このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2011.05.24
1106025854.jpg水城せとな「脳内ポイズンベリー」(1)


ああ どうしよう
頭の中が大騒ぎだ



■櫻井いちこ(29)は、飲み会で会って以来気になっていた男子・早乙女(23)に偶然遭遇。ここで再び出会えたのは、何かの運命?それとも偶然?どちらにせよ、この状況はチャンス…声をかけたいけれど、自分のことを覚えているかわからないし…。「話かける?話しかけない?」「押してみる?引いてみる?」…いちこの脳内で繰り広げられる、めくるめく脳内会議。ポジティブ、ネガティブ、瞬間の感情に、過去の振り返り…脳内メンバーたちの会議は、やがて紛糾!!怒濤の新感覚ラブ・パニック、開幕!!

 「黒薔薇アリス」(→レビュー)、「失恋ショコラティエ」(→レビュー)などを連載している、水城せとな先生のコーラス連載作になります。3作同時連載ってことになるのでしょうか。集英社、秋田書店、小学館と3つの出版社で…と考えるとすごい。さて、そんな「脳内ポイズンベリー」ですが、先の2作とは少し異なる、ちょっと捻ったコミカルな作品となっています。物語は、三十路目前の櫻井いちこ(29)が以前飲み会で出会い気になっていた男の子・早乙女(23)に駅で偶然出会うことから始まります。彼の姿が目に入った途端、いちこの脳内では脳内会議が開始。それぞれポジティブだったりネガティブだったり、過去を引きずっていたり今しか見ていなかったり…といった、性質の異なった面々が、今この状況をどうすべきかを話合い、都度答えを出そうとしているのでした。
 

脳内ポイズンベリー
会議はいつも紛糾
ネガティブ思考の池田
ポジティブ思考の石橋
瞬間の感情に流されるハトコ
議長の吉田
そしてここには映っていないけれど、記録係の岸


 そのシチュエーションに応じて、議会のメンバーがあーでもないこーでもないと意見を戦わせるのですが、基本的にバラバラな考えの持ち主なので、いつも会議は紛糾。時には暴走して、思わぬ行動をヒロインにさせてしまったりします。イメージ的には、テレ朝の「ロンドンハーツ」のドッキリで、仕掛人の面々がモニタから支持を出す…みたいなシチュエーション。ただヒロインはそのことに自覚的でなく、基本的には脳内会議とは意識が分離した状態で物語は進んで行きます。相手にするのは、歳下でありまた不思議系な男の子。ということで、かなり扱いにくい存在で、会議のネタは尽きません。現実世界は比較的シリアスで、会議室はコメディ一辺倒という切り離し。それぞれ独立していてもそれなりに読めた作品になっていそうですが、これが二つ合わさることで、また違った味わいが生まれています。
 
 脳内会議のイメージは、比較的多くの作品で見られる題材で、さして新しいとは言えませんが、実績のある作家さんだけに、読ませる読ませる。会議のメンバーのどれもが、誰しもが持つ思考の持ち主であるだけに、どれも「そうそう、それ思うよね!」という事が多いです。どれもその思考のみをガッと伸ばしたキャラなので、基本的に発想が極端なのですが、それもまたメリハリが出て面白いです。こういうドタバタ系のお話は、大好物なので、スゴく楽しめました。
 
 物語の序盤の展開から、歳下の不思議ちゃんに頑張ってアプローチしていく引っ込み思案な三十路女の奮闘記なのかな…と思っていたのですが、物語中盤からヒロインが、「私はこんな女じゃないんです」とか言い出したり、なんだか結局どっちもすごく面倒くさい人に(笑)脳内会議の面々は噛み合ない…そして現実世界でも噛み合ない…と、俯瞰で見た時のドタバタ感がスゴいのですが、それがある意味では売りだとも思うので、私は好意的に受け取りますよ。個人的に、一番共感できるのはネガティブ思考の池田さんです。あれ、この人自分の中にもいるんじゃ…とか思ってしまいます。



【男性へのガイド】
→テンポの良さやコミカルさはプラスに作用するはず。水城せとな先生の作品はどれも男性がちょこちょこ読んでいるイメージですので、こちらも是非とも。
【感想まとめ】
→脳内会議が自覚的でない以上、落としどころはどうなるのかという部分が気になりますが、1巻すごく面白かったのでオススメで。


作品DATA
■著者:水城せとな
■出版社:集英社
■レーベル:クイーンズコミックス コーラス
■掲載誌:コーラス(連載中)
■既刊1巻
■価格:419円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「コーラス」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。