このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] 2009.01.13
ホタルノヒカリひうらさとる「ホタルノヒカリ」


うう…
干物がいきなり大海に放り出されても
どうやって泳いでいいかわからない…



■本日13巻発売。
 「恋愛するより家で寝てたい」という考えのヒロイン・蛍。ひょんなことから職場の部長・高野と同居生活を送ることになるが、自堕落な私生活を送る蛍は、きっちりとした性格の高野に叱られてばかり。そんな私生活は枯れきった蛍だが、職場では普通のOLに化け、憧れの男の子もいる。そんなある日、その憧れの男の子・マコトに不意にキスをされ、なんと付き合うことになる。突如として恋愛という大海に放り込まれた蛍は、果たしてどうなってしまうのか?
 
 綾瀬はるかさん主演でドラマ化され、一躍有名になった同作、原作の方はまだまだ続きます。いわゆる干物女が、なれない恋愛にてんやわんやするお話。生活での裏表という話では、「スイッチガール!」なんて作品もあるわけですが、男性は圧倒的に「ホタルノヒカリ」の方が好きなんじゃないでしょうか。普段は自堕落な生活を送り、恋愛のほうではなかなかスキルが上がらない蛍に、どうしても共感してしまいます。女性は多少「干物」な要素があった方が素敵ですよね、あくまで多少ですが。
 

【オトコ向け度:☆☆☆  】
→「干物」って要素もそうですが、恋愛に関する格言的なものがチラホラ。これがなかなか心に響きます。参考になるかは知らんけど。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→10巻越え、ドラマ化は、面白さのあらわれです。


作品DATA
■著者:ひうらさとる 作者サイト→「ひうらさとる公式サイト
■出版社:講談社
■レーベル:KC Kiss
■掲載誌:Kiss(04年No.16~連載中)  
■既刊13巻
■定価:1巻~10巻:390円+税,11巻~12巻:400円+税,13巻:419円+税

Amazonで購入する

スポンサーサイト
カテゴリ「Kiss」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] 2009.01.13
モモ缶しらかわきくの「モモ缶」



くそ…
やっぱ
かわいいぜ♡



■気がつけば5巻…いや、5缶目発売。
 単身赴任に向かう旦那が置いていったのは、ちっちゃな子犬・モモ。旦那には内緒にしていたのだが、妻のサトコは小学生の時に噛まれて以来、犬が大の苦手。それでも旦那が置いていった以上、自分が育てるしかない!最初は怖がっていたサトコだが、ヤンチャでかわいいモモと触れ合っていくうちに、だんだんと苦手意識はなくなっていった。それどころか、気づけばサトコはモモに夢中に。子犬の魅力がギューッと詰まった「モモ缶」を、アナタのもとにお届けします!
 
 子犬ってほんとかわいいですよね。私も実家に犬がいるのですが、そいつも子犬のときはこんな感じだったなぁ。子犬がメインのお話ですが、「飼い方・しつけ方」にスポットをあてたマニュアル的なお話ではありません。あくまで子犬を愛でようという内容。奔放なモモの姿に、きっと読みながら微笑んでしまうことでしょう。犬好きの方は必見です。
 

【オトコ向け度:☆☆☆☆ 】
→男女関係なく、犬好きの方にお薦めです。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→モモのかわいらしさに溺れやがれ!!と。ただ一つ言うところがあるとすれば、台詞が少ない(当然か)ので、あっという間に読み終わってしまうというところでしょうか。


作品DATA
■著者:しらかわきくの
■出版社:講談社
■レーベル:KCデラックス
■掲載誌:BE・LOVE(2003年~連載中)  
■既刊5巻
■定価:各552円+税

Amazonで購入する


カテゴリ「BE・LOVE」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] [新作レビュー] 2009.01.13
となりの怪物君ろびこ「となりの怪物くん」


どんなに考えたところで
他人の気持ちは想像しかできない
想像でしかないなら
ぶつかってみるしかない



■ヒロインの水谷雫は、テストで一番を取ることにしか興味がない女の子。ある日先生に頼まれて、入学初日に流血事件を起こして以来、学校に来ていない吉田春の所へプリントを届けに行く。噂に違わぬ怪物のような男の子だったが、なぜか雫は友達認定されてしまう。いままで友達というものがいなかった春は、「雫がいるのなら学校に行ってもいい」と言い、それ以来学校ではカルガモのごとく雫の後をついてくる始末。果ては告白までされるのだが…。冷血女子と超問題児の、新感覚ラブストーリー(?)。

 読切りの名手・ろびこ先生の、本格初連載作品です。ヒロインは人付き合いというものに興味がなく、目下の興味は自分の成績オンリー。そんな彼女が怪物くん・春に出会うわけですが、彼もまたかなり変わっている。いままで友達がいたことがなく、しかも高校が怖いという。なんでも、気づけばみんなから怖がられ、避けられているからだとか。それでも雫をきっかけに学校に行くものの、なかなか適応できない。
 また恋愛要素もあるわけですが、お互いまともな人付き合いをしたことがなく、ちょうど良い歩み寄り方がわからない。そのためなんとも奇妙な関係に。それがなんとも面白い。
 
 ヒロインが少女マンガであまり見ないタイプ(どちらかというと男性向け学園マンガとかにいそう)で、男の子もかなりキャラの立ってる珍しいタイプ。一歩間違えればとんでもない作品になりそうだけど、そこは作者のウデ、バッチリ成立している。後半から登場するサブキャラも、なかなかキャラの濃い面々ですが、絶妙なバランス感で物語を味付け。これはかなりの秀作なんじゃ?

■続刊レビュー
《気まぐれ続刊レビュー》ろびこ「となりの怪物くん」2巻


【オトコ向け度:☆☆☆☆ 】
→一応ラブストーリーなのですが、少女マンガ特有の甘さはほとんどなし。だからってクールな作品というわけではない。ヒロインも少女マンガのヒロイン的でないし。関係ないですが、髪型のせいか「ソウルイーター」のマカの面影を見てしまいます。
【私的お薦め度:☆☆☆☆☆】
→ろびこさんの連載ということで期待していましたが、その斜め上を行く内容で驚きました。文句なしにオススメです。


作品DATA
■著者:ろびこ 作者ブログ→「ろびこにっき
■出版社:講談社
■レーベル:KCデザート
■掲載誌:デザート(平成20年10月号~連載中)  
■既刊1巻
■定価:419円+税

Amazonで購入する



カテゴリ「デザート」コメント (6)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2009.01.13
青春パンダ木村文子「青春パンダ!」


いつからだろう
ホントに
ホントにときどきだけ
胸が鳴るようになったのは



■ヒロイン・渚と、幼なじみの凌。会えばケンカの毎日だけど、それでもなんだかんだで仲良くやっている。しかも最近、凌のことががなんだか気になりだして…。一方、渚の親友で学年一の秀才・優美は、凌の親友でこれまた秀才の啓に夢中。そんな4人だったが、啓が渚に告白したことから彼らの関係に大きな変化が訪れる…。

 1巻完結の、オーソドックスな4角関係の学園ものです。ヒロインには気になる幼なじみがいて、その幼なじみもヒロインのことが気になる。加えて幼なじみの親友も、ヒロインに好意を持っていて、意を決して告白。一方ヒロインの親友は、その彼に想いを寄せており、そのことをヒロインに相談。幼なじみへの淡い想い、幼なじみの親友からの思わぬ告白、そして親友との関係でヒロインは思い悩む。
 
 目新しさはないですが、新人さんのオリジナル初連載ですし、妙にひねってないところが逆に好感持てて良いですね。人気者二人から好意を寄せられるという展開は、いかにも少女マンガといった感じですが、1巻完結モノですからそうしないと話が動かないのか。あとおざなりになりがちな友情に関しても、ちゃんと描かれていて良かったです。この作品がどうこうではなく、先々化ける可能性もあるんじゃないですかね?渡辺あゆさん(キミがスキ)とか椎名軽穂さん(君に届け)もデビュー時こんな雰囲気の作品描いてなかったっけ?


【オトコ向け度:☆    】
→なにかとデキル男二人に好意をよせられる展開。少女マンガでは王道ともいえますが、男性が読むと若干置いてきぼり食らったような気分になります。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→初連載としてはまずまずの出来なんじゃないでしょうか。今後に期待です。


作品DATA
■著者:木村文子
■出版社:講談社
■レーベル:KC別フレ
■掲載誌:別冊フレンド  
■全1巻
■定価:419円+税

Amazonで購入する

カテゴリ「別冊フレンド」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2009.01.13
孤島パズル 1 (1) (BLADE COMICS)有栖川有栖/鈴木有布子「孤島パズル」


まるで
この小さな島が世界になって
宇宙を漂ってるみたいな気分になるの



■舞台となるのは南の孤島・嘉敷島。きっかけは、大学の推理小説研究会の紅一点・麻里亜の祖父が遺した、島に眠る遺産の在処が示された地図。その謎解きを兼ねたバカンスを楽しむため、主人公・有栖と研究会のメンバー・柄神は、麻里亜に連れられて島にやってきたのだ。宝探しとバカンスを満喫するつもりの一行だったが、そこで思わぬ殺人事件に巻き込まれることになる…。

 有栖川有栖さんのミステリー小説が原作。典型的なミステリーもので、隔絶された場所、一堂に会する遺産の関係者、渦巻く情念、そして密室殺人の発生とまさにおいしいところ集めてみましたという感じ。
 
 ミステリーものなので、舞台が揃いすぎてるのはまぁいいでしょう。そうしなくちゃ始まらないしね。とはいえ違和感を拭いきれない部分も少々。事件発覚直後、ひとまず全員がロビーに集まって議論するわけだけど、まず無線で連絡が先じゃあないのか?あと死人が出たらもうちょっと慌てたり泣いたりとかないのかなぁ。みんながみんな落ち着いててちょっと不気味な気がしたんだけど、ミステリーではこれが普通なのかな?私はミステリーが苦手で小説でもほとんど読まないのでよくわからないのですが。基本的にはトリックありきなんでしょうし、読み手もそこを期待して読むのだろうからまあ良いのか。
 
 全3巻で3か月連続刊行だそうです。


【オトコ向け度:☆☆☆☆ 】
→主人公は男子大学生。青年誌連載してても違和感ないと思います。
【私的お薦め度:☆    】
→私がミステリー苦手なので、どう評価して良いか困った。とはいえコミカライズされるってことは原作が一定の評価を得ているからこそなんでしょう。ミステリー好きは楽しめるのでしょうね。


作品DATA
■著者:有栖川有栖/鈴木有布子 鈴木有布子さんサイト→「ゆあん
■出版社:マッグガーデン
■レーベル:BLADE COMICS avarus
■掲載誌:コミックブレイドアヴァルス(07年11月号~連載終了?)  
■全3巻(予定)
■定価:571円+税

Amazonで購入する

カテゴリ「ComicBlade avarus」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。