このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.09.13
作品紹介→よしながふみ「大奥」6巻


1102949804.jpgよしながふみ「大奥」第6巻


…生きるという事は
女と男という事は!
ただ女の腹に種を付け子孫を残し
家の血を繫いでいくことではありますまい!



■6巻発売しました。
 将軍・徳川綱吉も歳を重ね、いよいよ後継者を選ぶ段階に入った。候補は二人、一人は甲府宰相である徳川綱豊、そしてもう一人は紀州の三代藩主・徳川綱教。どちらも聡明であり、家臣達からの信頼も厚い。そんな中、己の人生・存在を省み、心身を弱らせていく綱吉の姿を見て、右衛門佐は…。退く身の綱吉と、新たな将軍、そして彼女たちを取り囲む、家臣達の想い。益々目が離せない、男女逆転大奥、華麗に第6巻登場!!
 

~映画化~
 映画化も決定しており、10月1日には早くもロードショーとなる予定。水野役を嵐の二宮和也くんが務め、吉宗を柴崎コウさんが務めるということですが、水野役が二宮くんてのはちょっとイメージと違うような気もします。まぁ映画で原作のイメージをどうこう言うなんてのは、野暮なのでしょうけど。というわけで、映像化のタイミングに合わせた形で、6巻登場です。前回、綱吉編で哀しき末路を匂わせつつ終わったのですが、今回はその綱吉編が完結致しました。その綱吉編が、どこまでも素晴らしかった。ラスト近くのシーンでは、思わず泣いてしまいました。
 
 
~綱吉と右衛門佐のやりとりに思わず涙~
 月のものも来なくなり、もはや後継者を残すことが出来なくなった綱吉。将軍として政に精を出すのも将軍職の重要な役目ではありますが、最も大切なのは、直系の後継者を残すこと。そのことは、周囲の者も本人も、殊更強く意識していました。ゆえに、可能性がなくなったことによる絶望感は、相当なもの。残された政に関しても、悪名高い「生類憐れみの令」によって、庶民の生活を逼迫させるなど、救いとはなってくれませんでした。そして出てくる考えは…「どうして自分は生きているのだろう」というものでした。そんな彼女の姿を見て、右衛門佐の感情がついに爆発。ついに綱吉と右衛門佐は結ばれることになったのでした。その後の、右衛門佐の台詞が泣かせた…
 

大奥6
今まで子を生すため以外に女人と褥を共にした事のない私には
この夜だけが真の女と男の夜でござりました
あなたとこうなったのが
今のこの皺だらけの措いた体で本当に良かった…


 この一言で、この一晩で、お互いがどれほどまでに救われたものか。言葉では、右衛門佐が救われたように言っていますが、むしろ救われたのは綱吉の方。将軍として、女として結果を残すことができなかった今の自分を、全肯定で抱きしめてくれた。これ以上ない、救いの言葉です。そうか、こんな考え方もあるのか、と。その後綱吉は、父親からの呪縛から逃れるように、後継者を決めます。今までは、心の拠り所が父親しかなかった綱吉に、新たな心の拠り所が現れた瞬間でした。最後、二人の結末はあまりに哀しいものでありましたが、この瞬間、束の間の幸せが訪れていたのが、せめてもの救いだったのかもしれません。
 
 どこまでも将軍の姿を描きながら、どこまでも女としての生き方を描く。この二つが完全に物語の中で共生し、全く新しい物語を、違和感なく作り出す、やっぱりよしながふみ先生ってすごいなぁ、と6巻で改めて思わされました。だってめちゃくちゃ「大奥」なのに、全然「大奥」じゃないんですもの。自分にもっとボキャブラリーや表現力があったら、もっとこの作品の面白さやすごさを伝えられるのに、それができないのがどこまでももどかしい。とにかく読んで欲しいと、それだけです。
 

~物語は家宣編へ~
 物語は徳川家宣編へ突入。といっても家宣は、在任3年で他界と、任期は短いものとなっております。それでも、悪化した財政・治安の回復に尽力し、一定の功績を残した将軍として、歴代将軍の中でも名君と言われている人物。あくまで家継から吉宗へと渡す繫ぎの役目だとは思うのですが、その部分は蔑ろにせず、しっかりと物語の中に落とし込み、彩りを加えています。こちらの章でメインとなるのは、家宣自身よりもむしろ、その側近であった間部詮房と月光院、そしてそこがきっかけとなる、江島生島事件になります。いやはや、どういった形でこの事件を描き出すのか、今から楽しみですね。


■購入する→Amazon

カテゴリ「メロディ」コメント (0)トラックバック(1)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
大奥 第6巻 (ジェッツコミックス) |よしなが ふみ
大奥 第6巻 (ジェッツコミックス)よしなが ふみ白泉社 刊発売日 2010-0...
2010/09/18(Sat) 16:20:17 |  ベストアンサー
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。