このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.08.12
1巻レビュー→天然女子高生×極貧獣医学生×子猫3匹の同居生活:斉藤倫「僕の部屋へおいでよ」1巻
その他関連作品レビュー→*新作レビュー*斉藤倫「誓いの言葉」*新作レビュー*斉藤倫「宙返りヘヴン」恋に芸術に悩む美大生:斉藤倫「Juicy」



1106047075.jpg斉藤倫「僕の部屋へおいでよ」(2)



あたしは
必要とされるあたしに
なりたいです



■2巻発売、完結しました。
 京は、鳴沢と綺更のキスシーンを見て動揺し、熱に浮かされたまま鳴沢に告白してしまう。でも、京を背負って帰った鳴沢の答えは、「君とを勘違いしている」と、取りつくしまのないものだった。「どうしよう」。微妙な距離感を保ったままに、3匹の仔猫たちを囲む、2人の同居生活の行方は…?
 

~完結しました~
 2巻にて完結致しました。思っていたよりも早めの完結で、この作品を気に入っていた者としては、もうちょっと長く楽しみたかった想いもあるのですが、非常に気持ちの良い終わり方をしていて、スゴく良かったです。大きな物語があるわけではありませんでしたが、中心となる二人が、それぞれに自分なりの答えを出し歩き出すその姿には、非常に勇気づけられるものがありました。


~お互いに乗り越えた、心を縛るもの~
 ラストを迎えるにあたって描かれたのは、二人を縛りつける過去の出来事。二人一緒になるには、お互いにもう一歩ずつ近づく“もう一押し”が必要であったわけですが、しっかりとその過程を経てから、最後を迎えることができました。それぞれを縛るものですが、鳴沢については、獣医師の卵でありながら血を見ると卒倒してしまうということ、そして京を縛る物は…
 

僕の部屋へおいて#12441;よ2-1
おばあちゃんの前以外では
泣かないって思ってたのに

 
 
 お母さんをはじめとして、自分のまわりからいつも人が去っていくように感じていた彼女は、「笑っていれば大丈夫」と心に言い聞かせ、今の今まで生きてきました。唯一心を許し涙することができたのは、今は亡きおばあちゃんの前でだけ。そしてそんな決めごとの裏では、もちろん「必要とされない自分」というものが強く意識され、彼女の自己評価の低さへつ繋がっていきました。それは1巻でもしばしば描かれていて、こんな台詞でストレートに表れています。
 
 
僕の部屋へおいて#12441;よ2-2
あたしなんて何もできなくて
馬鹿で取り柄もなくて
誰にも必要じゃなくって……

 
 
 「誰にも必要とされない自分へのコンプレックスが」と「自分の周りから誰かが去っていくという恐怖」があるからこそ、彼女は自分がいないとダメな存在として、三匹の仔猫と、そして鳴沢さんを見つけ拾ってきたわけで、それが現在の彼女の精神的な命綱のようになっていました。それに加えて、鳴沢はことあるごとに彼女に伝えるんですよね、お前は誰にも必要とされないことなんてない、と。一度目は出会って間もなくの頃、彼はその後特に何か伝えるわけでもなく、ただ頭をぽんぽんとしてくれました。これもなかなか威力のあるものではありますが、本当に効いたのは2度目、今回改めて彼女がそのことを話した時でした。
 

僕の部屋へおいて#12441;よ2-3
あんたのそーゆー所に
驚かされて救われてた
フツーにそのままでいいよ


 
 この時の京の表情を見てもわかる通り、これで改めてガッツリです、もう。鳴沢が初めてぐらいの勢いで見せた、京への優しい言葉。普段そういうことを言わない人が、突然こういう事を言うと、その破壊力は何倍もあるように感じられますよね。自分の彼へ向かう気持ちの強さを改めて実感した彼女の心は、もう離れません。そして最後、去り際の一言で改めて。今度は「俺が保証する」とまで言いましたから、鳴沢もまた彼女へ伝える言葉をよりハッキリと、意思の強いものへと変えていきました。これもまた彼の中での変化を如実に表していて、すごく良かったなぁ、と。また京も、この言葉に依存し安心しきるのではなく、本当に必要とされる存在となるため、自らの道を歩み始めます。このわかりやすい行動と、他人に依存しきらない歩み出しが、爽やかで素敵だなぁ、と。
 
 
 さて、そんな形で京のトラウマ的な強迫観念を取り去ってくれた鳴沢ですが、彼のトラウマについても、京が言葉で救ってくれていたりします。彼がトラウマとなる一件のことを話したのは2巻に入ってからで、しかもその時には特に何も言う事がなかった京ですが、そのことに対する京の答えは、1巻の時点で既に出ていたのでした。
 

「不毛だとおもわねー?
 追っても叶わないかもしれない
 助けたい気持ちは
 そしたら後悔しないか?」



 という鳴沢の問いかけに対し、京は…
 
 
僕の部屋へおいて#12441;よ2-4
「あたしはきっと
 追わなかった事を後悔します」

  
  
 この言葉を聞いた鳴沢は、救われたような表情を見せるわけですが、ここに繋がっていたのですねー。あまり伏線というか、複雑に練っているような作品だとは思っていなかったのですが、一貫したテーマが物語の底にあり、読み返すと新たな発見があり、すごく面白かったです。
 
 完結して、改めてこの作品をオススメしたいです。ちょっと不思議ちゃんテイストの、だけど心に傷を抱えたロリ属性の京の可愛らしさ。素直になれない性格と、自分の弱さを人一倍強く自覚し落ちてしまう鳴沢の不器用さ。空気を読まずに好き勝手する仔猫達。性格悪げな一匹狼に見せて、その実人一倍寂しがりやな先輩。どの登場人物達も素敵。少しでも気になった所があったのであれば、是非とも手に取ってみてください。


■購入する→Amazon

カテゴリ「Cookie」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。