このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2010.07.24
1102940401.jpg聖千秋「KECHONPA」


うすっぺらーい同情と
笑える自虐ネタをひとつ以上持ってれば
ここの空気は心地いい



■毎日渋谷を我が物顔で闊歩する、カリスマギャルのリリコ。いつもは遊び歩いている彼女だったが、ひょんなことから探偵の真似事をすることに。婚約者と信じている、エリート警察官僚の二ィのため、行方不明になったひとりのギャルを捜す。リリコの洞察力と、ギャルの情報網、そして愛の力(?)を総動員し、目指すは事件解決!しかしそう簡単に、事は運ばなくて…!?

 渋谷のギャルが、事件を解決。新感覚ミステリーコメディでございます。作者は聖千秋先生。ドラマ化もされた「正義の味方」の作者さんです。ヒロインは、渋谷をホームに活動しているギャル・リリコ。そんな彼女がある日、ひょんなことから人探しを手伝う事に。というのも、田舎の名家の出身である彼女が、かつて婚約者として紹介された相手で、警察のエリート官僚であるニィが、とあるギャルの行方を追っているということを聞いたため。未だにニィが婚約者であると信じているリリコは、彼の役に立つためと奮闘。持ち前の洞察力の高さと、ギャルの情報網を駆使し、事件の真相へと迫っていきます。


ケチョンパ
婚約者にはギャルになった後の姿を知らせていない。だから会うときは清楚系で、取り繕って会う。


 言葉遣いや格好が、現代ギャルの姿をリアルに描きあげているかというと、よくわかりません。ただ、絵柄が一昔前の雰囲気をたたえているので、リアルな雰囲気はあまり受けないかなぁ、と。しかしながら、あくまでコーラスを読む世代、作者さんの世代の方が、物語を楽しめれば良いので、その辺はあまり問題ではありません。
 
 一応触込みは、「ミステリーコメディ」ということで、ギャル達のお馬鹿さかげんと、ちょっとしたミステリー要素を投入して展開していきます。イメージ的には、石田衣良原作の「池袋ウエストゲートパーク」が近いかもしれません。一話完結型で、1冊通して複数の事件を収録。人が死ぬような大事ではなく、もう少しミニスケールな、ストーカーや行方不明になった人間の捜索などが主になっていきます。
 
 最後まで読んでみた印象としては、どういった話を描きたかったのかよくわからないというもの。何かしら、一貫したものがあれば良かったのですが、婚約者でるニィとの関係も、ヒロインの過去と現在の心境も、軸として持ってくるには、やや露出不足だったような感を受けました。単発で読むぶんには、全然楽しんで読めるのですが、通して読んだ時にプラスアルファで何かあれば、シリーズ物としてより楽しめたのではないかな、と思います。


【男性へのガイド】
→どうなのだろうか。さして拒む要素も無さげであり、かといって強みもないような。ギャルってだけで敬遠する人は多そうですが、果たして。
【私的お薦め度:☆☆   】
→別に何が悪いってわけではないのですが、もうちょっと捻りや一貫性があれば。。。


作品DATA
■著者:聖千秋
■出版社:集英社
■レーベル:クイーンズコミックスコーラス
■掲載誌:コーラス
■全1巻
■価格:419円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「コーラス」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。