このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2010.11.08
1102979436.jpgやぶうち優「まほちゅー!」(1)


あたしのマホは
“ツいてる”マホ!!



■天王洲あいるは、ドジでおっちょこちょいな女の子。花の中学校生活を楽しみにしていたのに、進学予定だった公立中ではなく、何故か全く知らない私立中・真秀等場学園に編入させられることに。しかも母から聞かされたその理由は、「魔女の家系だから」。友達が誰もいないヘンな学校で、心細くなるあいるが出会ったのは、マホと呼ばれる特殊な力を使うヘンな人たちで…!?あいるのドタバタなマジカル学園生活がスタート!!

 「ないしょのつぼみ」(→レビュー)、「初恋指南」(→レビュー)のやぶうち優先生の新連載でございます。今度のお話は、不思議な力・マホを使う子ども達が集うマジカル学園・真秀等場学園に編入することになった女の子を描いたファンタジーとなっています。ヒロインとなるのは、ドジでおっちょこちょいな天王洲あいる。花の中学生活を夢見ていたものの、予定していた公立中ではなく、全く知らない私立中へと編入させられることに。しかも母から聞かされたその理由は、魔女の家系だからというもの。自分に不思議な力があるのかもわからないままに、その学園に向かったあいるは、編入初日早々に、驚きの光景を目にします。人の心を読める子に、風を操る子、水を生み出す子に、炎を操る子…それら不思議な力はマホと呼ばれ、この学園の生徒みんなが何か特別な力を持ち合わせているというのです。過去の歴史でも稀な、「編入生」という形で入ってきたあいるに、生徒達は大注目。しかし当のあいるは、マホを使えるどころか、自分のマホが何なのかさえわかっていないという状況で、早々劣等生のレッテルを貼られてしまうのでした…というお話の始まりとなっています。


まほちゅー
校長ドラゴン説。こんな噂がある通り、基本的になんでもありな学校。ハリーポッターとかそんな感じですよね。ちなみにリボンは制服規則の一つ。そういえば魔女の宅急便の危機もリボンだかしていましたっけ。


 魔法を使える生徒たちが集う、学園ストーリーというのは、ある意味低年齢向け作品の王道とも言える設定。何もわからず学園に投げ込まれた何の力も持たない少女が、とあるきっかけによってその力が開花、さらに巻き込まれていくように、大きな事件に関わっていく…みたいな展開でございます。はじめは物語の舞台を整えるような流れ。信頼できる友達に、相手役となる男の子との出会い、学園のルールなど環境にも慣れていくという段階。はじめは滅多にない編入生ということで、奇異の目で見られるヒロインですが、持ち前の明るさとフレンドリーさでなんとか溶け込んでいきます。マホと呼ばれる魔法が使える環境ゆえに、起こるトラブルも豪快。動きのある物語運び、そしてその対処を通して居場所を確保していくなど、しっかりと設定を利用した展開は、やはり上手さを感じさせます。

 ヒロインのマホは、運がいいということ。ある意味「ラッキーマン」的ではあるのですが、あそこまであからさまにツキがあるわけではなく、比較的限定的にその力が発動されるという設定です。またとある大きなトラブルに、1巻ラストで巻き込まれて行くのですが、その解決にあたっては、彼女の力だけでなく、仲間の力も不可欠で、仲間と共に解決を目指すというパターンは教育に良さそう(あくまでイメージ)。また少女漫画らしく、しっかりと恋愛方面での伏線を用意し展開。抜け目のない作りです。正直序盤から中盤にかけては、自分には少々厳しいかと思ったものの、ラストの締め方がずるすぎ。これは続きを読みたくなります。


【男性へのガイド】
→しゅごキャラとか、めちゃモテとか、女児向けアニメで普通にやってそうな内容。動きもありますし。男性向けかは、どうなんでしょ、自分の趣向とは違うので判断が…。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→やぶうち先生ですしね。読者層的に自分にはやや厳しいかと思ったのですが、切り方が上手。2巻も買います。


■作者他作品レビュー


作品DATA
■著者:やぶうち優
■出版社:小学館
■レーベル:ちゃおコミックス
■掲載誌:ちゃお(連載中)
■既刊1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ちゃお」コメント (4)トラックバック(1)TOP▲
コメント

男なのにこんなの買うのって恥ずかしくないですか?

本当はこゆう漫画好きなのでは?
From: まっく * 2010/11/12 19:07 * URL * [Edit] *  top↑
>まっくさん

「恥ずかしくないです!」と言いたいところですが、
実際は恥ずかしさを感じつつ購入しています(笑)

本当もなにも、こういう作品が好きだからレビューしているわけで、
それくらい見ればわかるかと思うのですが。。。
From: いづき@管理人 * 2010/11/14 01:45 * URL * [Edit] *  top↑
妹がちゃおを買ってきて俺の読んでいる漫画を見終わったら見ていますね・・・
このなかでは まほちゅー が一番お気に入りですねw
From: なか酢~☠☠ * 2011/05/09 13:25 * URL * [Edit] *  top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2013/08/06 01:42 *  * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
DS とんがりボウシと魔法のお店
お店とトモダチと楽しい
2010/11/17(Wed) 14:18:22 |  ゲーム攻略サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。