このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2011.05.04
1106016538.jpg佐藤ざくり「マイルノビッチ」(1)


ブスをいいわけに使うな


■まいるは、どブス。メイクやお洒落などもっての他と、モッサリ髪にダサメガネの、誰もが気味悪がる地味女。ブスに恋愛なんて、ちゃんちゃらおかしい…と思っていたら、「サボらずに掃除しているのが偉いと思って」と告白してきた男子が!?そんな…そんな…自分にも春が…と思いきや、違う形で春の訪れを迎えることになるとは、その時誰が想像したであろうか。一人の女子が生まれ変わる瞬間を、見よ!!

 「おバカちゃん、恋語りき。」(→レビュー)の佐藤ざくり先生の新作です。前作も内容を全然表していないタイトルだったのですが、今回もまただいぶ思い切ったタイトルですな。その名も「マイルノビッチ」。どんなお話かと言いますと、一人の女の子の生まれ変わり物語です。ヒロインは、地味でくらい性格でブスを自覚している女子高生・まいる。イケメンの兄から日々こき使われ、さらにその風貌から、クラスでもバカにされ、でもそれを「ブスだから仕方ない」と受け入れ生きています。そんなある日、彼女を変えるとある事件が。放課後クラスの男子から呼び出され、告白されたのです。自分に絶対そんなこと起こるはずがない…そう思い警戒したものの、優しい言葉に騙されガードを緩めた瞬間、気がつけば落とし穴の中に。そう、やっぱりイタズラでした。やっとの思いで穴から抜け出し、「好きでブスに生まれたわけじゃない!」と、怒りと哀しみに暮れ泣き叫ぶまいるでしたが、そんな彼女に、偶然通りかかった学校一のイケメン・熊田くんから「ブスを言い訳に使うな」との言葉が。その言葉に奮起を誓ったマイルは、「私、生まれ変わる!!」と高らかに宣言したのでした。。。

 生まれ変わると誓ったまいるは、近所のニューハーフのお兄ちゃんに指導をしてもらい、見違えるように生まれ変わります。兄はイケメンなので、その素養はあったのかもしれません。とはいえ中身がそう簡単に変わるはずもなく、またメイクの知識も全くナシと、学ぶことはたくさん。生まれ変わったその目的は、唯一復讐のためだけにありましたが、復讐を果てして以降は、恋をするという目標に変換。長く愉快な道のりがはじまります。


マイルノビッチ
生まれ変わりの伝道師となるのは、学校一のイケメン君。生まれ変わったこと、そしてイケメンすぎる=別人種という認識であるために、意外とすんなりと話せるように。


 見ためは変わっても、中身は変わらないので、そう簡単に上手くはいかない。けれども外見すら変わらないでいたときよりも、外見が変わってからの方が、全然自分にとって良い道が開けてる。立ち止まっているよりも、変化をして歩き出した方が、よっぽど生産的で、そして素敵な未来が待っているということを、まいる自身が身を以て示してくれているようで。そこかしこにある笑いのタネで、それらは隠されてしまうのですが、これ結構良い話なんだと思いますよ、うん。お化粧して生まれ変われるって、女子ならではの特権ですしね。お化粧しない人よりも、お化粧する人の方が、自分は好きです、はい。人と程度にはよりますけど。
 
 前作「おバカちゃん~」は圧倒的なテンポの良さで、本当に楽しませてくれたのですが、今回もテイストは違えどやっぱり上手くて面白いです。主人公はどちらかというとネクラ寄りのため、前作のようなテンポの良さはありませんが、その分スポ魂成分強めで、パワーでごりごり押していくような力強さがあり、読み応えは俄然アップ。笑いを忘れない精神も相変わらずで、終始笑って読むことができます。「ありえない」の連続なハチャメチャコメディなのですが、それをしっかり見せられるものに仕上げるその手腕は、本当に凄い。物語の土台的には、多分「高校デビュー」とさほど変わらないはずなのですが、描く人によってこうも違った物語になるのかとビックリさせられます。ここから徐々にキャラが固まり、より力強い物語になってくるかと思うと、今からワクワクです。


【男性へのガイド】
→たぶんタイトルから受ける印象ほど読みにくさはないはずですよ。恋愛よりもコメディ重視(今のところは)前作同様、タイトルで損してるこれは。
【感想まとめ】
→前作よりもテンポ抑えめにしてもなお面白いとは、恐れ入りました。ここから方向が定まってくると、俄然物語としての旨味も出てくるはず。期待です。


作品DATA
■著者:佐藤ざくり
■出版社:集英社
■レーベル:マーガレットコミックス
■掲載誌:マーガレット(連載中)
■既刊1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「マーガレット」コメント (5)トラックバック(0)TOP▲
コメント

おもしろかった!
女の子が変わっていくのがいいいですよね。
キラキラ100%とか。

タイトルは好きだけどなぁ~☆
損してるのは山川くんの顔な気がします、わたしは…。
From: ぼーちゃん * 2011/05/04 12:19 * URL * [Edit] *  top↑
マイルノビッチ 思ってたより超面白かった
4巻が発売されるの楽しみ
From: ユッキー * 2012/03/19 19:45 * URL * [Edit] *  top↑
マイルノビッチ面白いですよね!
わたしもこれを読んでいると、「お洒落ガンバロ」「恋愛」ガンバロって
おもいますよ!!
From: ~名もなきお * 2012/03/20 21:22 * URL * [Edit] *  top↑
めっちゃ大好き!
From: ~名もなきお * 2012/08/06 19:10 * URL * [Edit] *  top↑
とてもおもしろい[腟究��絖�:v-218]今まで見たマンガより[紊・��]紊・����・��[/紊・��]面白い[紊・��]紊・����・��[/紊・��][���:FF0000]��俄�������・��絖�[/���][腟究��絖�:v-20][腟究��絖�:v-238][腟究��絖�:v-254][腟究��絖�:v-10]
From: ふふ * 2012/09/18 20:50 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。