このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.08.16
作品紹介→河原和音「青空エール」
4巻レビュー→二人の行動に多大な影響を与えた部活の先輩:河原和音「青空エール」4巻
5巻レビュー→大介と同じ視点に立つ準備ができた:河原和音「青空エール」5巻
6巻レビュー→正しい自信のつけ方とは:河原和音「青空エール」6巻
関連作品紹介→最後には、あなたを想う気持ちがそこに:山川あいじ/河原和音「友だちの話」



1106047070.jpg河原和音「青空エール」(7)


次は
私たちが



■7巻発売。
 全日本吹奏楽コンクール予選に向けて、つばさたちの吹奏楽部は夏合宿に突入!だが入部して4か月経った今でも、自分に自信が持てず、合奏練習で音を出せずに吹き真似をするばかり。そんなつばさの姿を見て、水島は苛立ちを募らせキツい言葉で責める。逆にまるちゃんは、励ましてくれる。最終的に、合奏練習から外されてしまったつばさは…!?高校生活のすべてを部活に捧げる吹奏楽部員の“熱い”夏の物語!!


~熱い夏~
 今現在、甲子園では熱い試合が繰り広げられていますが、高校野球に欠かせないのが、スタンドからのブラスバンド部の応援。定番となっている曲から、最新の曲まで、毎年その内容が少しずつ変わっていくのを聞いて、時代の移り変わりを感じたりします。そんな中、タイムリーに発売された7巻。本編では、野球の応援ではなく、本人達の熱い戦いが繰り広げられます。コンクールへ向けた、最後の追い込み。そして決戦のコンクール。高校野球に巻けず劣らずの、熱い夏がそこにはありました。


~視線を向けない照れ隠し~
 さて、今回キリリとした表情で表紙を飾っている水島くん。前回はつばさに大して結構キツい言葉を投げかけたわけですが、見事につばさがそれに応えてくれたため、彼の当たりも多少柔らかくなりました。そしてその後会話するシーンがあるのですが…
 

青空エール7
こいつ人の目見て話さねーなー…


 でも他のシーンを見ると、結構ちゃんと人の目を見て話してる。というか、ズバッと言うときほど見てるというか。こういう緩めのときとか、デレる時は目を合わさないんですね。大切なコミュニケーションの時は、真剣に全力で。けれどもそれ以外の時はちょっと…となかなか不器用な一面を見せてくれて、ちょっと和んだのでした。言ってる内容はアレなのですが、その仕草がなかなか可愛らしいではないですか。


~報われるわけじゃない~
 終始全力で駆け抜ける河原和音先生の物語ですが、その中でも今回は見所として際立ったのは、コンクールでの一幕でしょう。積み重ねた努力は、決して無駄ではないけれど、必ず報われるとは限らないと、改めて強く実感させられた回。先生が、労いの言葉をかけると同時に「甘かったと思います」と声をかけたのは、この3年生の代で終わりではなく、次につなげる必要があるからでしょう。甘い言葉だけでごまかさないからこそ、この先生はここまで信頼されていて、部員達はついて来てくれるのだろうなぁ、と。
 
 しかし球技のように、点数のようにわかりやすい形で結果が残る競技でない吹奏楽というのは、結構厳しい大会なのですね。その場で即点数という形で状況が現れる野球は、負けたとしても案外すぐに納得できるものなのですが(試合内容とスコアがそのままフィードバックになる)、こちらは金賞獲得しておきながら、全国に出れないという。しかも最後の最後で発表ですから、よほどのミスをしない限り自分達の演奏には納得していて、その時までは希望を持っているわけじゃないですか。それが結果あのような形で夢破れるってのは、シビアだなぁ、と。
 
 その後の校長だか教頭の言葉もまた厳しかったですが、それもまた一つの部活の姿でもあるわけで。吹奏楽部を構成するメンバーは、その殆どが部活推薦で入ってきており、また予算も結構な額を回しているようです。吹奏楽部の部員数は100名近く、先のことを照らし合わせても、結構なお金がかかっているんですよね。それが、全国へ行けないってのは残念なことなわけで。あの言葉の内容はかなり辛辣なものではありましたが、全否定できるものでもないのですよね。しかしこれだけのプレッシャーを背負っている先生、とんでもないな。学校の期待ももちろんですし、推薦で預かった子たちを潰すなんて到底できないわけで、図太くも細やかな心を持っていないと。私にはとても無理だと、改めて思ったのでした。



■購入する→Amazon

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

私は吹奏楽や、合唱などの文化系のコンクールが好きで、実際に会場へ行くことが
あるのですが、「金賞は取ったけど、次の大会には行けない」というのは、いづきさんの
書かれているとおり、本当にシビアなことだと思います。
この巻で描かれている「何が足りなくてこういう結果に・・」というモノローグには、
共感する吹奏楽部員は多いのでは?と感じます。

この漫画を読んでいると、高校の吹奏楽部は、野球の応援の他、定期演奏会、合宿、
コンクール、(恐らくこの後描かれると思われる)文化祭、卒業式、入学式での演奏
など、本当に忙しい部活なんだなあ・・と思います。

また、この漫画のCDも買ったのですが、演奏、ブックレットともに良かったです。
From: シャドー * 2011/08/16 14:44 * URL * [Edit] *  top↑
私は元吹奏楽部なのですが、河原先生の描く吹奏楽部事情は実にリアルで、自分の体験と重なることもしばしあり、音楽の知識から、体育会系の文化部と言われる吹奏楽部ならではの人間関係あるあるから、吹奏楽を経験したことのある人ならきっと頷く箇所がたくさんあるだろうと思いました。また吹奏楽部を知らない人に知ってもらえる機会でもあるので、素晴らしいことだと思います。

それにしても、いづきさんの漫画の読み方というか、目のつけどころには毎回尊敬します。私ももっともっと深く読めるようになりたいです。

山川あいじ先生と河原先生のコラボ作品「その彼、調べます。」のレビューもかいてほしいです。お忙しいのにすいません。
From: yuki * 2013/04/06 17:18 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。