このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2011.07.27
1106016180.jpgK「八月光」


あいつが
おまえだって



■ある日突然聞かされた、母親の再婚の話。なんの相談もなく、突然告げられた話に傷ついた光哉は、自立を決意する。そんな中、写生にきていた裏山で落雷に遭い、光哉は気を失う。そして目覚めたとき、目の前にいたのは見知らぬ青年。そして彼は、自分をしばらく預かると告げた。しかもその青年の苗字は、母の再婚相手と同じもので…。

 「もういーよ」(→レビュー)のK先生の新作でございます。前作がデビュー作らしからぬ素敵な作品だったのですが、今作も負けず劣らず面白い作品になっておりますですよー。なんだか今の季節にぴったりな、タイトルと表紙。その通り、夏休みに少年の身に起きた、ちょっと不思議な出来事を、瑞々しくも温かに描いていきます。
 
 主人公は、写生が好きな中学生の光哉。母親と二人で暮らしていたある日、突然母親から再婚の話を持ち出され、「何の相談もなしか」と驚き憤慨した彼は、「一人で生きていく」と決意します。そんな中、写生のために登った小山の木の上で、落雷に遭いブラックアウト。気がついた時には、見知らぬ男の家の布団の中にいたのでした。見知らぬその若い男は、岩崎と名乗るのですが、その名前は母親から聞いた再婚相手と同じ苗字の持ち主。この男が母親の再婚相手か、と警戒心と反発心を強める光哉でしたが、「しばらく預かる」との宣言をされ、何故だか一緒に生活することになるのでした。。。


八月光
いきなりの「しばらく預かる」宣言から始まる。この相手、誰かと思ったら。。。


 どういったお話かというと、タイムリープものでございます。落雷によって飛ばされたのは、およそ15年後の未来。そこにいた若い男は、自分自身であり、向こうは気づいているのですが、自分は気づいていないという状況となっています。夏休みに、タイムリープ。もうこれだけで、「時をかける少女」とか「サマーウォーズ」とか、季節感と青春色溢れるアニメ映画の匂いを感じるわけですが、多分そういうの好きならこの作品もきっと好きなんじゃないかな、と。
 
 物語は単純に未来の自分との関わりを通して、一つの答えを得るというものではありません。中学生の主人公が変化をするにあたって、影響を与えるのは、未来の主人公の他に、あと二人ほど。一人は未来の主人公のご近所さんで、実質世話焼きをしている女子高生・記ちゃん。そしてもう一人が、記ちゃんの弟で、未来を視ることができるという特殊な能力を持つ・紀人。この物語の面白いところは、自分にこれから起こることがわかるという、未来の自分が登場するのに加え、その時点よりも先の未来を見ることができる少年がいるということ。つまるところ、いつの時代に於いても、主人公の「それから」を知る人物がいるというわけなのですが、その「未来を知っているが故の悩み」というものが、一つ大きなテーマとして描かれます。
 
 この物語では、「目の前にいる大切な人の未来を知っている」という人物が二人登場します。一人は未来の主人公、そしてもう一人は、紀人。どちらも言うか言わざるべきかを悩み、各々に答えを出すわけですが、そのアプローチが真逆であったのが、新鮮でした。もちろんその情報が、「幸福な未来」と「不幸な未来」という違いはあったにせよ、結局選び取るのは自分自身であり、そのどちらも、非常に納得のいくものでした。


八月光1
記がとにかく可愛らしい。彼女自身は何も持ち合わせていない、ごくごく普通の女の子として登場するのですが、そのナチュラルさに、皆々心癒されるのです。

 
 なんて、あれやこれやと語っておりますが、多分最終的にこの作品の魅力は、ヒロインである記ちゃんのかわいさに集約されるのだろうなぁ、と。歳の離れた男性相手に、しっかりと自分の気持ちを伝え、一度だめでも距離はおかずにまた近づく。その素直さと、心の強さに、心奪われましたよもう。登場する男3人はうだうだと悩み塞ぎ込むわけですが、記ちゃんだけはしっかりと前を向いて、辛い事があっても塞ぎ込む事なく進んでいきました。全くこんな女の子に好かれるなんて、ホント幸せ者ですよ。


【男性へのガイド】
→男の子が主人公ということもありますし、この雰囲気は男女共に楽しめるものだと思われます。K先生の前作も、男女共に評判良かったようですし。
【感想まとめ】
→2作目も面白かったです。夏にタイムリープというのは、どこかベタな感じもするのですが、それでもしっかりと話を紡ぎ、素敵な作品に仕上げてきました。説明的でない分、序盤はやや戸惑うやもしれませんが、それもまた雰囲気があって良いです、はい。


作品DATA
■著者:K
■出版社:マッグガーデン
■レーベル:ブレイドコミックアヴァルス
■掲載誌:アヴァルス
■全1巻
■価格:571円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ComicBlade avarus」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。