このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2010.11.28
1102959138.jpg本山理咲「ハッピーエンドではじめよう」(1)


お主は死んだ
気の毒なお主に
7日間の時間を与えよう
ただし猫として



■終着駅は、ちょっとさみしくてちょっとわくわくしませんか?天国に行く前に、7日間だけ自由な時間をもらえたら、あなたは何をしますか?…ただし猫になって。しんだばかりのあなたに、猫の神様が7日間の時間の猶予を与えた結果、見えてくる世界とは。人生が愛おしくなる感動の瞬間をあなたにも!!

 まんがタイムオリジナル連載の、非4コマ作品。人生の終わり、天国に行く前に、7日間だけ猫としての時間を与えられた人々の様子を描く、1話読切りタイプのショートストーリーたちが収録されています。予期せぬ死により、やり残したこと、後悔していることをそのまま残してしまった人間の前に、突如として現れる、猫の神様。彼の気まぐれにより、彼ら彼女らは猫としての人生(但し7日間だけ)を与えられるのですが、猫としてできることはごくごく僅か。しかも7日間。その間にやるべきことをやろうと決め、行動した結果、見えてくるのは自分の人生。違う視点だからこそ気づくことがある、良かったと思えることがある、そして、生まれ変わったらこうなりたいと思えることがある。人それぞれの終わりで始まる物語を、温かさいっぱいで描いていきます。


ハッピーエンドではじめよう
魂が移る猫の体は、飼い猫など身近なものが多い。だからこそ、大切な人が死後自分について語る場面に遭遇できたり、恩返しをできたり。


 あなたがもし死んでしまって、7日間猫としての余生を与えられたとしたら、何をしますか?この物語では、その行動起因が実に明確。恐らく自分もそうなるかと思うのですが、人生で後悔していること、気になっていること、これをやらずして死ねないと思っていることを、なんとか達成・実現しようと、彼らは奔走します。とはいえ猫なので、できることには限界が。しかしそんなときには、周囲の人が、不意に助けてくれて、また違った風景が見えてきて、意外と愛されていたのだと自覚できたり。「あの人に想いを伝えたかった」「こんな人生が良かった」「誰に会いたかった」そんな願いの先に待つものは、人生を終えての充実感と、生まれ変わったあとの希望。感動路線のお話、タイトルにもあるように、みなみな「ハッピーエンド」を迎えることになります。

 輪廻転生の考え方が基本。物語の最後では、生まれ変わったら誰になりたいか、何になりたいか問われるというケースもあります。もし自分がこういう状況に陥ったら、何するのだろうかと考えるのですが、うーんその時の状況に依るのかなぁやっぱり。物語中、「やり残したこと」は人それぞれ、様々あるのですが、パターンは基本一緒。わかりやすい物語である反面、先が読みやすいという弊害もあり、それを良いと捉えるか、イマイチと捉えるかは読んだ人次第なのかな、という気がします。


【男性へのガイド】
→まんがタイムということで、厳密には女性向けレーベルではございません。ということで、両対応という感じ。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→良い話なのですが、ショートストーリーで捻りもないため、やや薄味な印象。多分帯のあおりで変な方向に期待してしまったのが良くなかったのかもしれません。捻りがないのではなく、素直。そう表現するのが良いのか。



作品DATA
■著者:本山理咲
■出版社:芳文社
■レーベル:まんがタイムコミックスストーリー
■掲載誌:まんがタイムオリジナル(連載中)
■既刊1巻
■価格:619円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「まんがタイムオリジナル」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。