このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2011.02.21
1103024972.jpgサトーユキエ「ハナミズキ」


この想いが
百年続きますように



■映画作品をコミカライズ。
 東京の大学進学を目指す紗枝と、水産高校生で一人前の漁師を目指す康平。なんの接点も持つことのなかった二人は、紗枝の大学の推薦入試の日に、同じ電車に乗り合わせたことで出会う。電車の事故で試験に遅れそうになった紗枝は、あろうことか康平に車を運転してもらい、試験会場を目指すのだが、仮免までしかもっていなかった康平は、事故を起こしてしまい…。お互いの進む道の先に、君の姿はあるのだろうか。新垣結衣×生田斗真出演の、大ヒット映画をコミカライズ!
 
 オリジナル作品の「子供だって大人になる」(→レビュー)が個人的にドツボだった、サトーユキエ先生の新作。映画が原作というところに一抹の不安を覚えつつも、サトー先生だし、一青窈のハナミズキ好きだし、新垣結衣好きだしということで(全て根拠なし)、迷わず購入しました。ハナミズキは昨年夏~秋ぐらいに上映していたような記憶があるのですが、新垣結衣さんと生田斗真くんをメインに据え、出会いから別れ、そして再び出会い進んでいくというところまでを描いた、恋愛映画の定番パターンのお話となっています。舞台となるのは、とある田舎町。帰国子女で進学校に通う、ヒロインの紗枝と、地元の水産高校で父親の後を継いで漁師になることを目指す康平が、電車事故で居合わせたところから、二人の物語は始まります。元から住む世界が違く、また進もうとしている道も異なる二人が出会い、そして愛を育む。そんな二人の進む先は、決して平坦な道ではありません。


ハナミズキ
相手のことを一番に想い、支える。たとえその先が、二人交わった道でなかったとしても。


 端的に言うのであれば、かなり展開が早い割に、奥深さがないです。次々と喜怒哀楽を脊髄反射で感じることのできるイベントを用意し、徹底的に「間」を排除、そして気がつけば、物語はラストへ。読んでいて、なんだか「恋空」みたいな感じだなぁと思っていたら、そうですこの映画、恋空スタッフが作っていたのでした。「恋空」のヒットがあった上で、同じ方法で映画を作るというのは、手法としてはきっと正解。基本的には恋空からのリピーター的な方々が観に来られると思うので、満足度もそれなりに高いのかな、という気がします。
 
 個人的には映画の原作を見たわけではないので、それとの比較で語ることはできないわけですが、マンガ作品として楽しむのであれば、あまりに忙しなかったかな、と。序盤・中盤にある、スッポリとヒロインのモノローグすらまともに登場しない状況は、「間」以前にヒロインの心情を捉えるのが難しく、記号的なわかりやすさとは裏腹に、読みにくさと違和感が若干残る形となりました。好きな人とセックスすればどんな心の傷も全回復する的な、恋空的な文脈も健在で、例えば一時は心を向けた人が死んだ傷が結構なスピードで癒えてしまったり、離婚を経て当人の傷は癒えつつも、元結婚相手についてはぶん投げでラストに突入など、腑に落ちない点も多々あり。ただそれでも、マンガや映画で観た「恋空」とは異なり、意外と最後まで苦になることもなく、むしろ部分によっては普通に感動すらできたのは、原作に大それた展開がないことや、サトーユキエ先生のマンガ向け補正によるもの(またしても根拠なし)が大きいのかな、と。とにもかくにも、サトー先生のオリジナル作品を早く読みたい!


【男性へのガイド】
→このサイトを見てるような男性は好まないのではないだろうか、とは思います。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→文中振り返れば辛口であったのですが、帯から何から、映画「ハナミズキ」原作であるということを強く謳っているのであれば、買う人は限られてくるであろうし、そういう人が読めば満足度は高いはず。何より映画は1800円ですが、こちらは400円ですし。


作品DATA
■著者:サトーユキエ
■出版社:集英社
■レーベル:りぼんマスコットコミックス
■掲載誌:クッキー
■全1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「Cookie」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。