このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.09.12
作品紹介→*新作レビュー*タカハシマコ/桜庭一樹「青年のための読書クラブ」
関連作品レビュー→「泣いちゃいそうよ」/「乙女座・スピカ・真珠星」/「デビルくんとエンジェルちゃん」



1102957016.jpgタカハシマコ/桜庭一樹「青年のための読書クラブ 」(2)


諸君、
世界は本当に空っぽか?
本当に空っぽか?



■2巻発売しました。
 乙女の楽園「聖マリアナ学園」。その創立者・聖女マリアナは、女生徒たちにこよなく愛された。しかし彼女は、ある日突然、学園から姿を消してしまう。校内の異端者だけが集う「読書クラブ」に語り継がれる、秘密のクラブ誌。そこには、聖女マリアナに関する謎も記されており、密かにクラブ内で語り継がれているのであった。聖女マリアナの、明かされる事のなかった秘密とは…
 

~なぜ私は…~
 およそ1年半ぶりの新刊は、読書クラブのある聖マリアナ学園の創設者・聖女マリアナの生涯を描いたものでした。1巻では、学園の少女達が様々なことを繰り広げる物語が多数収録してあったのに対し、2巻は聖女マリアナの秘密に関してほぼ1巻を費やしています。正直表紙はこれではなくて、マリアナのほうが良かったのではと思いつつも、1巻からのイメージを継続させるのはこちらの方が良いのかもしれません。とりあえず、コレだけは言っておきたかった。「なぜ私は1巻の時点でこの作品をオススメにしていなかったのか」と。
 

~言い訳~
 言い訳ではないですが、1巻の時はすごくツボな物語がありつつも、前後の話の断絶と落差が大きい印象で、オススメするのはどうかなぁ、と思ったということがありました。しかし今回は、1巻の殆どを使って一つの物語を描き上げるという形になっており、またその物語が素晴らしかった。表紙からもわかる通り、本来のこの作品の売りは、お嬢様女子校で繰り広げられる正史に残ることのない珍事件の数々。それに翻弄される少女達と、それを見守る読書クラブ員という、閉じられた中で完結する物語にその面白みがあるのです。けれど聖女マリアナの物語は、学園外での出来事。でも結果的に、自分はこの物語に痛く感動してしまったのですよ。
 

青年のための読書クラブ2-1
学園外での出来事と言っても、読書クラブとの関わりは当然持つ。最後に繋がるだけではあるが、物語には欠かせないファクターとなる。


~占い師が視た未来とは~
 聖女マリアナを巡る物語は、奇跡からの入れ替わりという、かなりセンセーショナルな内容となっているのですが、物語としてはむしろ「フィクションであるのならとことんフィクションとして楽しませてやろう」というようなつくりで、逆に清々しく物語を享受することができます。聖職者として、日本での布教を夢見る出来の良い妹と、「神などいない」と、教えに背くように生きる兄。その兄を変えるきっかけとなったのは、奇しくも妹が呼び寄せた「奇跡」でした。この奇跡に依って、彼はさらに神の存在を信じることをしなくなるのですが、同時に空っぽであった世界にものを詰めることを始めるようになります。
この因果が、なんとも。さて、そんな物語で最も気になったのが、占い師が放った一言。コレに限らず、物語中に登場する占い師の的中率は異常なわけですが、この占い師もまた、フラグ建築士でございます。入れ替わりが起こる事を見通したのですが、その後…

 
「百年経つと他者がやってくる」
「男たちだよ
 あんたが連れてくるんだ」
「そうしてあんたたちは
 混ざることになるんだ」

 
 学園が出来て100年後、男たちがやってくる。恐らくこれは、聖女マリアナの物語の次の物語にて持ち上がっている、男女共学化のことでしょう。そして気になるのが次。「あんたが連れてくる」という部分と、「そうして混ざることになる」という部分。「あんた」とは恐らくミシェールではなくマリアナのこと、しかし彼女はすでに亡くなっています。だとしたら、どういった形で連れてきて、そして混ざるのか。そのヒントは、その相手が「系列の男子校」であるということ。はてさてどのような結末が訪れるのか、今から楽しみでございます。そしてそこが恐らく、この物語の最後になるのではないでしょうか。ってことは第4章、3巻がラストかな。
 
 そうそう、そういえば占い師と言えば、はじめに…
 
青年のための読書クラブ2-3
未来を見たいかね
過去を呪いたいかね



 との問いかけをするのですが、「過去を呪う」との言葉の時に、描かれたのはミシェールの姿。その時も、そしてマリアナが亡くなったときも、彼は過去を呪ったはずですが、数十年後学園から姿を消す際に、放った一言は、未来を案ずるものでした。気がつけば、空っぽだと思っていた世界は、中身が詰まっていて、未来を知りたいと思えるようになっていた。じんとしました。改めて、「青年のための読書クラブ」オススメです。


■購入する→Amazon

カテゴリ「フレア」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

初めまして~ 私はこの2巻の表紙が気になって1巻から読んでみたのですが
いや面白いですね!
読書倶楽部のとある筆記者による記録、という体裁をとることで全体に時代がかかった
文学的な言い回し、劇場のようなメリハリのある展開。
なぜ1巻が出たときに私は買っていなかったのか、と思いましたよ。
2巻のマリアナのエピソードも、様々な伏線を張り巡らせて時限爆弾のようにカチッ カチッとネタばらししていく手法に目が離せませんでした。
From: meriesan * 2010/09/15 23:39 * URL * [Edit] *  top↑
はじめまして。

マイナーなレーベルですので、1巻発売時はかなり目立たない陳列であったように記憶しています。
2巻はそれに比べて、もうちょっと目立っていたかな、という印象があります。
私も「なぜこの作品を1巻の時点で推してなかったのだろう…!」と後悔しきりでした(笑)
From: いづき * 2010/09/20 00:43 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。