このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.08.01
作品紹介→海野つなみが描く、SF小公女:海野つなみ「小煌女」1巻
2巻レビュー→コマに隠された、とある工夫:海野つなみ「小煌女」2巻
3巻レビュー→原作へのアンサーとなる15話は、必読の珠玉の内容:海野つなみ「少煌女」3巻
関連作品紹介→海野つなみ「回転銀河」



1106046992.jpg海野つなみ「小煌女」(4)


ああ 彼女は今
輝くような恋をしているのね



■4巻発売です。
 亡くなったはずのトアンの王女が、社交界に現れたという噂が流れる。真相を探るべく、オナスンはサリーを同伴し、バッキンガム宮殿の王室舞踏会に向かう。一方、再びレベッカの元を訪れたシクサは、そこで意外な行動に出る。。。交錯するそれぞれの想いは、どこへ向かうのか。海野つなみ版、「SF小公女」、急転の第4巻!!


~4巻にして待ち受けていた、とんでもない恋愛展開~
もうすごいです、すごいです!本当にすごいんです!こんなにラブ・ストーリーバリバリの展開になるなんて、想像もしていなかったですよ!読みはじめた時、こんなにも心掴まれる時が来るなんて、想像もしていませんでした。前回は、レベッカとサリーを巡る、サリーの想いを浮き彫りにし、珠玉の物語に仕立て上げましたが、今度は恋で。まずは前回から想いが明らかになっていた、サリーとオナスンの二人です。

 レディに扮し、社交界デビューすることになったサリー。オナスンのエスコートの元、次々とやってくる、夢のような素敵な出来事に、彼女の幸福感とオナスンへの想いは一気に高まっていきますが、オナスンの一言によって、サリーの気持ちは落ちてしまいます。「そんなところ(彼らの星)へでも来てくれる?」、その問いに、サリーは何も答えることができませんでした。突然目の前に差し出された、一つの選択肢。ついこの間、レベッカとの身分の違いに絶望していた彼女は、それが自分の思い違いであることに気づき、そしてそこから逃げ出した自分自身に軽い失望を覚えたのでした。
 
 この繫ぎが、本当にすごいな、と。3巻であの話を描いてから、そのチャンスを目の前に差し出し、結局選び取れなかった自分を憂うような形に。ただ恋をしているだけでは、報われない恋です。そしてやがて訪れる、別れの時。その時のサリーの心情が、なんとも悲しくて


少煌女4-1
あたしは ただ
あなたのことが好きなだけ…
なんの覚悟もないあたしに
オナスンがもう一度
一緒に来てと
言うわけがないじゃない



 サリーは非常に快活な性格であるのですが、同時に自己評価の低さというのは、ずっと一貫しており、特に上流階級の人物と交わることで、その想いを浮き彫りにしてきました。今回もそう、オナスンに対しても、この運命に対しても、何も文句は言わず、ただただ自分の情けなさを呪う。真っ直ぐな彼女らしい、落ち込み方です。けれども今回は、3巻にて見せたような、底のない失望とはその性質が全く異なっていました。あの時は自分の意思ではどうすることもできない「生まれの違い」が失望の源泉となっていましたが、今回の源泉となっているのは、自分自身であり、それは自分の想いによって変えることが可能です。結果、悲しい別れをしたにも関わらず、サリーは前向きに自分を変える原動力へと、その失望を変質させたのでした。
 

少煌女4
不安だったり怖いのは
何も知らないから
だからあたしいろんなことを勉強して
もう一度彼に逢いたいんです



 勉強して、自分を変えて、もう一度あの人に会いたい。たとえ彼が会いに来てくれなくても、その努力は無駄にはならない。そういった言葉をレベッカに話す彼女を見た時に、「良い恋というのはこういうことを言うのだな」と、なんだかすごく救われたような気分になりました。



~相手を大切に想うあまり、言い出せない~
 一方静かに想いを重ねるのは、レベッカとシクサ。この二人の逢瀬はシリアスなんですが、奇妙すぎてちょっと怖いレベル。そして最後にシクサがヘタレた所とか、本当にサリーとオナスンの二人とは非常に対照的で面白かったです。その後の反応も全くもって対照的。それなりに吹っ切れたオナスンに対し、シクサは未練たらたらで、涙を流す始末。レベッカも、前向きになったサリーに対し、より孤独を恐れ将来を憂うようになります。この差は、一体なんなのでしょう。きっと様々な要因があってのことでしょうが、こうして対照的な落とし方にするところ、益々楽しみが増えました。そして海野つなみ先生のあとがきによると、5巻が最終巻とのこと。クライマックスです。3巻→4巻と全く違った方向から、しかもつながりを持って盛り上げてくれたので、5巻がどれくらい面白くなるのだろうと、今から楽しみで仕方ありません。これは是非とも、一気読みして頂きたい作品。まだ読んでいない方は、是非とも手に取ってみてください。



■購入する→Amazon

カテゴリ「Kiss」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。