このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.04.27
作品紹介→この町で友と会い、礼節を知り、恋を育んだ…:くらもちふさこ「花に染む」1巻
関連作品紹介→くらもちふさこ「駅から5分」



1106005355.jpgくらもちふさこ「花に染む」(2)


もう入っていけない
でも
私には まだ
この中の陽大がいる



■2巻発売です。
 「花乃は僕の親友」。花乃は、陽大のその言葉が何よりも嬉しかった。誰よりもそばにいたかった。しかし火事で家族を亡くした陽大は、心因性ショックで心神喪失状態となり、関西のケア施設へ預けられたきり、音信不通に。そしてそれに呼応するように、花乃は早気に悩まされるように…。数年後再会した陽大は、花染町でまったく新しい生活を築いていて…。この想いを、恋とよばないで   


~ついに登場!~
 2巻発売です。元々「駅から5分」の世界とリンクしているお話だったのですが、2巻にしてついにあのキャラが登場ですよ。そう、「プリンスラインな気がする…」でおなじみ(私だけ?)の、水野ローラさんです。何人か特徴的なキャラが登場した「駅から5分」ですが、その中でも格段に存在感を放っていた彼女。もう忘れようにも忘れられるわけないです。そうそう、彼女のエピソードで、陽大を振り向かせるために弓に打ち込み、謎の努力で形にしてしまうというものがあったのですが、その謎の特訓の部分がまるまる抜け落ちていたのでした。作中で語られていることは、陽大のお姉さんが何か関わっているらしいということだけ。そこに、花乃が関わっているとは。てっきり雛さんが全て教えたのだと思っていたのですが、今読み返すとこんなカットがあったために、そう思えたのかもしれません…
 
 
花に染む2-1
弓は私に習ったと彼に伝えること


 そりゃあ花乃の存在なんて、はい。しかしながら、陽大にとっては水野さんの存在は比較的どうでも良いのかな、という感じがします。水野さんはあくまでも、陽大のお姉さんである、雛さんとの関係がメイン。雛さんは、水野さんと対峙する際に、自分の鎧が脱がされていくようと語っていますが、鎧という意味では陽大の纏う鎧は雛さんの比にはならないもの。恐らくその鎧を脱がす役目を果たすのが、花乃なのではないかな、と。


~花乃が落ち着きたい場所は、どこ?~
 というわけで、花乃にはあれこれ頑張って頂きたいのですが、どうも陽大に食われ気味。そもそも彼女は、陽大とどのような関係になりたいのか、未だハッキリしません。「隣にいたい」という強い想いがあるのは確かですが、それが恋人としてなのか、友達としてなのか、はたまたライバルとしてなのか。彼女の様子を見るに、自身も未だその気持ちが判然とせずにスッキリしない感じ。陽大ラブな水野さんよりも、むしろ同性の同級生に嫉妬心を燃やすなど、結局は距離感が彼女を制しているのかな、という気がしなくもありません。そもそも彼女が見ているのは、今の陽大ではなく、過去の陽大。未だ自分の中に残る、あの時の陽大を追いかけているという印象が強いです。そこから脱却し、今の、そしてこれからの陽大と向き合えてこそ、花乃自身も前に進めるのだと思います。

 
花に染む2-2
花乃とは正反対に、迷いなく陽大へと向かう水野ローラ。


 今回の水野さんの登場により、弓道面でのプラス効果が現れましたが、それ以外にも何かしらの影響は与えそう。陽大との関係に悩みに悩む花乃とは対照的に、一直線に陽大の元へと向かう水野さん。女子力もまた対照的。多くが正反対の二人が出会った時の、人間的なケミストリーが、どのようにして起こるのか。現状「駅から5分」で窺えるのは、水野さんの容姿の変化のみ。いやいや、それだけってことはないでしょう。その裏にあったであろう、人間模様を、これからも追いかけたいと思います。


■購入する→Amazon

カテゴリ「コーラス」コメント (3)トラックバック(0)TOP▲
コメント

2巻の続きコーラス5月号で、雛と陽大の過去が花乃に対する雛の弁によって明らかになりますが、個人的にはちょっと衝撃でした。

「駅から5分」では感じなかったけど、「花に染む」での雛は、何を考えているのかわからない、悪く言えば、計算高い女性という印象、認識を持ちそうな描かれ方をしているように感じます。

「花に染む」で、陽大や雛の人物背景や過去、周囲との関係性が
少しずつ表現されてきているけど、雛と陽大の真意はどうなのか?
今後が気になりますね。。



From: candy * 2011/04/28 21:33 * URL * [Edit] *  top↑
コメントありがとうございます。
たしかに雛の印象は、「駅から5分」と「花に染む」とではだいぶ異なる気がします。
個人的には雛さんの本領発揮はこれからだと勝手に思っているので、
これから先すごく楽しみです(笑)
From: いづき@管理人 * 2011/05/20 22:30 * URL * [Edit] *  top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2012/09/21 13:27 *  * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。