このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2011.02.01
1103003993.jpg中村明日美子「鉄道少女漫画」


…乗り換えませんか
こっちの電車は山に行きますけど
あっちの電車は
海に出ますよ



■鉄道をテーマにした読切り7編を収録。それでは1話目、「浪漫避行にのっとって」をご紹介。
 「高校生でスリだなんて、親が泣くよ!」   と若い駅員に説教されたのは、つい先日。手癖の悪い女子高生が新宿駅から乗り込んだのは、箱根行きのロマンスカー。いつまでも、こんなんが続くとは思っちゃいない、けれどもほら、今日もお誂え向きに居眠りをする一人の男が…。いつものようにそろりと手を伸ばすと、あれ見事に腕をキャッチされてしまった。そして命令されたのは、なぜか他の乗客へのイタズラで…?ロマンスは電車に乗って。この想いの行方は定かではないけれど。。。
 
 「呼び出し一」や「ウツボラ」、「同級生」(→レビュー)などの中村明日美子先生の描く、電車をモチーフとして取り入れた読切り集、その名も「鉄道少女漫画」。白泉社での一般向けの読切り集は、「片恋の日記少女」(→レビュー)、「曲がり角のボクら」(→レビュー)に続いて、3冊目になるでしょうか。メロディに掲載された話が2作、そして「楽園」掲載の話が4作、加えて書き下ろし1作という構成になっています。


鉄道少女漫画2
本物の鉄道だけでなく、鉄道模型がモチーフになったりも。そして抜け目なく小田急線。ほぼ全てが小田急線のお話です。


 「鉄道」という部分はもちろんのこと、「少女漫画」と銘打っているだけあって、その殆どが少女が主人公。一部主人公が男性のお話もありますが、しっかりと女の子が登場します。鉄道と少女というと、なんとなく結びつかないイメージがありますが、マニア的な見方ではなく、日々の生活に結びついた鉄道風景というものがメイン。それは通学に使う路線であったり、駅のホームであったり、線路であったり。。。とはいえ日常系の落ち着いた話かと言えばそうではなく、かなり非日常的な要素・展開を取り入れて、目まぐるしく展開が入れ替わる一風変わったストーリーの方が多い印象です(例えば先にご紹介した「浪漫避行にのっとって」も、スリの女の子が主人公という一風変わった設定)。
 
 鉄道と少女という組み合わせは、例えば以前ご紹介した「片恋の日記少女」にも描かれていて、中村明日美子先生的にはごくごく普通のテーマであったのかもしれません。個人的にお気に入りだったのは、「彼の住むイリューダ」と「立体交差の駅」。「彼の住むイリューダ」は、海外へと発つ高校生の女の子が、好きだった男の子の下駄箱に手紙を忍ばせ、一日中彼のことを駅で待ち続けるその様子を描いたお話。ただそれだけなのですが、全体通して白色メインの淡いタッチでの描写が続き、それが青春時代の眩しさや、ヒロインのイノセンスさを表しているようで、読み終わったときになんとも言えない温かさを感じることができるのですよ。最後の締めもお見事で、西村京太郎的エッセンスがスパイスとして効いているのもまた良し。


鉄道少女漫画
人物と人物の間に度々差し込まれる、鉄道風景のカット。鉄道や駅の風景を差し込むことにより、絶妙な「間」を形成。電車の過ぎる騒音と、流れる風のあとに残るのは、揺らめく髪と静寂。絵と文字を見ているだけなのに、音が聞こえ、風を感じているような、そんな気分になります。


 「立体交差の駅」は、駅で別れ話をしている一人の女性と、そんな彼女とひょんなことからやりとりをするようになった、女子高生のお話。野球少女という設定もさることながら、そのオトナの女性のお相手が女性ということで、所謂百合的要素を含んだストーリーになっています。恋愛すらも知らない少女が、女性同士の恋愛に触れて、心をざわつかせる。恋愛未満の、触れてはいけないものに触れてしまった、けれども心惹かれる、そんなヒロインの様子が素敵です。
 
 その殆どが小田急線が舞台。個人的には全く縁のなかった鉄道ですが、ロマンスカーをはじめとして、都会と田舎を結ぶ独特の風景が続く個性的な路線というイメージがあります。ちなみに旧型ロマンスカーは、私の地元の長野で「ゆけむり号」とかいう名前に変わって走っており、帰省した際にたまにその姿を見かけたりします。長野電鉄最長の4両なのですが(電鉄は基本3両か2両)、車両の先が尖っているので、4両と言えどバランスが悪く見えるという(笑)余談が長くなってしまいましたが、オススメでございます。
 
 
【男性へのガイド】
→楽園は元々男女どっち向けかわからないような雑誌ですし、全体通して読みやすいんじゃないかと思いますよ。
【私的お薦め度:☆☆☆☆☆】
→これは良かった。鉄道と少女という、ミスマッチさが逆に絶妙の味わいを。是非是非ご一読を。



作品DATA
■著者:中村明日美子
■出版社:白泉社
■レーベル:
■掲載誌:楽園 メロディ
■全1巻
■価格:714円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ白泉社コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

中村明日美子先生って、女の子描くんですね。
BL専門と思っていました。
From: 野間 * 2011/08/26 01:20 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。