このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.04.11
作品紹介→キュートで笑えて泣ける、学園子育てスクランブル:時計野はり「学園ベビーシッターズ」1巻
2巻レビュー→かわいい!けど猪又さん成分が足りない…!:時計野はり「学園ベビーシッターズ」2巻
関連作品紹介→時計野はり「お兄ちゃんと一緒」/時計野はり「逆転ハニー」1巻



1106016274.jpg時計野はり「学園ベビーシッターズ」(3)


俺だけの
恋を知る日が
来るのかな



■3巻発売です。
 学園の保育室でベビーシッターをする竜一と幼い弟の虎太郎は、仲良し兄弟。大好きなお兄ちゃんのために、忘れていったお弁当を届けるため、はじめてのおつかいをすることになった虎太郎。なんだかんだで面倒見の良い犬山先輩は、見守りつつハラハラドキドキ!みんな助けたいけど助けちゃいけない!小さな体で大冒険の、虎太郎の運命は…!?さらに海水浴では、怖い波に立ち向かう…!?笑えて泣ける、子供と過ごす学園生活!!


~前回のフラグがですね…~
 3巻発売ですー。こっちの3巻の前に、「逆転ハニー」(→レビュー)の2巻をですね。。。なんて言っておきながら、こちらはこちらで、2巻から非常に気になっていることがありまして、それは前回の次巻予告にて描かれた、恋愛の匂い…と思ったら、あの一コマだけで、その話ではむしろ猪又さんが魅力を発揮。早々に、こんな言葉を残してくれました。竜一の、「猪又さんは好きな人っていたことある?」という質問に対し
 
 
学園ベビーシッターズ3-1
初恋まだなのですねー!!


 もうこんなこと言っちゃう猪又さんかわいすぎです。基本的にしかめっ面なのが、また素敵。そして本人はすごく気を張っていながらも、竜一に「やっぱり」とか思われちゃってるところとか、もう。この反応の仕方も面白くて、たとえば猪又さんが、ちょっとでも竜一に気があったら、照れるなり赤面するなりすると思うのですが、そういった素振りは一切見せず。また初恋がまだであるという事実に対して、「恋なんてくだらない」という反応ではなく、「初恋がまだでつまらない人間」という言葉を残しているあたり。意外と恋に恋する女の子なのかもしれません。すごくつんけんしていながら、随所にスキがある猪又さんが大好きです。
 
 さらに猪又さんのターンは終わりません。次は海水浴回。「どうせ猪又さん出てないんだろうなー。そもそも彼女の登場回めっちゃ少ないし。」とか思っていたら、大登場!しかも…
 

学園ベビーシッターズ3-2
え、スクール水着?


 女子高生ともなれば、多少の色気づきがあっても良いものなのですが、一切そんな素振りは見せず。これまたネタ的に面白いだけでなく、この行動からちょっとした考えを巡らせることができます。例えばもし少しでも、気になる男の子がこの場にいたとしたら、絶対に女子的にはスクール水着で来るなんてありえないわけで、そういった思考がはたらかなかったということは、要するにそういうことですよ…。またビキニを買ってもらって、お披露目した際、竜一に「かわいと思うよ」と言われても、基本的に顔色を変えることなく、むしろ子供に対してまんざらでない表情を見せたあたり。もう竜一とのセンは絶対になさそうだな、と思わざるを得ません(ちょっと寂しい)。でもまだ、もしかしたら…という気持ちを捨てず、根気よく応援したいと思います。


~時計野はり作品は、赤面なんですよ!~
 なんて思ったら、竜一戦線にまさかの参加者登場ですよ。それは、2巻予告にて恋の匂いを漂わせておきながら、3巻1話目でまさかの一コマだけ登場して終了という、「あなたなんだったんですかー!?」的キャラ・牛丸さん(クラスでもカワイイと評判)。竜一がお弁当を忘れたと言った刹那…
 

学園ベビーシッターズ3-3
お弁当忘れちゃったんなら
良かったら私の食べて!
(超赤面)



 なんだこの恋する女の子は…!というかすごくカワイイと同時に、驚くべきは彼女の驚異の赤面率です。彼女の登場コマ数は、3巻通して6コマしかないのですが、そのうち5回はガッツリ赤面。打率8割。以前ゴルゴ31さんの同人誌に寄稿させて頂いた際、赤面というテーマで時計野はり先生の「逆転ハニー」について言及したのですが、時計野はり先生の作品は赤面が本当にイイ!それだけで、ものすごく相手を意識している感じが伝わってきて、こちらまで赤面しそうになりながらニヤニヤできるという。彼女の登場回数は、たったの6コマだけではありましたが、その存在感は6コマどころではなく、非常に印象的なものでありました。少ないカットで、最大限のニヤニヤを。時計野はり先生の描く赤面には、そんなパワーを感じざるを得ないのですよ。

 しかしながら、赤面という意味で最後にすべて持って行ったのは、やはり彼女・猪又さんでした…
 

学園ベビーシッターズ3ー4
いえっす!(ガッツポーズで)


 このカットを見ただけて、その日の疲れが全て吹き飛んだような気がしました(笑)本当に素敵な子です。4巻以降、二人の女の子がどんな形で絡んでくるのか、すごく楽しみでございますよー。あれ、そういえば子供達について全く触れてない気が…


■購入する→Amazon

カテゴリ「LaLa」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。