなく視点の交わりがないキャラクターであれば、単に「変な子」で済んだのかもしれないと思うと、もったいないなぁ、と。せめてどうしてこのような性格になったのか、軽くヒントでも与えておけばいいのにとか思ってしまいました。なんてゆくゆくは明らかになってきたりするのかもしれませんが。


【男性へのガイド】
→ヒロインのノリに、男の子の献身っぷり。「とらドラ!」をどことなく彷彿とさせますが、あくまで少女漫画仕様。設定から受け取る印象ほど読みやすくはないかと。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→ヒロインのあの性格は、なかなかとっつきづらい。それが話を動かす原動力になるのですが、もう少しフォローしてあげてもよさそうな。物語自体はよく動いて楽しいです。


■作者他作品レビュー


作品DATA
■著者:藤田麻貴
■出版社:秋田書店
■レーベル:プリンセスコミックス
■掲載誌:プリンセス(連載中)
■既刊1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「プリンセス」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.09.26
作品紹介はこちら→水城せとな「黒薔薇アリス」
3巻レビュー→アリスの見た景色と、水城先生の描く愛されキャラの話《続刊レビュー》「黒薔薇アリス」3巻



1102957771.jpg水城せとな「黒薔薇アリス」(4)


恋をして
本当に好きになった人を選べばいいと思うよ
きっと後悔しないよ



■4巻発売しました。
 レオの寿命は尽き、繁殖を巡る状況も、変化の時期を迎えていた。そんな中、アリスは大正時代の古い日記帳を発見する。そこに綴られていたのは、お屋敷の娘・彰子という少女による、ディミトリ達が日本に来てからの日々。彼らがどうしてここに住んでいるのか、そしてディミトリへの、彰子の想い…。それを読んだアリスは、ディミトリを今までとは異なる感覚で見つめるように。そんな中、レオの種を宿した鳴沢瞳子が、ディミトリ達の前に現れ…
 
 
~4巻発売です~
 4巻発売いたしました。4巻の殆どは、アリスが発掘した、彰子の日記に関する話がメインで描かれます。いつごろディミトリ達が日本に来たのか、どうしてお屋敷に住んでいるのか、そして日記を描く彰子とは何者なのか、そして明かされる、彼女の想いとは。日記ということで、終始彰子視点で、そして時折アリスの想いを挟みつつ、物語は進行していきました。物語を進めていく以上、この日記にくだりは外せないのだとは思いますが、どこかゆったりとした印象で、一休みという感覚が強かったです。この日記を読んだことで、アリスのディミトリに対する思いは一層複雑に。2人を隔てるものは、より大きくなっていきました。そんな中、レオの種を宿した鳴沢瞳子さんが登場。彼女の登場が、アリスの心を大きく動かしていきます。
 
 
~瞳子さんが残したもの~
 瞳子さんは、様々な方面で、アリスの心に変化を与えました。まずは、養分をもらうという過程からの、嫉妬心。それは、彰子の日記から感じた気持ちを、より具体的にしたような感情。しかし彼女の本当の働きは、その後でした。一緒にアリスたちと生活するようになると、良き相談相手に。そんな中、彼女がアリスに放つ一言が、物語の流れを大きく変えていきます。
 
 
恋をして
本当に好きになった人を選べばいいと思うよ
きっと後悔しないよ


 「本当に好きになった人」…それを探していくと、すでにアリス、いや梓には本当に好きになった相手がすでにいました。それが、教え子の光哉。そして、その言葉に導かれるかのように、ラストでは光哉が登場。これは物語が面白くなってきましたよ。
 
 ちなみに「本当に好きになった相手」という意味では、ディミトリもまた、アニエスカ以外にその相手はありえません。自分はすでにヴァンパイアとなり、またアリスも外見はアニエスカではあるものの、決してアニエスカではない。マクシミリアンも、レオも、再三にわたってディミトリに「繁殖をしてください」と告げているのは、心のどこかで繁殖をしないままその生涯を終わらせてしまうのではないかという危機感があったからなのかも。マクシミリアンも、レオも、本当に好きになった相手とではなく、繁殖という目的のために、相手を選びました。アリスもディミトリも、同じように彼らと同じ道を歩くことができるのか、それとも違う道を選ぶのか、目が離せんですね。


■購入する→Amazon

カテゴリ「プリンセス」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2010.09.23
1102949771_20100923214634.jpg坂口よしを「地獄ヤ変」(1)


あたしは
戒も天星さんも信じる



■明治黎明期、東京。仕えていた主人を亡くした少女・お玉。主人を亡くした悲しみから、未だ立ち直れずにいるところに、ある日“地獄”と呼ばれる男・鉄戒が現れる。彼がお玉に見せた紙には、「鉄にお玉を引き取ってもらう」と書かれており、その日から彼と一緒に暮らすことに。さらに戒を追って、赤月天星という男も現れ、お玉の生活は一気に変化していく。どうやら戒は、天星に狙われているようだが…!?

 不老不死をもたらす存在・“水”を巡る、禁忌のダーク・ファンタジーでございます。物語の主人公は、仕えていた主を亡くした少女・お玉。これ表紙に載ってないので、わかりにくいですよね。彼女は裏表紙にいます。さて、そんな彼女の前に、突然現れたのは、2人の男。まずは、彼女のことを引き取りに来た、鉄戒という男。現れ引き取るなり、「何があっても必ず側にいて、お前も守ると約束した」などと言ったり、よくわからないながらも大切にしてくれることを窺わせてくれます。そしてもう一人は、戒を追って来た、爽やかながらどこか胡散臭い青年・赤月天星。彼の狙いは、戒なのですが、その先にいる、お玉にも興味があるようで。というのも、お玉にはとある秘密があり、それを巡ってこの2人の男が動いているのでした…というストーリー。


地獄ヤ変
不老不死・自分は妖怪であるということを聞かされ、戸惑うお玉。今の自分を受け入れてくれる戒と、天星と共に、少しずつ自分の存在というものを受け入れていくようになる。


 いきなり2人の男に狙われる(欲される)という、急展開なのですが、物語の進行と共に、全貌がわかりはじめてきます。まずお玉は、飼い猫と融合して妖怪になってしまい、そのせいで歳をとらなくなってしまいました。また同時に、彼女が生きていく以上、誰かの生気を吸い続けないといけません。その力の源となっているのは、不老不死をもたらず“水”というものなのですが、赤星天星はその水を欲しがっています。また戒は同じく、“地獄”という存在との契約者で、不老不死の身。彼がなぜ天星から狙われているのか、またお玉をそこまで庇うのかは明らかになっていませんが、彼の不老不死である体は、生気を吸い取りつづけるお玉にとって、助け舟的存在になります。物語は、やがて彼2人の他にも“水”を狙いにくる輩との対立を描いていったり、妖怪という面から、アクションファンタジーの様相を呈していったりと、なかなか見応えのある展開をなっていきます。
 
 ヒロイン自身は完全に巻き込まれ。特に何をしたいという意思があるわけではないのですが、水の持ち主であるということ、また生気を吸い取らないと生きていけないということから、戒と離れることができないという状況を作り出しています。またそんな戒は、天星に狙われており、水の持ち主であることから唯一天星に要求をすることができる自分が、戒の側にいてやらないといけないという意思も発生。狙い狙われあっている3人が、一緒に生活するという、なかなか奇妙な状況に。これが結果として、物語に動きを与えるわけで、上手いなぁと思わされます。展開早めのファンタジーがお好きという方は、結構好きかもしれないですね。
 

【男性へのガイド】
→ヒロインのかわいらしさは一縷の望みか。物語的にも、ちょっと前の妖怪ファンタジーっぽくて、物語の全体像を意識しなければ楽しめるのかもしれません。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→全体像が見えないため、スッキリしない感が。ただそれが良いという考え方もあるわけで、難しいところ。とりあえずお玉かわいいです。


作品DATA
■著者:坂口よしを
■出版社:秋田書店
■レーベル:プリンセスコミックス
■掲載誌:プリンセスGOLD(連載中)
■既刊1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「プリンセスGOLD」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.08.31
作品紹介→もとなおこ「コルセットに翼」
5巻レビュー→このお話は、一体なんていうジャンルに属するのだろうね《続刊レビュー》「コルセットに翼」5巻
6巻レビュー→ハッキリとした将来像と、見えてこない鍵の謎:もとなおこ「コルセットに翼」6巻
関連作品紹介→もとなおこ「ドリーナ姫童話」



1102949767.jpgもとなおこ「コルセットに翼」(7)


学校の存続が最優先
私の望みは…
変わらないわ



■7巻発売です。
 ジェシカから託された、デスデモーナの破滅への計画は順調に進み、学園の改革が次々と成功していく。そんな中、クリスは自分は将来医師の道を進もうと決意する。改革のさなか、ジェシカの婚約相手でクリスの心の支えでもあったミスター・バードに再会したクリスは、母の肩身である鍵を彼に見せると、同じ鍵を持つバードは困惑…。一度動き出した変化の波は止まることなく、やがてクリスはじめ学園をも飲み込んでいくことに…
 

~大きく動き出す~
 6巻までもそれなりに動きがありましたが、ここまでたくさんの転換点が集中した巻はありませんでした。とにかく様々な人が、それぞれの意思で動き出しています。その筆頭となったのは、八百屋の息子で、クリスのボーイフレンド的存在の、リアム。祖父が亡くなったことで、ロンドンへ発つことを決意。クリスにお別れをします。そしてそれに続いたのがメイドのアニー。リアムを追って、そして同時に看護士の道を進むために、ロンドンへ発つことを決めます。一度に大切な人二人と離れることになったクリスですが、決して悲しむことはありませんでした。これはあくまで、一時の別れ。いつか一回り大きくなって、必ず再会できることを確信していました。そんな別れの中で、最もカッコ良かったのは、他でもないリアムでしょう。アニー相手に、14歳とは思えないほど大人らしく気丈に振る舞ったクリスでも、この前にはポカンでした…
 
 
コルセットに翼
お前にプロポーズできる男になるまでの時間


 お互いにまだ十代の半ば。年齢設定的には、「耳をすませば」の二人と同じくらいです。そして同じくプロポーズとも取られかねない発言をするわけですが、この決まりようといったら。。。再び会うのは10年後。彼らにとってみたら、驚くほど先のことですが、リアムはしっかりと先を見つめ、自信溢れた表情でクリスに伝えました。人生経験の差か、境遇の差か、とにかくカッコ良いの一言でしたよ。私は一生こんなこといえる人間になれそうにありません。。。


~アニーについて~
 さて、そんな中気になるのが、アニーの想い。クリスに比べ、より「恋」という感覚が出ているのは、彼女の方でした。この旅立ちに際して、彼女にも彼女のなりの優しさみたいなものを見せており、本当に情の厚い子なのだなぁ、と。クリスの将来の夢は医者になることですが、アニーの夢は看護士。好きな男の子を追って学園を離れるという勝手を働くことに後ろめたさがあるのか、もしくはクリスへの恩返しなのか、ゆくゆくはまた近くで奉仕できるような職業を選んでいます。こういったところに彼女たちの絆が感じられ、実に素敵なシーンとなっていました。


~大きな転換点となるか~
 一カ所変化すると、それが悪玉を取り除くことであったとしても、全体のバランスが崩れ、一気に変化の波が訪れてくるのですが、デスデモーナ陥落もまた同じような道を辿ることになりました。デスデモーナのみならず、学園閉鎖の危機。拠り所がなくなり、結果みんなが旅立っていくというパターンとしては、例えば「キャットストリート」(→レビュー)などがありますが、こちらはまた別の道を進みそう。その救世主となるのが、ミスター・バードなのですが、彼とクリスはどういう道を歩んでいくのか…。先の告白を見せられたものとしては、やっぱりリアムとくっついて欲しいのですが、クリスは医師の道を進みバードの脚を治す、そしてバードはクリスへ道を用意する、というギブアンドテイクの関係がキレイに作られるのはこちらなわけで、予想しづらいものがございますですよ。え、セドリック?いや、さすがに彼はないでしょう…って、彼何やってるんでしょうね。次の巻あたりに登場して欲しいところですが。


■購入する→
カテゴリ「プリンセス」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] [読み切り/短編] 2010.08.25
1102949768.jpgもとなおこ「ドリーナ姫童話~クイーン・ヴィクトリア冒険譚」


それともあなたたちは
このパイよりも
子供の命の方が軽い国に
住みたいのですか!?



■歴史に名高いヴィクトリア女王が、まだドリーナ姫と呼ばれていた頃。王室の実権を握っていたコンロイは、徐々に王室の人間を腹心たちで固め、その地位を益々盤石のものにしようとしていた。そんなコンロイを見て、危機感を募らせるドリーナ姫は、どうにか抵抗しようと試みるも、力で押さえつけられてしまう。そんな彼女の姿を見た天使たちは、彼女の手助けをしようと、とある試みをするのだが・・・ 

 「コルセットに翼」(→レビュー)のもとなおこ先生の短編集でございます。短編集といっても、長編読切り2篇と、すごく前の読切りが一つ収録されているだけで、ひとつ一つのお話はとってもボリューミーでございます。それではメインとなる、ふたつの物語をご紹介いたしましょう。表題作は、「コルセットに翼」と同じ、19世紀のイギリスが舞台。幼い頃から天使の姿を見ることが出来た、姫・ヴィクトリアは、日に日にその発言力を強めていく秘書・コンロイに危機感を覚え、なんとか状況を打破しようと考えます。そんな彼女の姿を見て、天使たちはどうにか手助けしようとするのですが、そこから事態は思わぬ方向に…というストーリー。もう一つ、「執事と奥様」は、植物研究をしている教授と結婚することになった、元タイピストの女性が主人公。結婚して、教授と共に暮らそうと、彼の屋敷に行ってびっくり、そこにはかつて恋した執事の男の子がいたのでした…というストーリー。どちらもイギリスを舞台に、ファンタジックな要素を交えつつの、大人のためのおとぎ話を展開していきます。


もとなおこ「ドリーナ姫童話」
天使のひとりは、人間の姿で彼女の前に現れる。それが全ての始まりだった。


 ドリーナ姫童話は、実在する人物たちがモデルになっており、ストーリー展開も歴史に照らし合わせられながら進んでいきます。ヒロインのドリーナは、イギリスの女王となったヴィクトリア、その配偶者となる、エドワードも登場。物語は、彼女が女王になる前に、イギリスの現状を知り、より相応しい人物になっていくという成長・変化の過程を描いていきます。面白いのは、しっかりとファンタジーの要素を物語に落とし込んでいること。天使が見えるという設定がまずあり、また天使が手助けのために人間に入り込み、彼女を助けるという状況が登場します。いきなり天使とか言われると、きっと慣れていない人であれば面食らうと思うのですが、最後の最後、すごくキレイな形でまとめてくれるので、全部帳消し。これは素敵。面白いとか、楽しいとか、その物語を形容する言葉というのはたくさんありますが、この物語に関して言えば、素敵一択。少女漫画式のファンタジーおとぎ話のお手本のような物語構成となっているのです。作品の雰囲気から何から、古くさく感じられる部分が多々あると思うのですが、それでもこれを古き良きとして捉えてくれる人もたくさんいるはず。今でこそこういったパターンの作品はあまり見なくなりましたが、出来が良ければしっかりと楽しめるのだな、と感じられた一作でした。
 
 また同時収録の「執事と奥様」も、物語の舞台の時代感と、古き良き少女漫画の雰囲気が出た面白い作品となっております。特に何も考えずとも、楽しむことができるのですが、ちょっと個人的にひっかかりのある部分があり、もしそこが狙われて作り込まれているのだとしたら、すごいなぁ、と。最後教授が天に召されるのは、ヒロインがシークレットガーデンを開けた時になるのですが、そこで咲いていたフェアリー・プランツは、仏がモチーフとなっている植物がモデル。フェアリーなのだからフェアリーなのかもしれませんが、天に召されるタイミングで仏モチーフって、何かありそうで。勘違いですか、そうですか。
 
 またドリーナ姫童話では、コルセットに翼のネタが登場。ファンには嬉しい仕掛けが施されていました。また同時収録されている「宇宙色ティータイム」は、なんと85年の作品。私の生まれる前ですよ、前。ここまでいくと、古くささというよりも、歴史を見ているような感覚で、逆に抵抗感なくすんなりと読むことができました。目にー☆みたいな表現が、バリバリ使われていた頃。すごいです。少女漫画家さんの絵柄は変わるものですが、ホントに全然違いますね。


【男性へのガイド】
→女性のための、古き良きおとぎ話という印象。男性が読んでも良いですが、やはり女性が読んでこそというイメージを受けました。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→導入からとっつきにくいと思っていたら、最後にあまりにキレイに、しかもド直球でまとめてきたので、感動。これは素敵な作品だと思いました。


作品DATA
■著者:もとなおこ
■出版社:秋田書店
■レーベル:プリンセスコミックス
■掲載誌:プリンセス,プリンセスGOLD
■全1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「プリンセス」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。