このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2010.11.14
1102979987.jpg栄羽弥「ラブオール!」(1)


だからみんなに力貸して欲しい!
みんなでバド部作って特通を守りたい!!



■羽野希万里。鹿野森学園特別通信科に入学した15歳。鹿野森学園には、超進学校で男子ばかりの普通科と、偏差値不問・誰でも入れる特別通信科があった。なのに、入学式当日に学園長から「一年後に特別通信科は廃止」との発表が。原因となっているのは、一昨年に起こった、特別通信科の生徒が普通科の生徒に酒を飲ませ死なせてしまったという事件。その被害者であるのは、他でもない、希万里の実の兄。そんな彼女が、特別通信科に入学ということで、注目を集めるが…!?

 「コスプレ★アニマル」(→レビュー)の栄羽弥先生の新連載でございます。前作は、コスプレエッチが夢という、少し、いやかなりエロティックな内容の連載となっていましたが、今度はエロ成分はほぼゼロの、学園ラブバトルとなっております。ヒロインは、鹿野森学園特別通信科に入学した、羽野希万里。進学校として名を馳せる普通科の陰に隠れ、誰しもが入ることができるという特別通信科でしたが、入学式の日に学園長から驚きの言葉が。「一年で特別通信科は廃止」。原因は、希万里の兄が被害者となった、特別通信科の生徒による、普通科生徒への強制飲酒。そんな状況下、特別通信科の生徒として、被害者家族として入学してきた希万里は、そんなことはさせまいと、特別通信科存続への道を探り始めるのですが…というお話。


ラブオール
唯一とも言っても過言ではない、エロネタ。とはいえこんなノリは少なめで、基本的にはシリアスです。


 なんで被害側のはずなのに、特別通信科存続の道を探すの?という疑問が浮かぶと思うのですが、その理由は、実は兄に酒を飲ませたのは特別通信科の生徒ではなく、普通科の生徒であるという真相を知ったこと。そして同時に兄は特別通信科の生徒たちと非常に仲が良かった事。そしてその黒幕として名前が挙がったのが、特別通信科廃止の先導者である、学園長であったということなどが挙げられます。そんなこんなで特別通信科存続へ向けて動き出す希万里なのですが、その過程で、普通科の生徒会長という心強い仲間を獲得。そんな彼に入れ知恵された結果、希万里が特別通信科存続へのカードとして持ち出したのは、名選手であった兄が愛したバドミントン。特通の生徒が中心となり、全国大会に出るなどすれば、きっと廃止とは言いにくくなるハズだ、と考えたのでした。
  
 講談社って男子複数人が登場する逆ハーレム型のスポーツものが登場する頻度が結構多い気がします。例えば真崎総子「さくら河*Volley-Boys」(→レビュー)とか、森永あい先生の「極楽♨青春ホッケー部」(→レビュー)とか。基本的にバドミントンはダシにすぎず、恋愛メインで描かれるので、スポーツものとしてのカテゴライズはしてはダメですが、スポーツが一つの軸となることで、物語の健全性はある程度確保されることが予想され、前作とは明らかに違う趣向の作品を描こうとしているのだろうということが伝わってきます。スポーツ要素に、ミステリー要素に、逆ハーレム要素に、学園コメディ要素と、結構欲張りな構成要素。栄羽先生がこれらをどこまで調理し、まとめあげることができるのか。前作を最後まで読んでいない自分には想像はつきませんが、ひとまず意欲作であることは明白。ファンの方からしたら、なかなか楽しみな一作になるかもしれません。


【男性へのガイド】
→欲張り感が、どっちつかずも出しているかも。作品的には女性向けの感が強めかと思われます。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→どういう方向の作品にしたいのか、結局最後までよくわからなかったのですが、それはそれで気になるもので、上手い事踊らされているのかも。現時点では判断つかず、自分の感性を信じて継続購入するかどうかお決めになると良いのではないでしょうか。


作品DATA
■著者:栄羽弥
■出版社:講談社
■レーベル:KCデザート
■掲載誌:デザート(連載中)
■既刊1巻
■価格:419円+税


■購入する→Amazon/


カテゴリ「デザート」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。