このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2011.05.01
1106016546.jpg山川あいじ「やじろべえ」(1)


誠司の10年と
あたしの10年は違うと思う



■幼い頃に母親を亡くした葉瑠。それからはずっと、義理の父親である誠司と二人暮らしを続けてきた。出会った時は、まだ小学校に上がる前。でも気がつけば、葉瑠も高校受験を控えた中学3年生。そんなある日、葉瑠は誠司の祖父のお葬式に立ちあうことになる。そこで知る、実家と誠司との関係。そして同じタイミングで、いままで長く暮らしてきたアパートが取り壊されることになって…!?義理の父娘がお届けする、ほっこり同居物語。

 以前ご紹介しました、河原和音先生原作の「友だちの話」(→レビュー)にて作画を担当された、山川あいじ先生の新連載となります。巻数ついたのはこれが初めてでしょうか?これはおめでたい。というわけで、「やじろべえ」のご紹介です。別冊マーガレット連載としてはかなりの異色作と言えるでしょう。この作品で描くのは、女子中高生の青春いっぱいの恋物語ではなく、血の繋がらない義父と紡ぐ、優しき家族愛です。物語のヒロインは、中学3年生で高校受験を控えた葉瑠。母親を幼くして亡くし、今は義理の父である誠司と一緒に暮らしています。血はつながらないけど、強い絆で結ばれる二人は、お互いに周りから「親バカ」「ファザコン」と言われる程度には仲良し。楽しいことばかりではないけれど、きちんと向き合って、傷ついた時、辛いときは支え合っていけば、きっと大丈夫。そんな二人の毎日に、きっとあなたもほっこりするはずです。


やじろべえ
父だけど、呼ぶ時は名前で呼ぶ。積み重ねた10年という月日は、長いのか短いのか。10年経っても、いや10年経ち、15歳になった今だからこそ、よぎる考え、生まれる想いがある。とにかくですね、葉瑠ちゃんものすごく純粋で、もの凄く真面目なんです。すごく勇気づけられるんですよ、彼女の行動に。


 子連れの女性との再婚に、当然家族は大反対。父の誠司は、ちょくちょく実家に顔は出すものの、やや折り合いが悪い状態にあり、祖父(誠司の父)が亡くなったことでそれが表面化。また慣れ親しんだアパートも、取り壊しのために出ていかなくてはならなくなってしまいます。変化というのは突然に訪れるもの。これをきっかけとして、積み重ねてきた二人の時間と絆は、少しずつ広がりを見せ、沢山の人との繋がりを生み出していくことになります。それは、誠司の大学時代の友人であったり、葉瑠の幼なじみの男の子であったり…。ベースとなるのは、親子の関係。いつも一緒にいるし、確かに強い絆で結ばれています。けれど、ずっと一緒にいるわけではなく、お互いに違う人間関係もあるわけで。そういったお互いに重ならない部分を、どう家族との領域に持って行くか、もしくは遠ざけておくのか。重なる部分、重ならない部分、重ねたくない部分を、どう折り合いをつけて飲み込んでいくのか。そんな心の揺れ動きを、温かくも瑞々しく描き出します。 
 
 こういったシチュエーションの作品だと、例えばドラマ化した佐原ミズ先生の「マイガール」であるとか、宇仁田ゆみ先生の「うさぎドロップ」(→レビュー)などがあり、難しいテーマではあるものの割と鉄板という印象があります。ただどちらかというと育てる側メインで描かれた先の2作品とは異なり、この作品は基本的に育てられてきた側からの視点で物語が進行。しかも非常に多感な、中学3年生。いつまでも子供でいられないけれど、まだまだ甘えたい気持ちもあり、そして恋に友情にと悩みだす年頃でもあります。それらを全てひっくるめて描くのは非常に難しいことではあるのですが、山川先生はそれを敢えて削ろうとはせず、全て物語に落とし込み話を進行している感が。そのためどこか統一感のない印象はあるのですが、そのために逆に丁寧というか、「ああ、ちゃんと描こうとしているんだな」と感じられて、すごく心地が良いです。妙な違和感と心地よさが同居する、不思議な読み味。現時点では恋愛要素薄めですが、掲載誌の性格上それはありえず、これからどう発展していくのか。その展開によって、物語自体の性格も大きく変わってきそうで、非常に注目。とりあえず表紙見て気になった方は、手に取って間違いないと思いますよ、はい。


【男性へのガイド】
→これは結構読みやすいんじゃないかと思います。家族もの、だけど家族愛賛美というよりは、個々としての想いもしっかり描く感じ。でも、それが良い。
【感想まとめ】
→山川先生は恋愛よりも、友情や家族愛発進で枝葉を伸ばしていく方が得意なのでしょうか。別マという構えで読んだので少々ビックリしたものの、あっという間に引き込まれました。面白いし、楽しみ。オススメで。しかしこれ、本誌ではウケてるんでしょうかね?それが凄く気になります。


作品DATA
■著者:山川あいじ
■出版社:集英社
■レーベル:別冊マーガレットコミックス
■掲載誌:別冊マーガレット(連載中)
■既刊1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (0)トラックバック(1)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
全然なついてくれないウサギに・・
あなたに寄り添って、ゴロンと寝ている姿を想像できますか?トイレのしつけや習性や抱っこの方法など、うさぎ についての情報をたくさんお教えします。
2011/05/03(Tue) 21:14:00 |  うさぎと仲良く暮らす方法
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。