このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.03.10
作品紹介→有川浩/弓きいろ「図書館戦争LOVE&WAR-」
4巻レビュー→「笠原は俺が育てた」…明らかになる堂上の想いとは《続刊レビュー》「図書館戦争LOVE&WAR」4巻
5巻レビュー→あごひげモブ郎を本気で探してみた:有川浩/弓きいろ「図書館戦争-LOVE&WAR-」
6巻レビュー→「抱っこ」に見るキャラ同士の関係性:有川浩/弓きいろ「図書館戦争 LOVE&WAR」6巻



1106004281.jpg図書館戦争LOVE&WAR 7 (花とゆめCOMICS)


アホウ
泣いてもいいんだ



■7巻発売です。
 図書館のHPに、本を毒舌レビューするコーナーが出来て話題に。「あくまで一司書の私見」という言葉を盾に、その試みは続行されるが、好きな本をこけおどしにされた郁は、憤りを隠せずに担当者に怒りをぶつけるが!?一方、手塚は、決別していた兄・慧から「会いたい」と伝えられ、久々に再会を果たすが…。そんな中、図書館内で焚書が行われているというスクープが。焚書は、図書館では絶対にあってはならないスキャンダル。そしてそれに加担した人物として、図書隊の人物の名前が挙がり…!?


~7巻は内部抗争メイン~
 さて、7巻登場です。今回はいつにも増して良かったです!物語の展開も、そして登場人物たちの行動も、全てが良かった。今回舞台を作り上げるのは、メディア良化法とその推進派との対立ではなく、図書館内部での出来事がメイン。大きな組織で、かつ公共性のある機関であればあるほどに、派閥が出来上がり内部での抗争というのも活発になってきます。図書館という機関では、政府寄りの考えである行政派と、原則に乗っ取った形で薦めたい原則派の2大派閥があり、今回郁はその派閥同士のぶつかり合いのまっただ中に放り込まれることになります。こういった動きがあるから面白い。単純に、政府対図書館というシンプルな対立構造だけでなく、内部にも敵がいるというのが、リアルさを感じさせるというか、考えながら物語を作っているのだなぁ、と。


~この頭ポンポンは反則!~
 さて、そんな派閥のぶつかり合いに、郁がどのような形で巻き込まれたかというと、図書館内での焚書が発覚した件。関わっていないにも関わらず、容疑者として名前が挙がった郁は、査問にかけられることに。その査問の内容が本当に厳しいもので、その様子は取り調べさながら。質問の節々にトラップが仕掛けられ、一つ返せば言葉尻をつかまれ悪い方向へと誘導されていく。それが2か月。聞き取りというよりはお仕置きに近い感じで、まだ2年目でしかない郁にとっては、かなりキツい過程。それでも図書隊の皆が支え励ましてくれるから、なんとか頑張って初めての査問を切り抜けることができました。もう心身はボロボロ。そんな中、堂上教官の頭ポンポンからの極めつけ…
 

図書館戦争7-1
「今優しくしちゃイヤですっ…!
 泣いちゃいそう…」

「アホウ
 泣いてもいいんだ」

 
 
 なんか知らないけど郁とオーバーラップしてすっごい泣きそうになりました(笑)ただでさえポイントの高い頭ポンポンを、最大に弱っている時に、しかも最高に頼もしい上司にされたら、そりゃあ泣きたくもなります。うれし泣きと悔し泣き、色々な感情が混ざって、止めどなく。これまでも男らしくカッコ良い堂上教官に憧れてはいましたが、今回の件でむしろ惚れるレベルにまで(笑)何度読み返しても「うああああああ」ってなりますます。


~批判的なレビューの先に~
 さて、この一件の前にあったのは、図書館による毒舌レビューの件。ここで、作品批判の是非についてあれこれと語られているのですが、私もこういったブログサイトを運営している身としては、決して他人事ではないわけで。で、その中で放たれた郁の言葉が、とても心に残ったのでした。
 

図書館戦争7-2
アンタの企画にウケてた奴らがどれだけいたか知らないけど
好きな本をあんたにけなされて傷ついた利用者も絶対いたわ!


 
 今でこそだいぶ大人しくなっていますが、運営開始当初は結構批判的なことも書いていて、今思うとちょっと良くなかったかなぁと振り返ることもしばしば。もちろん無下に貶めるのではなく、魅力的なところはちゃんと書き、また今ひとつと思ったところも、しっかりと言葉でどう思ったか=反論の余地を残すようには心がけてはいましたが、やっぱり好きなもの側からしたら、どんな形であれ、批判的な言葉やワードが残されるのってイヤなんですよね。ましてやウチのようなブログ記事の場合、辿り着くのは作品名などで検索されてきた方が殆ど。検索してくる人の大半は、その作品が好きだからこそ辿り着くわけで。もちろん批評という意味では、批判的な意見もあって然るべきですし、時に必要でもあると思うのですが、なるべくなら要らない方が良いなぁ、と思うことが多いのですよ。特にここ最近は。元々発信するだけで、その向こうにいる人のことを考える意識というのは希薄だったのですが、ここ最近多くの人にこのブログが見られるようになり、コメント欄に「なんでそんなこと言うんですか!」とか、逆に好きな作品で「今ひとつだった」とか「残念」とか「期待はずれ」なんていうコメントがしばしば残るようになって、そういったことをより強く意識するようになってきたのかもしれません。他にもOutbrain(記事の下の☆評価ツール)でも、最近は更新する度に☆一つとか投げて行く人もいたりして、都度落ち込んでいいたり(笑)先のレート付けやめます発言も、こういったことが要因の一つとなっているのは間違いなく、そういう意味でもこの措置は暖かく見守ってほしいです。
 
 さて、だいぶ話が逸れてしまいましたが、色々な意味で心に刺さった7巻。本当に大切にしたいと思います。良いお話でした。というかまだ解決してないんですが。8巻も楽しみに待ちたいと思います。ではでは…



■購入する→Amazon

カテゴリ「LaLa」コメント (9)トラックバック(0)TOP▲
コメント

いづきさん、初めまして。
ほぼ毎日お邪魔してますが(笑)
初コメントです。

海外に住んでいて、マンガを読む機会が全くないんですが、
いつも、いづきさんのレビューで日本に帰ったような気分になってます(笑)
そして日本に帰った時は、レビューを参考にしてマンガを読んでます。

色々批判的なコメントもあって、落ち込むこともあるかもしれませんが、
私のように毎回更新を楽しみにしている読者もたくさんいるはずなので、
いづきさんの思うように、やっていってくださいね。
From: ピーナッツバター * 2011/03/10 01:09 * URL * [Edit] *  top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2011/03/10 01:58 *  * [Edit] *  top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2011/03/10 12:54 *  * [Edit] *  top↑
はじめまして。ひそかにこのブログを見ていたものです。
最初私は、気になるマンガのタイトルを検索して、それでここに来ました。
持っているマンガがイマイチ的なことを書かれていて、悔しく思ったこともあります。
でも隅々まで大人の目線で読まれていて、それこそ、私が軽ーく読み飛ばしているところなんかも前に戻って読まれていたり、このブログを読んでマンガを読むと二度楽しめることに気が付きました。
だから、全然☆とか、気にしなくていいと思います!
私はこのブログを読んでマンガに対する愛を感じました!

こんなにもマンガを読みこまれる人は、そういないと思います。
マンガを批判できる(もちろん平等な目線での)勇気があるから、このブログを信用してマンガを買おうって思えるんだと思います。負けないで!!
From: たまごのしろみ * 2011/03/10 15:27 * URL * [Edit] *  top↑
はじめまして。
コメントありがとうございます!

海外にお住まいなのですね!
サイトなのだから当たり前なのですが、ワールドワイドに繋がっているということを改めて実感し、
ちょっとびっくりしています(笑)

そういったコメント頂けると、少しでも救われたような気持ちになります。
ありがとうございます。
これからも、少しでも楽しみをお届けできるよう頑張りたいと思います!
From: いづき@管理人 * 2011/03/18 00:16 * URL * [Edit] *  top↑
>ななさん
>ニコさん


非公開コメントでしたが、すごく参考になりました。
そして、励みになりました!
これからもなるべく萎縮しないよう、精一杯レビューをお届けできるよう頑張りたいと思います!

ありがとうございました!
From: いづき@管理人 * 2011/03/18 00:19 * URL * [Edit] *  top↑
ありがとうございます!
むしろコメントから、たまごのしろみさんの愛が感じられて、
涙腺が…(笑)

この記事を書いた前後は結構落ちていたのですが、
沢山のコメント頂けまして、すごく励みになりました。
一旦記事スタイルは変えますが、根幹となる部分は変えずに、
今まで通り、真面目にマンガと向き合っていこうと思います。

コメントありがとうございました!
From: いづき@管理人 * 2011/03/18 00:39 * URL * [Edit] *  top↑
私は学校に小説がやってきて(読書好きの先生が持ってきた)前から耳にははいっていたけれどなんとなく表紙とか内容にいまいち納得できず読んでいなかったんですが、アニメを見たら小説もっっ!となって1巻読み始めてたら色々調べ始めて漫画もかっっ!あるのかっ!とこれも気になり誕生日を理由に8巻すべて購入。読んだら・・・・・・・・・・・・・・堂上なんか小説より積極的!(堂上の性格結構ドストライク)ラブシーン多い。でもそれがいいんですよね^^                                                                                         長々とすみません・・・・・・・・・でも漫画を読んだ事ある人身近にいないのでここのサイト見つけたときすごく嬉しかったです。これからもコメント描くので!
From: ゆい * 2011/09/21 18:05 * URL * [Edit] *  top↑
画集が、とてもとて~~も欲しいです。家に漫画を持って帰ると、怒られてしまうんです。(妹が受験生なんで・・・)それでも、読みたいので学校の規則を破って・・・ お願いです!画集は母に怒られないので欲しいんです。ほんとうにほんとーにほしんです。お願いします!
From: 砂千 * 2012/05/11 18:11 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。