このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2011.03.07
1103024164.jpgあき「アルオスメンテ」(1)


わたしは
お前の夢に棲む“賢者”
おまえの問をを聞こう



■皇帝に仕え、神託を受けることのできる一族の末裔である“エンジェル”ことレグナは、ある夜不吉な夢見をして目を覚ます。そこにあったのは、強い殺意。なんとかして食い止めようと、賢者の夢「アルオスメンテ」を行ったレグナは、夢で出会った賢者に、ひとつの試練を告げられる。それは、皇帝を取り巻く人物たちを、タロットカードの愚者、賢者、魔術師、女教皇、女帝、皇帝、教皇、恋人、戦車、正義、隠者にそれぞれ配置すること。すると、真実が見えてくる。華麗なる王宮に渦巻く人々の想いを描く、王宮絵巻、堂々開幕。

 「オリンポス」(→レビュー)のあき先生の新作です。前作オリンポスは、神の姿を描いた荘厳で美しい雰囲気の漂うお話でしたが、今回も神事っぽい要素を取り入れたファンタジックなお話となっております。ベースはヨーロッパ。主人公は、まだ幼き皇帝の側に仕えるレグナ。神の言葉を聞き伝えることができる「神託」を行うことができる一族の末裔で、いわば占い師のようなポジションの彼。実に真面目で聡明、周りからは「エンジェル」とまで呼ばれる彼が、ある日皇帝に対する強い殺意を映し出した夢を見、その調査に乗り出すことから始まります。夢を見たというだけで、何か確証があるわけではありません。そこで彼は、言い伝えとして聞く、賢者の夢「アルオスメンテ」を試してみることにします。そして見た夢の中、出会った賢者から告げられたのは、一つの試練。その試練をクリアしたとき、真実が見えてくる。命すら落とすかもしれないというその試練を、受けることにしたレグナは、今まで以上に皇帝を取り巻く人物たちを注意深く観察するようになるのですが…というお話。


アルオスメンテ
夢の中で出会う賢者は、自分の中にいる“賢者”の部分。とはいえかなり性格は異なり、扱いづらいところがある。


 前作「オリンポス」はわかりにくくも美しい世界観で、結構な人気を集めていたようです。年末にお世話になった「このマンガ~」でも上位にランクインしており、コアなファンの方が多いことを表していたように思います。今作も、前作のファンの方が買うのだとしたら、安心の世界観に雰囲気。ファンタジックな世界観の中、登場人物それぞれの思惑がぶつかり、やがて一つに集約されていく。またしてもあまり動きのない画ではあるのですが、華やかさと登場人物の多彩さでそれをカバー。飽きさせません。
 
 試練として課せられるのは、与えられた10枚のタロットカードに、見たい真実に絡む10人の人物をそれぞれ当て嵌めなくてはならないというもの。そのヒントはせいぜいカードの種類程度で、どう当て嵌めるかは当人次第。それが正解でないと、願いは叶わないということから、レグナはかなり慎重になります。きっと10人も当て嵌めるように人物たちを探って行ったら、自ずと犯人は見えてくる気がするのですが、それだけで落とさないような気がするのも確か。壮大に見えて、その実緻密で狭い世界で繰り広げられるこの物語。勝負はいかに登場人物たちの想いを交錯させていくかだと思うのですが、10人というのはなかなか期待を抱かせる人数ですねー。静かに美しいファンタジーがお好きな方は、是非とも。


【男性へのガイド】
→支持しているのは女性が多かった気が(女性向けなんだから当たり前か…)。華やかな登場人物たちも、男性メイン。クセのある作品ではないので、読むのに抵抗はあまりないとは思います。
【私的短評】
→安心の出来。アンテナの問題か、その雰囲気に溺れるような感覚を覚えることはないのですが、前作よりも出口がハッキリしている分、個人的には好みでございました。


作品DATA
■著者:あき
■出版社:一迅社
■レーベル:ゼロサムコミックス
■掲載誌:ZERO-SUM(連載中)
■既刊1巻
■価格:552円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ZERO-SUM」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。