このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.01.09
1102992543.jpgサカモトミク「ジョシの制服」


自分なのに
なんか違う人みたい



■突然のリストラにあった女子力0の崖っぷちガール、砂原翼・23歳。年頃の娘であるにも関わらず、メイクもファッションもヘアケアも無頓着。稼いだ金は全て愛猫・殿へと貢ぐ日々。それもリストラで、破綻の危機!!殿との生活を守るため、必死のアピールで転がり込んだのは、人気の制服専門デザイン会社。超おぼっちゃまで超スパルタな代表・天童のもと、ド素人の翼も次第にその魅力に惹かれはじめ…!?

 「とらわれごっこ」(→レビュー)、「愛のもとに集え」(→レビュー)などの作品を描いているサカモトミク先生の新作でございます。1巻完結。愛猫との生活が第一の、猫愛にまみれたヒロイン・砂原翼(23)がヒロイン。Webデザイナーとして働き、給料の大半を愛猫のためにつぎ込んで来た彼女は、不況の煽りを受けて、突如のリストラ通告を受けます。このままでは愛猫・殿が死んでしまう!(自分は結構どうでもいい)と、再就職を目指し飛び込んだのは、制服専門のデザイン会社。その面接で「デザインやってました!」と嘘をつき、見事入社を果たした翼でしたが、当然のことながら、嘘はすぐにバレ…というお話。


ジョシの制服
意識が変わる瞬間を、切り取る。


 まったくその道を志していない者が、あろうことかプロ意識の高い制作現場に飛び込んでしまい、揉まれ成長していくというコメディ。制服専門で、かなりの人気を誇るデザイン会社ながら、仕事はおろか、ファッションにも全く興味を示さない彼女がクビにならず置いて貰えたのは、このデザイン会社が少数精鋭の個人事務所だから。代表にはクビを言い渡されろうになるも、回りの人間の保護があるために、置いてもらえるという。はじめは全く興味を持てないヒロインでしたが、仕事に情熱と信念を注いでいる人見れば、自ずと自分も影響を受け、一度完成品を見れば、その素晴らしさは嫌でも伝わり感化され、次第にのめり込んでいくようになります。そのため基本はお仕事コメディのノリ。
 
 それじゃあ恋愛はどうなんですか?となるのですが、序盤はかなり薄め。しかし中盤にヒロインが家を追い出されるというハプニングが起こり、結果代表の家に転がり込むという形に。そう、同居ものですよ、同居もの。色気のないヒロイン+ふてぶてしい猫がセットになっているので、ドキドキ感は出ないわけですが、それでも一緒にいれば起こることは起こるわけで、ドタバタコメディへのネタ提供は万全。終始かけ足で進む、テンポの良い進行となっています。向上心が芽生えるまでを描くので、お仕事マンガとして捉えると肩すかしをくらうかも。それよりは、それまで一つのもの(=猫)にしか興味を示さなかったヒロインが、他人に感化されて違ったものに興味を示して行くという、一人の人間の価値観の変化を楽しむ作品として捉え楽しんだ方が、より自然と受け入れられるかと思います。しかしこの猫、「夏目友人帳」(→レビュー)のニャンコ先生よりブサイクですね。。。


【男性へのガイド】
→ジョシの制服というタイトルにもある通り、ジョシ向け色が強い作品。恋愛要素薄めも、仕事での考え方・感じ方もジョシ的で、やはり女性が読んだ方がより楽しめるのかな、という印象の強いさくひんでした。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→ヒロインの女子力は低くとも、女子力向上に寄与する要素にあふれた、ラブリーな作品。敢えて外しているような感覚も受ける、個性的なコメディでした。


作品DATA
■著者:サカモトミク
■出版社:白泉社
■レーベル:花とゆめCOMICS
■掲載誌:別冊花とゆめ
■全1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「別冊花とゆめ」コメント (0)トラックバック(1)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
カヌチ 二つの翼(限定版)
PS2版を
2011/01/10(Mon) 14:41:33 |  ゲーム攻略
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。