このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2011.08.28
1106057465.jpg熊岡冬夕「花君と恋する私」(1)


笑いかけられたらうれしくて
ちょっと泣きそうになる



■花君のなんてことない言葉に
いちいち胸がぎゅってなるのは、なんでなのかな   
優等生で委員長だけど、ちょっと抜けてる七世。そんな彼女が最近よくお話をするのが、暴力事件を起こして停学中の花君。最初の印象は最悪だったのに、彼の意外な落とし物を拾ってから、花君のやさしさと笑顔に気づいて…。委員長×停学男の、心にきゅんきゅん響く初恋ストーリー、はじまりです…!

 「マイヒーロー!」(→レビュー)の熊岡冬夕先生の新連載になります。前作が非常に勢いがあり面白い作品だったので、新作も期待大だったのですが、この作品も面白かったです!ということで、「花君と恋する私」のご紹介です。ヒロインは、優等生で委員長も務める秀才女子の七世。長めの髪にスラッとした見ためから、スペックの面ではかなり秀でた子ですが、どこか抜けたところがありときおりドジをしたりしています。そんな彼女のクラスで最近話題になっているのは、最近暴力事件を起こして停学となっている花君。不真面目でいつもブスっとしている彼とは、普通であれば関わることもなかったはずですが、ひょんなことから話をするように。口は悪いし、態度も悪い。けれどもある時拾った、彼の落とし物をきっかけに、七世は花君を目で追うようになっていくのでした…


花君と恋する私1
掴みどころのない花君。でも近づいて話をしてみると、意外な面が見えてくるように。


 前作は相手役がとにかくべた惚れでド直球で突っ込んで行く勢い重視のキャラが非常に魅力的でしたが、今作ではどちらかというと、相手役ではなくヒロインが素敵に映ります。成績優秀で委員長も務めていて、見ためも悪くなく告白もされちゃったりするような子。その見ためだけを拾えば、いわゆる“委員長タイプでツンケン…”みたいなイメージに辿り着くわけですが、彼女が纏う雰囲気はむしろゆったり。委員長だからといって気張ることもなく、出来る範囲で最低限のことをして、行動する際はひとつひとつ消化するように考えてから。そんな子が、恋をしてしまうわけですから、当然流れもゆったりとなります。学力は全然異なりますが纏う雰囲気は「360°マテリアル」(→レビュー)の美桜に似てるかもしれません。
 
 相手役の花君についても、暴行事件で停学というところから乱暴者の強引男子を想像するかもしれませんが、単純に不器用で想いが強い男の子ってだけ。とある女性に強い想いを寄せている純情男子で、またその想いをどうやって発露すれば良いのか全くわからずに、くすぶっているという感じです。根が優しいかは別として、非常にピュアな男の子。前作のヒーローもそうでしたが、熊岡先生は純粋な男の子を描くのが本当に上手いなぁ、と思わされます。そしてそんな彼の純情に当てられてしまったのが、ヒロイン。恋心に引っぱられて、自分まで…というシチュエーション、個人的に大好物です。ごちそうさまです。


花君と恋する私1-2
彼の存在が一旦気になると、もう無意識に目で追っている。席が自分の前ともなると、やっぱり見てしまう。

 
 基本的に花君は気怠げで無口なため、作品としての雰囲気や空気感を作り出していくようなタイプではありません。もちろん相手役として、それなりにイベントや事件は起こしてくれるのですが、いかんせん少女マンガのヒーローの不良枠の中では大人しめで、その立ち位置の割に存在薄く印象に残らないやもしれません。結果作品の空気感を作り出すのは、ヒロイン。ゆったりした性格のヒロインですから、怒濤の流れであった「マイヒーロー!」とは異なり、非常に落ち着いたペースで物語は進んでいきます。そもそも自分の恋を自覚するのに時間を要するのですが、そこでの自覚っぷりがなかなかのもので、2巻以降はちょっと加速してくる予感がしています。ヒロインはちょっと鈍感というベクトルでピュアで、逆に相手役はとにかく真っ直ぐに純情でピュア。タイプの違う二人の純粋さが混じり合って、ちょっとお兄さんにはちょっと眩し過ぎるくらいですよ(笑)

 初っぱなからヒロインではなく脇役の台詞がフィーチャーされていて、「なんでだバランス悪いなぁ」とか思っていたら、後半にあからさまに回収していたりと、その作りは粗くはなくとも特別上手いという感じは受けませんが、その分かりやすさがまた好感へと繋がっています。登場人物も必要最低限で回している分、心情描写はより細やかに。大人しくはなくとも純粋な恋模様を楽しむことのできる一作となっております。繰り返しになりますが、面白かったです。オススメです。


【男性へのガイド】
→ヒロインはかわいく、また男の子もはぐれ生徒純情派でかわゆい。私の知り合い(男)が読んでいたのですが、良かったと言っておりました。
【感想まとめ】
→こういうペースでも面白い作品を描けるのかと、いい意味で期待を裏切られてもう大満足です。楽しみな新作が登場しました。



作品DATA
■著者:熊岡冬夕
■出版社:講談社
■レーベル:KC別フレ
■掲載誌:別フレ(連載中)
■既刊1巻
■価格:419円+税


■購入する→熊岡冬夕「花君と恋する私」(1)

カテゴリ「別冊フレンド」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

男です!
このサイト役に立って毎日見てます

花君、発売日に一目ぼれで買いました
いづき様の評価が高くてなおさら嬉しかったです

これからもがんばってください!

あ、アオハライド2巻とかのレビュー期待してます
From: poncho * 2011/08/28 15:50 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。