このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.08.03
作品紹介→宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」
6巻レビュー→恋愛のスタンスに見る、ダイキチとコウキの強い繋がり的なもの 《続刊レビュー》宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」6巻
7巻レビュー→りんに感じた違和感と、それをも超える確かな信頼感について 《続刊レビュー》宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」7巻
8巻レビュー→家族役割から見る、りんにとってのダイキチとの関係:宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」8巻



11060472611.jpg宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」(9)


わたし
そういう人がいいの



■9巻発売、完結しました。
10年前、亡き祖父の隠し子・りんを引き取ったダイキチ。独身ながらも初の子育てに奮闘し、りんと二人三脚で、気がつけば10年の月日が流れていた。高校生になったりんは、実母・正子と再会。妹が生まれることを喜ぶりんだったが、ダイキチは相変わらず正子とは犬猿の仲。そんな日々の中、りんはダイキチへの恋心を持て余し、ついに…!?


~完結しました~
 アニメが順調に放送されている中、原作である漫画の方は完結に至りました。まさかの展開を見せた8巻から、9巻にてこういった形での完結。賛否両論あるみたいですが、これもまた、一つの形なのかもしれません。
 
 りんの恋心に関して、どう落としていくのか非常に興味があり、考えられたパターンは二つ。結局恋敗れて、次に進むか、はたまた成就して男女関係を築くか。三親等という制約がある中、後者のパターンを進むのはまずないだろうな、と思っていたら、正子さんまさかの爆弾発言ですよ…
 

「あんたの父親は宋一さんじゃないの」
「だからあんたは 自分が思う通り生きればいい」


 ええええええええ!?その手で来ましたか。。。確かに今までを振り返ってみても、りんとおじいさんの血縁関係を表す描写って、全く出て来ていないんですよね。ちょっと面影が似ているとか、そういう。そしてそのことについて、ダイキチは既に知っていたのでした。
 
 
うさぎドロップ9巻-1
遺言状に書いてあった


 遺言状が登場するのは、遡って2巻のこと。このときの遺言の文面、そしてその後のダイキチの反応を見ると、確かにりんはおじいちゃんの娘ではないことが伝わってくるような。。。ここ、徹底しておじいちゃん視点からの「娘」という表現がないっていう。


りんとその母親を大切に想う
じいさんの気持ち



 というダイキチのフレーズも、娘とパートナーというよりは、“その母親”というフレーズが入っている分、「りんとその母親」としての、ちょっと外側から見た感じの表現になっていますし。その後の、りんが苗字を鹿賀としてこだわったのも、こういう結末を考えていたから?探そうと思えばぼろぼろと出てくる、ヒント。もう一回読み返すと、その光景は全く違ったものに映ります。


~キレイに纏めたなぁ~
 最後はキレイに纏めたなぁ、と。りんの寝間着がウサギ柄だったり、この家に来た当初から、一緒に寝ていたロップイヤーのぬいぐるみも、変わらず枕元にあるし。


うさぎドロップ9-3
 枕の位置を変えてもなお、一緒に持って来たということは、未だにそれを抱いて寝てるっていうことですよ。大人になっても、そういうところは変わっていなくて、なんだか微笑ましいなぁ、と。
 
 最後のフレーズも、2巻の最後に集録されているepisode12.とかかっていて、良かったですね。「泣いてる?」→「これは汗!」と、そこからの
 


うさぎドロップ9-2
こんどダイキチがないたら私がだっこしてあげるから


 への繋ぎ。この時りんは、まだ小学1年生。そのりんが、高校を卒業する歳になって、こういった形で抱っこしてあげる(であろう)ことになるなんて。自分が想像していた結末とは少し違いましたが、これはこれで良かったのかな、という気もします。
 
 
~本音は~
 でも本音を言うと、やっぱり家族ものとして終わって欲しかったってのがあります。導入があまりに家族もののソレであったのに加えて、恋愛展開に発展してからのまとめが急で。なかなかそちらに適応できずにいる中、最後の「ダイキチのこどもを生みたい」というりんの発言は、ちょっとドびっくりだったというか、受け取りきれなかったのは事実です。自分がダイキチだったら、この言葉を聞いたら怖じ気づくというか、より慎重になるだろうなぁ、と。それと、「じゃあコウキとコウキママの存在って何だったの?」という想いもあったり。番外編が現在描かれているようですので、その辺を上手い事補足してくれるような内容だと、個人的には嬉しいかなぁ、と思います。
 
 あ、珍しくアニメも見ているのですが、面白いです!すごく良いので、是非ともチェックを!



■購入する→Amazon

カテゴリ「フィール・ヤング」コメント (4)トラックバック(0)TOP▲
コメント

7巻でれいなとしてた加齢臭のはなしが読み返すと伏線のように思えます
From: jy * 2011/08/05 09:16 * URL * [Edit] *  top↑
9巻は読みたくなかったです、こんな話になるなら。
1コマだけでサラッと流されてしまってますが、ダイキチが「聞きたくなかった、10年親として命をかけてきたんだぞ」という台詞が物凄く重い。

良い親たらん、良い保護者たらんとすることを他の全てに優先させてきた10年が崩されたダイキチの絶望感って半端じゃないと思う。
From: kaz * 2011/08/05 10:53 * URL * [Edit] *  top↑
僕は漫画を読むのが本当にきらいで
おもしろそうなアニメは全てテレビで
終わらせていましたっ。

でも、このうさぎドロップは
あまりにもいい話しで全巻買っちゃいました。

本当に面白かったし楽しませていただきました。

これからも頑張ってくださいっ。
From: ~名もなきお * 2011/08/27 11:59 * URL * [Edit] *  top↑
5巻以降は面白くなかったと思う。
途中まではそれなりに楽しめたけど8巻以降の展開にはガッカリでした。
From: 名無しさん * 2011/09/17 15:20 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。