このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.11.21
作品紹介→目が覚めたら私、超嫌われ者でした…:池谷理香子「シックス ハーフ」1巻
関連作品レビュー→池谷理香子「微糖ロリポップ」



1102980053.jpg池谷理香子「シックス ハーフ」(2)


どうしよう
あたし
このままじゃ完全に変態だ



■2巻発売しました。
 バイクで事故って、記憶喪失になってしまった詩織。喪失前の自分がどんなだったかもわからず、妹からは嫌われ、学校でも孤立。そんな中、唯一親身になって支えてくれた兄の明夫から、「嫌いだ」と言われる映像がある日詩織の脳裏に浮かぶ。過去の記憶なのか、それともただの想像なのか。記憶がないという免罪符がゆえに、戻ったときが怖い。思い悩む詩織の前に、明夫と幼なじみだという瑞希が現れるけど…!?
 

~記憶が戻るのが怖い~
 さて、久しぶりですが2巻の発売です。記憶喪失という設定を、どう活かすかが注目のこの作品ですが、2巻も、というか巻を重ねたことでより面白くなってきました。記憶が戻らないヒロインを支える兄…なんて単純に語れるほど美しくシンプルな物語ではなく、そこに渦巻くのは、嫉妬、欺瞞、疑念…。記憶が戻らない辛さよりも、過去がわからない気持ち悪さが先行し、疑念渦巻く爽やかさ皆無の物語が展開されています。誰を信じれば良いのか、せめて自分を信じようにも、この世に意識を持って落ちてきたのがたったの2か月前。2か月でこの世界を生き抜くだけの、心の強さを持つのは、簡単ではありません。そして唯一頼りにしていた兄に、もし嫌われているのだとしたら…新しい関係で重ねる時間が増えれば増えるほどに、その恐怖は増していきます。


シックスハーフ2
「記憶が戻るのが怖い」それが詩織の率直な想い。


1巻からすでに、記憶が戻って欲しいなどという願いはヒロインにはなく、しかしその心持ちが、今になって弊害をもたらすという構造。うーん、面白い。
 

~記憶喪失だけでなく…~
 1巻の時点では、記憶が戻らないことだけに絞って物語を進めていましたが、2巻からはさらにプラスアルファのダブルテーマで物語が進行。それは、詩織が実の兄である明夫に恋心を抱いてしまうというものでした。しかし一度鮮明に浮かび上がった、「嫌いだよ」と彼に告げられる光景に、今度はまさかのかわいい幼なじみの登場。詩織はどんどんとフラストレーションを溜めていきます。なんてその結果が、自分の恋心の自覚だったわけですが、実の兄に恋というのはまた驚きの展開です。確かにそういう傾向は見せてはいましたが、本当にそうしてくるとは。記憶喪失に、実の兄妹での恋愛、前者の上に後者が乗るという形ではありますが、ある意味鉄板の設定が二つ、贅沢に楽しめる内容となっています。
 
 
~汚いところも描く~
 一旦記憶喪失になれば、実の兄という血縁をそこまで感じないものなのでしょうか。なんとなく、家族というのは重ねた時間で作るものなのだという、作者さんの考えのようなものが感じられます。その考えは一貫していて、まだ時間を重ねていない自分よりも、家族ぐるみで付き合いをしていた瑞希の方が家族的なポジションを獲得しているという光景を目にしても、やはり。とはいえ瑞希も瑞希で問題ありで、真に家族的なポジションを獲得しているわけではありません。明夫に近づきたいがために、詩織をのけ者にするような形をとってしまった過去(詳細は明かされず)を持ち、それが今になって皺寄せとして現れてきます。ライバルでも、キチンと汚いところ(しかもそれが直接的にヒロインに悪意として向けられるわけではない)を描き出す所が、池谷先生のすごいところ。全員が全員、後ろ暗さや隠し事、そして負の感情を持っており、それが結果として、この作品の面白さを生み出しているのだと思います。
 

~帯がすごいことに~
 今回、もの凄い帯になっています。表紙側には、彼女に飛ばされた罵倒や陰口などがつらつらと…。それだけならまだ良いのですが、裏を見てみると、兄、元カレ、親友、幼なじみ、妹の5人からそれぞれ悪口を言われるという構図。


シックスハーフ帯
2巻帯


「あたしって一体…!?」どころじゃないです、詩織さん。この中で一番インパクトあるのは、やっぱり妹ですかね。ひとりだけベタオンリーの彩色で、「死ねば良かったのに…」。なんか彼女だけシュール系ギャグ漫画から飛び出してきたような印象があります。一人だけとにかく異質なんですよ。とはいえ、作中では彼女はどちらかというとわかりやすく、安心してみていられるキャラなんですよね。一番不気味なのは、どう考えても兄。自分への悪意を、しっかりと露にしてくれる人はむしろわかりやすく良いのですが、好意を向けてくれる人に関しては、信じて良いものなのかどうか…。絶対に簡単には終わらせてくれないでしょうし、3巻の展開もまた楽しみです。ちょっと怖いですけど、それもまた作品の面白さ。



■購入する→
カテゴリ「Cookie」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。