このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2011.04.12
1106016509.jpg夏目ココロ「黒鉄ガール」(1)


街のみんな
きっと喜ぶよ!
私たちで夕日ヶ丘を再生しよう!



■町工場がひしめく「夕日ヶ丘市」で生まれ育ったよりこは最近、いつもアルパカを抱いているクラスメイトの峰くんと急激大接近。なにを考えているのかわからない峰くんと、自分をなぜかくっつけようとするアルパカに、よりこは困惑。軍需産業で発達した夕日ヶ丘は、戦争終結により不況になり、町工場を営むよりこの家も、経済的に厳しい状態。今はそんなことに気をとられている場合じゃないのに…。そんなおり、町工場仲間の秘密の作戦に、よりこが強力することに。その内容とは…!?

 夏目ココロ先生のARIA連載作でございます。表紙がつやつやしていて、どこかSFっぽさを漂わせる印象。その印象に違わず、内容も女性向けマンガとしては異色の内容となっておりました。物語の舞台となるのは、某所にある町工場の集まった夕日ヶ丘という市。軍需産業によって発達したこの街は、大きな兵器メーカーと、その下請けの町工場の人間が多数を占めており、終戦直後の現在は受注の激減により、経済的に非常に苦しい状況に立たされています。そしてその煽りを受けるのは、いつだって町工場の方。そんな町工場の娘であるヒロイン・よりこは、となりの席で兵器メーカーの御曹司である峰くんがアルパカを拾ってきたその日から、急激に大接近。アルパカの暴走に巻き込まれるようにして、なんでか対立しているメーカー側の人間と、付き合っているかのように思われ、クラスメイトたちから孤立。そんな中、工場も苦境に立たされ、明日にも無くなるという勢い。そんなある日、町工場仲間の打ち出したとある打開策に、よりこは乗ることにするのですが、その内容とは、工場で作っている兵器でメーカーの兵器を壊すというもの…その兵器というのが、なんとロボットなのです。
 
 
黒鉄ガール
ロボット操縦する少女漫画のヒロインってのも珍しいですが、その性格も相まって、なかなか様になっているという。


 どうも帯・表紙ではアルパカ推しな感じが強いのですが、ヒロインはロボット操縦者ということで、こちらの方がインパクト抜群。しかも相当な手練で、誰よりも上手く操縦することができます。町工場で作っているのは、ロボットの部品。よりこの工場では、最終調整的なポジションを担っているらしく、完全体のロボットが格納されているのでした。このロボットによってメーカーのロボットを破壊することで、修理費がかかり、町工場が再び潤うという作戦。
 
 物語の軸となるのは、ロボットもそうですが、どちらかというと兵器メーカーの息子で、世間知らずというよりは不思議ちゃんなイケメン・峰くんとの関係。とにかく常識が通用しない彼は、空気も読めず、アルパカと共に場を引っ掻き回すばかり。それでも根気よく向き合って行くと、彼の奥底にある陰の部分が見え隠れし、ヒロインとしても放っておけなくなって行くという形になります。しかしそもそもちゃんとした会話が成立しない時点で、前途は多難そうです(笑) 
 
 ロボットとアルパカがやがて、一つのラインに乗ってくることになるのですが、一見スムーズな流れに見えて、途中の設定はしばしば無理のあるものも散見。襲撃するロボットに関しては、一応所有者が特定されるような部品は使用しておらず、また捕まりそうになっても自爆すれば大丈夫ということで、バレることはないとのことなのですが、ロボットまでが登場する中で特定されないのは少々無理があるような気もしたり。またロボットがかなり特殊な形状をしている上、引きの絵で描かれることがないので、戦闘シーンは正直何やってるのか良くわからないです(笑)そういった粗さはあるものの、とはいえかなりのインパクトがあることは間違いなく、個人的には追いかけてみたい作品だと思いました。ロボットとアルパカって、やっぱりすごいですもの。


【男性へのガイド】
→ロボットものという括りで見ると、粗さが目立つものの、女子向けマンガでこの試みという部分をちょっと評価してほしいかな、と。ロボットと快活な少女というのも、また良いではないですか。
【感想まとめ】
→粗い。けれどもこの試みは前向きに捉えたいところです。ごちゃついているものの、しっかり整理できれば面白くなりそうで、とりあえず様子見で2巻も買いたいです。


作品DATA
■著者:夏目ココロ
■出版社:講談社
■レーベル:KC ARIA
■掲載誌:ARIA(連載中)
■既刊1巻
■価格:562円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ARIA」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。