このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] [読み切り/短編] 2010.12.13
1102980119.jpg湯町深「席替えゲーム」


なかったことになんて
できないよ



■読切り5編を収録。それでは表題作をご紹介。
 高校一年生の珠美は、夏休みも終わった9月、友人との会話で「三井ってたまみのこと好きなんだって」という話を聞かされる。三井くんは、同じクラスだけど一度も会話をしたことがない男の子。その直後、席替えをして隣になったのは、なんとその三井くん!何をやっても鈍臭い、そんな私のことを好きだなんて、ホントでしょうか…?ありえない、けどもしかしたら…結局わからず月日は過ぎて…!?
 
 湯町深先生の読切り集でございます。湯町先生の作品って、実は一度も手に取ったことがなかったのですが、それは「エロさ先行で自分の苦手なタイプの作品描いてそうなんだよな…」と勝手に思っていたから。今回エロそうではあるものの、可愛らしい表紙に惹かれ、購入してみたのですが、あらイメージと全然違う。そこで繰り広げられていたのは、なんとも初々しくて可愛らしい、プラトニックで健全な、中高生たちの恋愛模様でございました。ちょっとこの表紙はと帯は煽りすぎ…と思ったら、帯をよく読むとプチコミ掲載で今月発売された単行本の方は結構エロいとのこと。いやはや、こちらを読んでいてもそういった感じは殆ど受けず、描き分けのスキルすごいなぁと思ったのでした。


席替えゲーム
ヒロインがみんな子犬っぽいんですよね。瞳をうるうるさせて悲しい顔をしたり、喜んでる時にはしっぽが見えそうなくらいはしゃぐっていう。


 どのお話も、体が小さく、目はウルウルで自信なさげなヒロインが主人公のお話。なんていうか、とってもチワワっぽいんですよね、ヒロインたちが。平常時から実に頼りなげで、ギュッと掴んだら壊れてしまいそうで、喜ぶ時は目をキラキラさせながらぴょんぴょん喜ぶっていう。恋心以前、片想い中、両想いだけどこの現状に、それぞれの段階にいるヒロインたちの、等身大の恋の悩み。本当に「恋の悩み」だけに絞っており、その他の余計な要素は一切なし。すごくちんまりとしたお話なのですが、その小さな世界に懸命になる物語の世界観は、「純正な恋愛少女漫画を読んでる!」という感覚を与えてくれて、とっても気持ち良いのですよ。


 相手役をつとめる男の子達は、少コミライクなチョイ悪でオレ様気質のある少年たち。けれども少コミヒーローに多く見られるような強引さや主張の強さは陰をひそめており、あくまでピュアに、静かに。不器用ってラインに収まるレベルだと思います。その辺もまた、自分にとっては読みやすさ・親しみやすさに繋がって良かった。エロさを匂わせるシーンとしては、物語のラスト、問題が解決して晴れてくっつけたシーンに「エロいことするかもよ」みたいな台詞がある程度。恐らくエロいバージョンで作者さんが描かれる場合、この続きをメインに据えるのかな、と想像できたのですが、実際のところはどうなのやら。“かわいい”は“最高にエロい”との言葉が帯にあるわけですが、ピュアとエロを繋げて捉えて、その切り離しでそれぞれの売りを分けるのだとしたら、上手いなぁと思うのです。


【男性へのガイド】
→ピュアピュアな少女漫画。これは男性構えてしまう可能性高いと思います。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→食わず嫌いはよくないな、と思わされた作品。恋愛のみに絞った可愛らしい少女漫画、久々に読んだ気がします。


作品DATA
■著者:湯町深
■出版社:小学館
■レーベル:cheese!フラワーコミックス
■掲載誌:cheese!
■全1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「Cheese!」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。