このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.05.03
m_banner.jpg



■数週間前に訪れた衝撃『「テルマエ・ロマエ」実写映画化&ルシウス役に阿部寛』のダメージさめやらぬ中、こんな形で第二波を喰らうことになろうとは。知ったのは、朝のニュース。そこには、こんな情報がありました


生田斗真&吉高由里子が映画「僕等がいた」主演に


 「僕等がいた」については当ブログでもレビューしておりますので、どうぞ → 小畑友紀「僕等がいた」。まず生田斗真さん(26)がキャストされているというだけで結構な衝撃だったのですが、内容を見てさらにドびっくり。えーとですね、何が衝撃かって、これですよ、これ。


また、矢野の幼なじみで七美の相談役になる竹内匡史を高岡蒼甫が、七美の同級生で矢野の“心の影”の理由を知る山本有里を本仮屋ユイカが演じることも合わせて発表された。


 
「へー竹内匡史を高岡蒼甫が…え?
 
 
 多分このニュースを見た少女漫画好きの人たちは、どう思ったのでしょうか。私はこう思いました「『君に届け』のキャスティングでどうこう言ってたのとか、ほんと小さーい問題だったんだな。。。」と。
 
 
 高岡蒼甫さん(ことえりで何故か一発変換)というと、御歳29歳の売れっ子俳優さん。女優・宮崎あおいさんの旦那さんとしても知られていて、最近では「ルーキーズ」などにも出演していたりします。ちなみに宮崎あおいさんというと、最近までやっていたearthのCMで、「イジメなの?」と思うほどにアイスバーンが厳しい斜面を登っていく姿が個人的に印象的でした。 
 




異様なほどのアイスバーンで、面ではなく線での接地




 ってめっちゃ脱線してしまいましたね。高岡蒼甫さんですよ。ちなみに「僕等がいた」は主人公たちが高校1年、つまり15歳の時からスタートします。要するに、29歳の方が15歳の役を務めるという、なかなかチャレンジングなキャスティングなわけでして。そもそも生田斗真さんの26歳ってのもかなりあれなのですが、そんなの気にならなくなる程度にこちらがすごい。ルーキーズの制作の段階で、「高岡蒼甫かぁ。すごいなぁ、26歳で高校生役とか。」などとものすごく他人事で眺めていたのですが、まさかこんなことになるとは(他人事には変わりないけど)。ちなみに少女漫画原作で年齢高めの人が役を務めたパターンというと、「花より男子」や「花ざかりの君たちへ」での小栗旬さんなどを思い出しますが、それでもあの時点では20代前半でしたし。やはり突き抜けています。なんて、高校生メインに見せかけた物語で、これだけ年齢高めのキャスティングを仕掛けてきたというのは、社会人編を睨んでのこと。たぶん後編になれば、だいぶ違和感はなくなるはず(と信じたい)です。


 しかしこれだけ無理目な匂いがしている中、それでも高岡蒼甫さんにこだわったってことは、それだけ竹内くんとイメージが合っていたということですよ!竹内くんというと、とにかく心優しくて、勉強ができる、早稲田卒のマッキンゼー社員。肉食系とは程遠い、草食系のヘタレ気味な青年です。ちなみにブレザーと学ランの2パターンがあるとの前情報がありますが、それは転校する矢野(生田斗真)だけ。竹内くんは学ラン一辺倒になるのですが、どんな感じになるのでしょうかねー。私の友人は「高岡蒼甫は学ラン似合うよ」と言っていたので、そこが見所になるんじゃないかなー、と睨んでいます。ちなみにWikipediaでの高岡蒼甫さんの主な出演映画作品を、書いてある通りそのまま並べてみると…
 
 
『バトル・ロワイアル』(2000年)
『青い春』(2002年)
『パッチギ!』(2005年)
『クローズZERO』(2007年・2009年)
『ROOKIES -卒業-』(2009年)



 うわぁすっごく学ランが似合いますね!
 
 
 どんな「僕等がいた」になるのか、ある意味とっても楽しみです。いや、ほんと想像つかないので、思わず見に行ってしまうかもですよ、はい。怖いもの見たさというのもありますが、未だ完結しておらず落としどころが難しそうな社会人編をどう落とすのかとか、すごく気になります。とりあえず観に行くかは、予告編などを見て決めようかな、と思います。
 
 そうそう、今ベツコミ公式サイトにてエキストラ募集しているみたいです。興味のある方はいかがでしょうか。 

カテゴリ雑記コメント (4)トラックバック(0)TOP▲
コメント

いつも、本当に楽しく拝見させていただいていますが、
今回は特に、吹き出しまくってしまいました。

色々な所でコメントが出ていますが、もう皆さん頭に血が上って・・・なおかつもう真っ白・・・状態になっているかのような人が多い中、流石です!

ワタシも楽しみにしています。
もう原作は切り離して、色々な意味で楽しめたらと、今から公開が待ち遠しくてたまらないです。

From: あい * 2011/05/03 11:31 * URL * [Edit] *  top↑
本仮屋ユイカの山本妹がどうなるのかが…
あのモッサリ感が出せるかどうか(笑)
From: ぼーちゃん * 2011/05/03 12:09 * URL * [Edit] *  top↑
コメントありがとうございます。
もうニュース聞いたとき衝撃で衝撃で(笑)
それならば思い切りネタにしようと、この記事を書きました。
批判が来そうなんて怯えていたのですが、こうして喜んでくれた方がいてすごく嬉しかったです!
From: いづき@管理人 * 2011/05/20 22:40 * URL * [Edit] *  top↑
モッサリ感はいくらでも演出できると思っているのですが(野ブタをプロデュースの堀北真希さんとか)、若さだけはどうにも(笑)
From: いづき@管理人 * 2011/05/20 22:47 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。