このエントリーをはてなブックマークに追加
2010.07.17
■前の記事で1000記事目でした(記事番号が)。まさか1年半で1000記事行くとは思っていなかったので、驚きです。思えば遠くへ来たものだ。元々は、「僕等がいた」(→レビュー)の感想が書きたくて始めたブログだったのですが、長期休載&復帰後迷走と、未だ2記事目を書くに至っていません。新刊発売はいつでしょうか…来年とか?そんな中、「僕等がいた」に取って代わったのが、「となりの怪物くん」(→レビュー)でした。事あるごとにプッシュしていたので、もしかしたらウチきっかけで買ってくださった方も何人かいるのかな…なんて。なので、1000記事目が「となりの怪物くん」というのは、個人的には非常に格好がついて良かったな、なんて思っています。


 ブログを始めた当初、まだ私は学生で、卒論の仕上げと、迫り来るモラトリアム期間の終焉に怯えながら、毎日取り憑かれたように更新をしていたのを覚えています。3月の更新数とか、今見るとすごいですよね(笑)今だと40記事が限界で、およそ半分にまで記事が減っています。それでも頑張ってる方だと思うのですが…。
 
 
 記事の濃度自体は、当初の方がかなり薄いですね。改めて見直してみると、かなりヒドいです。今でも満足に文章を書けないでいるのですが、それと比較してもやはり。うーむ、文才ってのはどこかにころがってないのでしょうか?ちなみにこんなバカみたいに感想書いてますが、小中学校の時は読書感想文など大嫌いで、いかに段落や読点、鍵括弧を駆使して行数を稼ぐかを考えてばかりいました。
 
 
 これからも、下手の横好き的にこのブログでレビューを続けていくつもりです。気が向いた時にでも、ふと覗いていただければ。…本当は、もっと色々書こうかと思っていたのですが(はじめて知ったレビューサイト界隈のこと、アクセスのこと、しんどかったこと、嬉しかったこと、私生活の変化etc...)、あまりダラダラとつまらないことを書いても仕方がないので、このくらいで締めたいと思います。ではでは、これからもどうぞよろしくお願いします。
 
 レビューは明日から再開予定です。予約投稿が上手くいってれば…(本人は静岡のバンクフェスに行っております)。あ、現在Twitter非公開ですが、別にネガティブな理由からではございませんので…。こちらのアカウントで、間違ってリアル知人をフォローしてしまったという、凡ミスを犯してしまいまして(フォロー通知なんて機能なくせばいいのに…)。見る人もあまりいないでしょうが、しばらくしたら元に戻す予定です。 


  
カテゴリお知らせコメント (10)トラックバック(0)TOP▲
コメント

いづきさん
1000記事目のレビューおめでとうございます。
いつも楽しみにレビュー拝見させて頂いております☆彡
前にも言いましたが、いづきさんのレビューに取り憑かれる(笑)きっかけとなったのは、「ちはやふる7巻」でした。ちはやふるにはまり、色々ネット検索をしていた時に、いづきさんのレビューに巡り合ったのですが、色々な方が「ちはやふる」の意見や感想を書かれている中で、やはりいづきさんのレビューは、だんとつで秀逸でした。
それから、いづきさんのレビューを数々拝見するようになったのですが、いづきさんのレビューの素晴らしい所は、色々な視点から客観的且つ冷静に物語を見つつ、一読者として意見、感想をしっかりと述べ、作品の素晴らしさを200%伝えられている所だと思います。
今までは、巷で話題になっている作品もスルーすることが割とあったのですが、いづきさんのレビューを読むことで手にとるきっかけとなり、今まで読んでいなかったことを後悔したり、読み落としがなくて良かったと思うことが度々ありました。そんなこともあって、いづきさんのレビューは、本当にありがたい存在です。
いづきさんのレビューはどれも素晴らしいですが、個人的に特によいなと思われるレビューを挙げさせていただきますと(作品自体の善し悪し順位ではなく、個人的なレビューの好み)、
①僕らはいつも5巻
②ちはやふる7巻
③坂道のアポロン6巻 です。
1つ1つ語らせると長くなりますので、割愛させていただきますが、レビューを読んでいると本当に「これは読みたい。」と思わざるを得ないんですよね。コメント欄を読んでいると、本当に性別・年代を問わず、色々な方が、いづきさんのレビューを読まれていることがわかりますが、コメントに対するいづきさんの返しもいいなあと思います。色々なご意見、批判等も稀にありますが、真摯に大人な対応をされていると思います。
長期連載を成し遂げた恋カタの永田先生も言われてましたが、続けていくことって本当に大変なことですよね。いづきさんも忙しい中、大変かと思いますが、いづきさんのレビューこれからも追いかけていきますので、無理しないように頑張ってくださいね☆
From: candy * 2010/07/17 10:31 * URL * [Edit] *  top↑
はじめまして。「僕等がいた」で検索してこちらのblogを見つけて以来、ずっと拝見してます。参考にする事が多く、「恋したがりのブルー」は私の大ヒット(笑)となりました。
「僕等がいた」の新刊は8月26日に出るそうです。またレビューを楽しみにしてます。
From: ka * 2010/07/17 10:59 * URL * [Edit] *  top↑

1000記事おめでとうごさいます
初めてコメントさせていただきます
こちらのブログがきっかけで「となりの怪物くん」を知り購入した者の一人です(笑)
素敵なレビューをいつもありがとうごさいます
これからも陰ながら応援しています
From: r * 2010/07/17 14:20 * URL * [Edit] *  top↑
1000記事おめでとうございます!ごく最近からですがサイトにお邪魔させてもらってます!
すごく参考になる記事ばかりで、紹介されてた作品でいくつか気になった物を買ってみました。その中でも私的に絵もストーリーもドストライクだったのが「ボクラノキセキ」です!もう続きが楽しみで楽しみでしょうがないです!(^▽^)他にもいくつか購入予定の物があります。これからも楽しみにしてるので、頑張ってください(^^ゞ
長々と失礼しましたm(__)m
From: ゆう☆ * 2010/07/17 14:31 * URL * [Edit] *  top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2010/07/17 17:48 *  * [Edit] *  top↑
はじめまして&1000記事おめでとうございます。
1年半で1000個も記事を書かれていたなんてすごい!!また、それだけ読まれていること、あれだけの良質な記事を書かれていることに驚きです。
サイトの名前の通り、オトコからでも楽しめる視点で書かれていてとても参考になります。次は2000記事ですね!頑張ってください!!長文失礼致しました。
From: toldo * 2010/07/17 21:18 * URL * [Edit] *  top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2010/07/18 10:50 *  * [Edit] *  top↑
みなさま、コメントどうもありがとうございました(涙)

公開コメントだけでなく、非公開コメントもたくさん頂けて、
ひとつひとつを何度も読み返しながら、感動に浸っています(笑)
こういったみなさまの声が、ブログ運営の一番のモチベーションとなります。
これからも、みなさんのお役に少しでも立てるようなレビューをお届けできるよう、
更新を続けていきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ほんとうに、ほんとうにありがとうございました!
From: いづき@管理人 * 2010/07/19 17:50 * URL * [Edit] *  top↑
初めは、好きなマイナー漫画のレビューを検索してたら引っ掛かって、それ以降拝見させていただいておりますm(__)m
リアルに少女漫画を語れる人がいないんで、こんな話を出来る友人がほしいものです…

ま、これからも楽しみにしていますので、頑張ってください
From: ぼー * 2010/07/20 12:45 * URL * [Edit] *  top↑
ぼーさん、いつもコメントありがとうございます。
これからもマイペースに更新していく予定ですので、
暇な時にでもお相手ください。
From: いづき * 2010/07/24 22:50 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。