このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.05.07
作品紹介→藤村真理「少女初年学級団」
4巻レビュー→恋をして変わっていく様子が、主題なのかも 《続刊レビュー》「少女少年学級団」
5巻レビュー→心もからだも、少しずつ大人になっていく:藤村真理「少女少年学級団」5巻
6巻レビュー→段階的に成長を描くってのはすごいことなのかもしれない:藤村真理「少女少年学級団」6巻
関連作品紹介→藤村真理「学級×ヒエラルキー」



1106016545.jpg藤村真理「少女少年学級団」(7)


こんな気持ち
健兄といるときだけだよ



■7巻発売です。
 遥のピンチを救ってくれた凛。これからも野球を続けていきたい、遥は思いを新たにする。けれどもそんな中、久しぶりに再会した凛と健の間に、中学時代に果たせなかった想いが再燃しそうな気配が…?さらにそれに乗じて、ライバルを減らそうと、勇馬たち小学生男子3人は何やら企んでいるらしく、怪しい動きを…


~遥がまさかの大変身~
 7巻発売ですが、今回すごいことが起こりましたよ。まったく予想とかしていなかったので、おもわず「えええええええええ!?」と。ここにきてこんなネタを仕込むなんて、藤村先生さすがです!というわけで、何が起こったかというと、「女の子らしくしてみようかなぁ」という一言から始まった、萌香ちゃんの遥改造計画による…
 
 
少女少年学級団1-7
まさかの大変身


 別人すぎるでしょう(笑)髪の毛はウィッグを使って、スカートにリボン、よく見ると唇に艶が。グロスまで塗っちゃってます。それに単純に格好を変えているだけでなく、どこか所在なげに佇む感じが、また見ためにマッチしていて、遥っぽさが皆無という。いやぁ、すごいです。
 
 恋とはここまで女の子を変えるものなのか。1巻あたりの頃は、どちらかというと我道を行かんというタイプで、格好・人付き合いなど自分のスタイルを貫いていた遥。そんな彼女が、7巻にして「みんなオシャレをしているから、自分もした方がいいのかな?」とまで思うように。これが良いか悪いかは置いておいて、少なくとも大きく変化が見てとれるのは明らかです。以前まではむしろ男の子が羨ましいとすら思っていた遥。その変化をもたらしたのは、彼女の中の優先順位。今までは野球だった所に、恋という選択肢が生まれ、いつしかそちらのウェイトの方が大きくなってきたのではないかな、と思います。また「恋」という想いも、彼女の中でより普遍的なものとして意識されるようになってきました。そしてついに、こんなことを思うようになります。
 
 
「健兄の彼女になりたい」
 
 
 気がつけば完全な恋する女の子。そして素直です。素直になれない思春期入りたての男子たちの、あのどうしようもなさとは違いますね。けど彼らも彼らで一生懸命だったり。でも一生懸命なベクトルが違うというか…。そうそう、一生懸命と言えば、頑張って変身した遥と同じように、渡もまさかの大変身を遂げています…
 
 
少女少年学級団
正装(←正装っておかしいだろ)
 
 
 これは…ノーコメントで(笑)でも小学生でこれだけこだわりをもって服をチョイスできるってのは、結構すごいことなんじゃないかと思います。最近は町で見かける小学生の子たちもすごくオシャレですよね。自分の時は、あんなオサレな少年少女じゃなかったですよ…。


~失恋を知り、また一つ成長を重ねたのでした~
 さて、今回見所の一つとなったのは、凛と健のあの一件なのですが、とりあえず凛よく頑張った。というわけで、結果見届けるまでは静観でございます。しかし静観できずに小学生たちは動き出してしまったわけで、今回そのあおりを受けて、遥がまたひとつ痛みを知って成長を重ねました。それは、失恋を自覚し泣き出したときに、渡から言われた一言によってもたらされます。
 
「カズはふられてもちゃんと学校来た。」


 その事を改めて渡に言われ、自分のした事の罪深さを知るのでした。確かに一度はカズをふったことで、申し訳なさは感じていた遥ですが、今回の痛みはより心に刺さるものとして、降ってきました。経験したことがあるからこそわかる、痛み。逆にその痛みを知らない場合は、事の深刻さとは裏腹に無邪気に傷つけたままになってしまいます。そこが子供の怖さでもあるわけで。今回また一つ、大人になった遥が、これからどのようにして自分の気持ちと向き合い、そして答えを出していくのか、楽しみですね。そして渡はどうするんだね...


■購入する→Amazon

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (3)トラックバック(0)TOP▲
コメント

だいすきスギ                                            全巻もてるー
From: 恋する乙女 * 2011/11/20 19:46 * URL * [Edit] *  top↑
うわ~~いいですね!!

私は今日こんな漫画があることを知りました。
なんか損した気分・・・


今から調べて大人買いしようと思います。
From: 零 * 2013/01/03 15:49 * URL * [Edit] *  top↑
大好きな漫画なのに続きがでないまま新しい漫画にいっちゃってさみしいです(;_;)

もう続きはでないんですか?
From: さやか * 2013/05/12 17:22 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。