このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.08.31
作品紹介→もとなおこ「コルセットに翼」
5巻レビュー→このお話は、一体なんていうジャンルに属するのだろうね《続刊レビュー》「コルセットに翼」5巻
6巻レビュー→ハッキリとした将来像と、見えてこない鍵の謎:もとなおこ「コルセットに翼」6巻
関連作品紹介→もとなおこ「ドリーナ姫童話」



1102949767.jpgもとなおこ「コルセットに翼」(7)


学校の存続が最優先
私の望みは…
変わらないわ



■7巻発売です。
 ジェシカから託された、デスデモーナの破滅への計画は順調に進み、学園の改革が次々と成功していく。そんな中、クリスは自分は将来医師の道を進もうと決意する。改革のさなか、ジェシカの婚約相手でクリスの心の支えでもあったミスター・バードに再会したクリスは、母の肩身である鍵を彼に見せると、同じ鍵を持つバードは困惑…。一度動き出した変化の波は止まることなく、やがてクリスはじめ学園をも飲み込んでいくことに…
 

~大きく動き出す~
 6巻までもそれなりに動きがありましたが、ここまでたくさんの転換点が集中した巻はありませんでした。とにかく様々な人が、それぞれの意思で動き出しています。その筆頭となったのは、八百屋の息子で、クリスのボーイフレンド的存在の、リアム。祖父が亡くなったことで、ロンドンへ発つことを決意。クリスにお別れをします。そしてそれに続いたのがメイドのアニー。リアムを追って、そして同時に看護士の道を進むために、ロンドンへ発つことを決めます。一度に大切な人二人と離れることになったクリスですが、決して悲しむことはありませんでした。これはあくまで、一時の別れ。いつか一回り大きくなって、必ず再会できることを確信していました。そんな別れの中で、最もカッコ良かったのは、他でもないリアムでしょう。アニー相手に、14歳とは思えないほど大人らしく気丈に振る舞ったクリスでも、この前にはポカンでした…
 
 
コルセットに翼
お前にプロポーズできる男になるまでの時間


 お互いにまだ十代の半ば。年齢設定的には、「耳をすませば」の二人と同じくらいです。そして同じくプロポーズとも取られかねない発言をするわけですが、この決まりようといったら。。。再び会うのは10年後。彼らにとってみたら、驚くほど先のことですが、リアムはしっかりと先を見つめ、自信溢れた表情でクリスに伝えました。人生経験の差か、境遇の差か、とにかくカッコ良いの一言でしたよ。私は一生こんなこといえる人間になれそうにありません。。。


~アニーについて~
 さて、そんな中気になるのが、アニーの想い。クリスに比べ、より「恋」という感覚が出ているのは、彼女の方でした。この旅立ちに際して、彼女にも彼女のなりの優しさみたいなものを見せており、本当に情の厚い子なのだなぁ、と。クリスの将来の夢は医者になることですが、アニーの夢は看護士。好きな男の子を追って学園を離れるという勝手を働くことに後ろめたさがあるのか、もしくはクリスへの恩返しなのか、ゆくゆくはまた近くで奉仕できるような職業を選んでいます。こういったところに彼女たちの絆が感じられ、実に素敵なシーンとなっていました。


~大きな転換点となるか~
 一カ所変化すると、それが悪玉を取り除くことであったとしても、全体のバランスが崩れ、一気に変化の波が訪れてくるのですが、デスデモーナ陥落もまた同じような道を辿ることになりました。デスデモーナのみならず、学園閉鎖の危機。拠り所がなくなり、結果みんなが旅立っていくというパターンとしては、例えば「キャットストリート」(→レビュー)などがありますが、こちらはまた別の道を進みそう。その救世主となるのが、ミスター・バードなのですが、彼とクリスはどういう道を歩んでいくのか…。先の告白を見せられたものとしては、やっぱりリアムとくっついて欲しいのですが、クリスは医師の道を進みバードの脚を治す、そしてバードはクリスへ道を用意する、というギブアンドテイクの関係がキレイに作られるのはこちらなわけで、予想しづらいものがございますですよ。え、セドリック?いや、さすがに彼はないでしょう…って、彼何やってるんでしょうね。次の巻あたりに登場して欲しいところですが。


■購入する→
カテゴリ「プリンセス」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。