このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [BL] 2009.12.27
naichaisouyo.jpgタカハシマコ「泣いちゃいそうよ。」


でもときどき
泣きたくなるのは何故だろう



■『ボクを拾ってください』
 10年前、公園で拾った男の子・岳。不安そうで、とっても頼りなかった彼は、今ではドキドキするほどカッコよく成長した。ずっと兄弟として過ごしてきたオレたちだったけど、最近、岳を見てると何だかとっても泣きたくなってきてしまう。この気持ちは一体なに!?「だって兄弟だし」「兄弟じゃない」そう友達に言われた葵は…!?
 
 ショタショタですよ、ショタショタ。というわけで、タカハシマコ先生のBL作品でございます。これずっと持ってたんですけど、全然読んでなかったんですよね。この度BL作品のレビューも一部開始したということで、年末の本棚の整理も兼ねてご紹介致します。初版発行は2002年11月…ということは7年前の作品。収録されているのはさらに前に掲載された作品で、大体2000年前後と、ほぼ10年前の作品群になります。けれども全然古く感じない。タカハシ先生比較でいけば、多少なりとも変化はしているのですが、少女漫画家さんとかで10年とかスパン開くと、もう別人のような絵になってることなんてざらなんですよね。それがないってことは、やっぱりこの先生は独特の絵の魅力を持っていらっしゃるのだな、と。


泣いちゃいそうよ
この耳当てといい、なんじゃこれ。かわいらしさを前面に打ち出す。


 読切り7編が収録。どれもショタショタな男の子が登場する、かわいさたっぷりのお話たちです。エロに関しては、書き下ろしでひとつセックスを匂わせるシーンがあるくらいで、他はせいぜいキス止まりと、比較的プラトニック。いやこれであられもない方向に流れてたら、ちょっとビビっちゃうのですけど。どれも前提として、「男の子が好きでもさほど抵抗がない」みたいなものが感じられて、「男相手なんて、絶対にありえない!!!!」的な必死さは全然出てきません。それがBLのパラダイム転換のミソでもあるわけで、この辺は実に上手いなぁと。加えてショタっぽさが、恋愛対象としての「好き」と、セックスを意識しない段階での「好き」の両方を感じさせ、よりスムーズな流れを作り出しているようにも映りました。そのぶんカワイさ先行で、恋愛からくる感動や切なさは削がれているのですが、そこまでそちらには期待していないでしょうし、これで十分なのかな、と。

 男としては、どうなんでしょう。読めなくはないけれど、別にこの作品をこぞって読む必要性は感じないというか。可愛いので、先生のファンの方はそれなりに満足なのでしょうが、そうでなければスルーしても構わないかな、という印象でした。というかAmazonでももうマーケットプレイスにしか置いてないし、手に入れるのが結構大変なんですかね?このレビューの意味は…!?


【男性へのガイド】
→タカハシ先生のファンの方は、作品をカバーするという意味で買いかも。あからさまな表現はないぶん、温かみのある話が多く読みやすいですが。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→お話だけみるならば、温かいけどひっかかりがあまりなかったという感じ。かわいいってだけで個人的には勝ちでもあるのですが。


■作者他作品レビュー
*新作レビュー*桜庭一樹/タカハシマコ「青年のための読書クラブ」
*新作レビュー*タカハシマコ「デビルくんとエンジェルちゃん」
*新作レビュー*タカハシマコ「乙女座・スピカ・真珠星」


作品DATA
■著者:タカハシマコ
■出版社:芳文社
■レーベル:花音コミックス
■掲載誌:花音(2000年5月号,2002年4月号),花音SPICE(1998年vol1,1999年vol4),スパイス(2000年vol.1),Bis(1998年②),MAXシリーズ(2002年vol.16)
■全1巻
■価格:562円+税

■購入する→Amazonbk1

スポンサーサイト
カテゴリ「花音」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [BL] 2009.11.23
07226500.jpg山中ヒコ「王子と小鳥」


低いささやきの外国語が
子守唄みたいだった



■借金を作り返済できなくなった貧乏美大生・鈴木圭一。怖い人達に捕まったと思ったら、舟に揺られ、気がつけば砂漠の国の奴隷オークション会場に。強欲な第一王子の手に落ちようとしたその時、代わって彼を買い受けたのは、その弟であるハリードであった。ハリードの奴隷として日々を過ごすことになった鈴木は、幾度も逃亡を企てるがなかなか上手くいかない。そしてそんな鈴木を見ても、まったく咎めようとせず、優しく真摯な対応をするハリード王子に、、彼は少しずつ心を溶かしていき…

 初めてBLタグというものを使用してみました。はい、というわけでBL作品のご紹介でございます。BL関連銘柄といえば、以前びっけ先生の「真空融接」(→レビュー)をご紹介しましたが、あちらはBL風味だったのに対し、こちらはしっかりとしたBL作品になっています。ちなみに私は腐男子ではございませんので、「こういう作品は基本読まない人」目線でのレビューになりますので、予めご了承くださいませませ。

 さてこちら、以前ご紹介した「森文大学男子寮物語」(→レビュー)を描いた、山中ヒコ先生の作品になります。ストーリーは、借金のカタに砂漠の国に奴隷として売り飛ばされてしまった青年・鈴木圭一が、向こうの王子様に買われ、寵愛されるというもの。奴隷ではあるものの、扱いは普通の付き人のような感じ。しかし言葉も通じない中、微妙な距離を保ち続けるハリードと共に過ごすのはやはり苦痛で、彼は何度も逃げ出そうとします。そんな圭一を愛してしまったのが、第2王子のハリード。傍若無人な兄の下、抑圧された育った彼は、非常に大人しく誠実な性格。奴隷である圭一に対しても、どうアプローチして良いのかわからず、ただただ優しく一定の距離を保って接していきます。


王子と小鳥
奴隷として行動が制限されているというのは、逆に言えば自分で考えなくていいので楽でもあるのです。この作品のひとつの核となっているのは、王子・ハリードの、自らの身の振る舞いへの苦悩。


 圭一はストレートですが、ハリードは恐らく元々そっちの気あり。しかし言葉が通じない、お互いに草食系ということで、その歩み寄りは優しさに満ちています。いわゆる雰囲気漫画といわれる系統の作品で、そのことは「森文大学~」からも感じることはできましたが、こちらそれにも増して雰囲気系。とにかく説明がなく、シーンが飛びがち。それがいい意味で場所&時代的なリアリティを抑え、雰囲気の良さを際立たせることに繋がっているのですが、素人としてはもう少し説明しても良かったんじゃないかなぁ、と。あと少しモノローグを加えるだけで、それだけでだいぶわかりやすくなるはず。BL作品をよく読んでいらっしゃるような方であれば、ある程度の補完が可能なのでしょう。というか、そういう人達こそが楽しむべき作品とも言えなくもないのかも。
 
 また絡みシーンはラストに少し出てくるだけで、実に自然に読み進めることができました。どうにもキレイな印象のある2人だから大丈夫だったのかもしれないですが、流れ的にも納得できるはず。しかし男同士の絡みをよく知らない私は、一部「これ何やってるの?」というコマがあるというまさかの状況。そういう意味でも、まだまだ読み込み不足だなぁということを痛感させられました。
 
 今回はTwitterにてお薦めしていただいたことがきっかけでレビューをしたのですが、もし何か読ませたいBL作品などございましたら、コメントやメールなどで気軽にお申し付けくださいませ。そんな要望絶対ないと思いますが(笑)ちなみにセックスシーンががっつり出てくるような作品はたぶん無理です。そうでないのなら大丈夫なはず。


【男性へのガイド】
→あくまでBL基準ですが、読みやすさは保証。ただ楽しめるのは読んでる人だと思うので、難しいところでございます。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→雰囲気の良さは折り紙付き。お薦めにならないのは、単に私のBL消費量の問題って気が。


作品DATA
■著者:山中ヒコ
■出版社:芳文社
■レーベル:花音コミックス
■掲載誌:CitaCita(2008年12月号~2009年8月号)
■全1巻
■価格:619円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「花音」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [4コマ] [BL] 2009.05.01
07220727.jpgタカハシマコ「デビルくんとエンジェルちゃん」


「BL誌掲載のラブ&バイオレンスストーリーです♡」
   …日常ほのぼのBL4コマのまちがいだ…」



■かぼちゃパンツのちっちゃな悪魔・デビルくん(攻)と、ブラックな天使・エンジェルちゃん(受)は、人間界で仲良く同棲中。ペースはいつも、エンジェルちゃん。そしてそれに振り回されるデビルくん。時にはピクニックに、時には温泉旅行に、さらには謎の猫を拾ってきたり、毎日…いや毎月(月刊誌掲載なんだ♡)イベントたっぷりでお送りする、4コマBL天国!!

 説明からもお分かりの通り、BL作品(花音掲載作品)でございます。じゃあなぜ買ったかなんですが、タカハシマコさんだったから。このブログでは以前、桜庭一樹原作の「青年のための読書クラブ」(→レビュー)をご紹介しましたが、タカハシさんの百合作品ってホント素敵なんですよ。で今回はBL。BL作品自体は以前にも描いておられるのですが、今作は天使と悪魔というかなりファンシーな設定、しかも4コマと、気になる要素満載だったので購入致しました。このキャラクターならそこまでエグいネタ使ってこないだろうし、設定的にも「聖☆おにいさん」的なネタが展開されるのでは!?だったら普通に紹介できるんじゃね?なんて思惑もあったり。


デビルくんとエンジェルちゃん
見ためにあった可愛いらしいネタ?なにそれ?


 さて内容なのですが、この絵柄でもしっかり描いてきます、BLネタ。BLってどうしてこう「下ネタ」で規定できないラインのネタで攻めてくるんでしょうね。実際こんなこと絶対言ったりやったりしないのに…なんて思うものの、いやBL自体がファンタジーなんだからコレが正しい姿なのかと、頭の中はグルグル…。
 
 かなりイベントの巡りが早い上に、BLネタの比率が異様に高いな、と思ったら、これ読者コーナーでひと月に一本だけ掲載というスタイルだったんですね。故に作品内で8回も一年が巡ります。そりゃあBLネタが多くなるのも納得。読者コーナーに加え、月ごと1本なのですから、作品全体としての構成なんて考えられないですよね。
 
 タカハシマコ作品というスタンスで読むと若干面食らうかもしれません。作者さんとしては、「こんなのも描けるよ」という感じなのでしょうが。また基本的には単発ネタの寄せ集めとなっているので、物語として見てもその構成は微妙、最後はこっちでまとめてくるのか…と。ショタ好き腐女子のための明るい4コマ作品という感じがしますね。オトコでも…なんて考えた自分の認識が甘かったです。


【オトコ向け度:☆    】
→腐女子のための作品です。腐男子ならいけるんじゃないですか?
【私的お薦め度:☆☆   】
→BL云々ではなく、構成上この出来は仕方ないな、と。キャラ萌えされた方ならOKでしょうが、そうでないと色々厳しいんじゃないでしょうか。


作品DATA
■著者:タカハシマコ
■出版社:芳文社
■レーベル:花音COMICS
■掲載誌:花音(2001年12月号~2009年4月号)+書き下ろし
■全1巻
■価格:762円+税

カテゴリ「花音」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。