このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.12.02
作品紹介→ *新作レビュー*田島みみ「君じゃなきゃダメなんだ。」
2巻レビュー→青春とは身勝手なものである《続刊レビュー》「君じゃなきゃダメなんだ」2巻
3巻レビュー→ガムテごしのキスとかエロすぎだろ…:田島みみ「君じゃなきゃダメなんだ。」
4巻レビュー→無防備にエロを振りまくヒロインてのも…:田島みみ「君じゃなきゃダメなんだ。」4巻



1102980035.jpg田島みみ「君じゃなきゃダメなんだ。」(5)


ううん
あたしは
妹みたいじゃなく
ずっと側にいたい



■5巻発売です。
「紅くんが好き」
自分のなかの紅への想いがわかった菜花は、そのことを紫音に意を決して伝えることに…。そして一方の紅も、菜花が好きだと、蒼に打ち明ける。お互いに、想い合っている…けれどもその想いを、上手に伝えられなくて、二人はすれ違ってばかり。そして、そんな二人を横目に、蒼は何を思うのか。想いはますます増すばかり、けれども関係は絡まるばかり…3人暮らしの先に待つのは、幸せな未来?それとも…


~重力がちゃんとはたらいていた~
 5巻発売です。4巻では、シリアスで大切なシーンなのに、無意味に視線の動線上に豪快なパンチラがあるという衝撃の描写を見せた同作。5巻を手にとっても、「あれ、4巻ってどんな展開だったっけ?だめだ、パンチラのインパクトが強すぎて全く覚えていない…。」という感じでした。というわけで、物語に集中しつつも、どうしても菜花のスカートが気になってしまう読中。てかやっと気づいたのですが、この子脚出しすぎじゃないですか?スカートでも、パンツスタイルでも。童顔で子どもっぽい体型と言えど、女子高生。こんな格好で家のなかうろうろされるとか、紅にとっては自宅が我慢部屋状態になっているのかもしれません。そうそう、そういえば今回も、スカートでしゃがみ込む姿を正面から捉えるカットがありました…
 

君じゃなきゃダメなんだ5-1
重力がちゃんと休んでる…!


 一体前回(全開?)のあれは何だったのかというような、立派なガード。そう、これでこそですよ、スカートでの正面描写は。…と思ったら、オマケページ、ラストの扉コレクションにて…
 

君じゃなきゃダメなんだ5-2
またしても全開…!\(^o^)/



 てか指長いなおい。田島先生曰く、「地味な菜花もリボンとお花でちょっぴりデコ」とポイントを強調されていますが、いやこれどう考えてもパンツでしょう。ちなみにこちらは6話の時だそうで。その頃はまだ重力が不安定だったようですね。てか単に、田島みみ先生、制服パンチラフェチなんじゃないかって疑惑が。ちなみに私は高校の時は私服校だったため、制服からのパンチラというものには一度も遭遇したことがありません。まったく、けしからんな。…ほんと今さらですが、ホント酷いレビューになってますね(反省の色なし


~物語の方はというと…~
 一応物語の説明をしておかないと、単なるパンチラマンガだと取られかねないので(えっ)、そろそろ話題を変えましょう。紅と菜花の想いは確定。しかしまだ明らかになっていないのが、蒼。実の兄ということを考えても、紅に比べて圧倒的に勝算は薄いように感じるのですが、今から参戦ということになるのでしょうか。もうほぼ体勢決していて、しかも実の兄で、かつ口べた。うーん、挽回の余地が…。しかしもっとわからないのは、菜花がどういった関係を、紅と蒼に望んでいるのかというところ。今回は、3人で川の字で寝るという試みをしましたが、結局のところ、家族としてあるべき形になりたいと思っているのかなぁ、と。そうすると自ずと紅との関係は憚られるものになってきてしまうのですが。菜花がどういったスタイルの家族関係を欲しているのか、紅との二人なのか、それとも3人で過ごす時間なのか、どちらを優先させるのか、ちょっと注目してみたいですね。
 


■購入する→Amazon

カテゴリ「マーガレット」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

早く見た―い
From: うgyvれうふぇ * 2011/01/06 23:15 * URL * [Edit] *  top↑
そうですねっ

パンツにしか目がいかないですねっ

なんか逆にすばらしいです
From: るんるんっ * 2012/06/15 21:56 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。