このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.08.25
作品紹介→田村由美「7SEEDS」
16巻レビュー→温室育ちは、温室でこそ生きられる《続刊レビュー》田村由美「7SEEDS」16巻
17巻レビュー→涼が行うテストの意味《続刊レビュー》 田村由美「7SEDS」17巻



1102949838.jpg田村由美「7SEEDS」(18)


本当にまだ
テストの最中なんじゃないのか



■18巻発売です。
 コミュニティーから追放された安吾と涼は、夏のBチームを発見。観察するつもりが、手違いから合流することになってしまう。結局その後、航海に出ることになった夏のチームだったが、涼の仕掛けた罠により、トラブルが続出。命の危機に瀕するメンバーも出てくる。疑念を持った牡丹が、警戒を強めた矢先、嵐が海に一人取り残されてしまい…!?果たして嵐の運命は、そして涼の意図とは。そして彼らの行く先に待ち構えていた、予期せぬ意思とは…
 

~累計260万部って少なくないですか~
 帯に累計260万部突破と書いてあって驚いたのですが、そんなに売れてないんですかこれ。というのも、近年の少女漫画作品の中でもトップクラスの面白さを誇っている(と思う)本作が、18巻でやっと260万部というのは、他に比べてもちょっと少なすぎやしないか、と。ワンピースが初版300万部超で…なんて比べるわけではないですが、少女漫画作品の売れ線と比較しても、ややもの足りないかな、という感覚があります。例えば「僕等がいた」は900万部突破していますし、「君に届け」は1000万部超となっています。「NANA」は2000万部を大きく上回っていますし、「のだめ」も3000万、怪物「ガラスの仮面」に至っては5000万部超。最近のメディアミックスしていない作品だと、「好きっていいなよ。」「となりの怪物くん」は4巻ほどで楽々100万部突破していたり。購買層は違えど、17巻累計で260万は、作品の面白さに比べると少ない気がします…。やはり絵柄で回避している方が多いのでしょうか。flowersはもっとコミックス売りましょうよ!(売れるならとっくに売ってる)最近売り上げ調子良かったの、「娚の一生」の3冊で50万部ぐらいじゃないですか?「天狗の子」とか「坂道のアポロン」とかどうなのでしょうか。
 
 なんて色々と累計部数を調べていたら、こんなところに辿り着きました。

少女漫画売り上げ談義@ まとめ 歴代少女漫画発行部数(1000万部以上)
少女漫画売り上げ談義@ まとめ 歴代少女漫画発行部数(1000万部未満)

少々データは古いですが、こんな感じになっています。やっぱり「7SEEDS」はもっと上で良いと思うんだけどなぁ…。


~涼の秘密とは~
 さて、だいぶ話は逸れてしまいましたが、18巻です。安吾と涼が合流してからというもの、トラブル続発の夏チーム。それは涼が仕掛けた罠によるものなのですが、今回はそんな涼相手に、一言何かありげな言葉を残した方がおられました。それが、草刈蛍ちゃん…
 

7seeds18-1.jpg
秘密を抱えてらっしゃる
話すべきか迷ってる



 さて、彼女の言う「秘密」とは一体なんなのでしょうか。一体誰に対しての、どんな秘密を持っているのか。非常に気になるところで、色々と涼について思い返してみたのですが、こいつ色々と謎多いよ!とりあえず、仲間を思いやるからこそ、迷いが生まれるのでしょうから、その隠す相手は安吾なのだろうな、という気がします。そんな謎多き涼に、今回は少しスポットをあててみましょう。


~カードと花札~
 船に乗り込んでから、不穏な動きを見せる涼。テストを彼は夏のBチームに対して仕掛けているわけですが、この意図がよくわからず。現場にカードを残すというスタイルをとっているワケですが、これは言うまでもなくかつて自分たちが仕掛けられたテストにおける、花札をモチーフにしています。


7seeds18-3.jpg
花札は、その絵柄と季節から方角が示されましたが、昇順に落とされていくトランプには一体どんな意図が隠されているのでしょうか。さすがに何もないって事はないと思うので、早く明らかになって欲しいところでございます。でも絶対13まで行く前に物語はこじれますよね。だって安穏とテストを仕掛けられるほど、この世界は平和ではないはずなので。


~虹子の名前を出したのは~
 さて今回、もう一つ彼の言動で気になったシーンが。それが、巨大タンカーが目の前に現れ、安吾が乗り込むと言い出した際の彼の言葉。まずは安吾に対しての…
 
 
「これはせいぜいあいつらへのテストだろ」


 テストという表現に、違和感。意訳するのであれば、「夏Bがこの世界で生きられるのかどうか、その指標になる」というニュアンスで、テストというのはあくまで比喩表現だとは思うのですが、それでもここでテストという言葉が出てくると、まだ涼はテストに縛られたまま生きているのではないかな、と感じてしまいます。というか、度々「テストなんじゃないのか」と言い聞かせるシーンがあるわけで、やはりどこかこの世界に適応しきれていない部分を感じさせます。
 
 さて、何より気になったのが、この後のシーン。結局タンカーに行くことを決めた涼は、その時に…
 

7seeds18-2.jpg 
虹子なら
絶対に行かないだろうな



 ここで唐突に、しかも溜めて考えてからの「虹子」。かつてから一緒に行動し、ただならぬ関係にありそうだった二人ですが、ここで唐突に虹子の名前が出てくるというのが、実に意外でありました。虹子というと思い出すのが、プリン味サワーさんの考察記事にて出ていた、虹子死神説(リンク先の記事、全部面白のでぜひご一読を)。コミックスを読んでもわかるように、虹子は死神の存在というものを認識しており、未来に旅立つ直前に百舌と死神に関する話をしていたりします。そうなると、気になるのが、死神の存在に関して、涼も認識しているのかということ。虹子がどのようにして、死神の情報を手に入れたのかはわかりませんが、もしハッキングからの情報入手のみだと考えるのであれば、涼も知っている可能性は多少なりともあるのかもしれません。そもそも涼は、最後のメンバーに残されるのがほぼ確定的でありました。それが単純に能力・資質だけの問題でなく、何かしらの意図が働いていたらと考えると、秘密に繋がっていきそうではありませんか。なんて、ここまで全部私の妄言ですので、当たらない確率がものすごく高いわけですが。とにかく涼の秘密が気になる今日この頃。物語はそんなことお構いなしとばかりに、急展開を見せています。


~全体のお話~
 何が起こったかはヒドいネタバレになるので、敢えて言及しませんが、この展開は予想していませんでした。というか、ちょっと変だな、と。絶望にうちひしがれて、破壊衝動に駆られるのであれば、あんなに猶予を置かずに、「我が身もろとも」とすぐさまスイッチ押してしまうのではないでしょうか、と。そんなところに若干の不安を覚えつつも、所詮それすらも、イベントの一つとしてダシ的に使ってしまうのでしょうし、そこまで気にしないことにします。まぁ国家プロジェクトなのですから、一応こういう規模の話も回収しておかないとね、とか適当に理由付けて。とにもかくにも、未だ目が離せない7SEEDS、まだまだ全力でおすすめでございますよ!
  
 

■購入する→Amazon

カテゴリ「flowers」コメント (3)トラックバック(0)TOP▲
コメント

7SEEDS、半端なくおもしろいですよね!!!
私も、もっと売れるべきだと思います!!!
田村由美作品ってすごいんですよね!!!
知的本能くすぐられますよね!!!
From: ゆっち * 2011/08/05 17:07 * URL * [Edit] *  top↑
私も7seeds読んでます!そしてもっと売れるべきだと常日頃から本当に思っています!友人にも勧めたり貸したりして広めようと頑張ってます(笑)

でもやはり少女漫画というカテゴリの中だと男性読者にはなかなか気付かれにくいですし、女性読者はものすごく絵の綺麗さ(イラストに近いもの)を気にしますから、なかなか売上が伸びないのだと思います。
少女コミックで売上「君に届け」「NANA」「のだめ」はいずれも映画化、アニメ化など大きくメディアに取り上げられ、それが当たったので漫画の売上も伸びたのだと思います。

これからも7seedsはまだまだ面白くなっていくと思いますが、私達読者側もどんどん人に勧めて盛り上がっていきましょう!^^
From: ~名もなきお * 2011/08/31 21:57 * URL * [Edit] *  top↑
嫁に勧められて読んでみたら、ハマった・・・・・。

好き嫌いはあるが、絵柄を気にしなければ良作ですよ。
From: ふぁんく * 2011/11/14 18:07 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。