このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.09.03
作品紹介→バイト青年×未亡人×執着霊の奇妙で純情な三角関係:河内遙「夏雪ランデブー」1巻
2巻レビュー→今年の新作のイチオシは、やっぱりコレ:河内遙「夏雪ランデブー」2巻
関連作品レビュー→「真空片戀パック」「へび苺の缶詰」「ラブメイク」




1106057350.jpg河内遙「夏雪ランデブー」(3)


多分ぼく以外は全て正しい


■3巻発売です。
 葉月から体を狩りた島尾は、最愛の妻・六花と生身での再会を果たす。しかし六花は中身が亡き夫とも知らず、葉月の想いに向き合おうとしていた。歯がゆい心を抱えた、島尾の往生際とは…!?低温一途青年×さっぱり未亡人×草食系執着霊による純情三角関係…に異変あり!?
 

~この物語の行きつく先は~
 3巻発売しております。3巻は島尾が葉月の体を借りてからのお話。すんなりと戻るかと思いきや、ずっとずっと戻らぬまま。島尾は自らの想いをどうにかして消化(昇華?)させようとあがき、一方で未だ晴れぬ気持ちに戸惑っています。それに対し、葉月は島尾が作り出した物語の中を彷徨い続け、そこにいる店長の姿をしたお姫さまとの対話を通して、自分の身の振りを考えているのでした。葉月自身はどう思っているのかはわかりませんが、葉月があの世界に留まれば留まるほどに、明らかになる島尾の想いと店長との過去。島尾と葉月の行動から見るに、一度の憑依で全てを片付ける線が濃いのですかね。たびたび入れ替わって…なんて思っていたのですが、これだけ長期間時間を与えられるからこそ、消化できる想いというのもあるのかもしれません。というか、作中で葉月が迷い込んでいる物語が完結したら、この物語も終わりを告げるのでしょう。
 

 
夏雪ランテ#12441;フ#12441;ー3-1
 この物語はまだ未完。そもそも終わりがあるものなのかもわかりませんが、終わらなかったからこそ島尾はこの世に留まってしまったのかな、という気もします。未練を残すの直接的な原因になったであろう、スケッチブックの最後の言葉。物語は、あの言葉のまま止まってしまっています。そして島尾の時間も。動きたくとも動けない、未だ追いかけているのは、物語の中の店長像なのかもしれません。
 
 あの物語の厄介なところは、問いかけで終わらせながらも捨て置いたメッセージを、あろうことか彼女に見つけられ無理矢理物語に組み込まれてしまったこと。しかもその先を決定付ける要素として、その問いかけへの店長の返答というものが絡んでくるわけで。そこがこの物語を形作り面白くしているとも言えますが、当事者たちは大変だろうなぁ(笑)
 
 さてメッセージである骨を食べるくだりのモチーフとなったのが、店長が小さな頃に聞いた「木を愛した女」の話。愛する木のために、腐った木の根を食べて、自分が病気になり死んでしまう女、そして生き延びる木。木はそのまま島尾に置き換えられ、島尾からしたら女は店長であったはず。物語の中で大きな意味を持つという、あの逆さの鉢に飛び込んだとき、



夏雪ランテ#12441;フ#12441;ー3-2
 店長の姿をしたお姫さまは「お葬式」の最中でした。傍らには毒リンゴが。毒を食べて死ぬというのは、白雪姫だけではなく先の物語の女も一緒。冗談めかして言っていたとはいえ、基本的なモチーフは島尾が描いたものが中心ですから、島尾の想いが強く反映されていたのではないかと思えたのでした。
 

 で「店長は骨を食べたのか」というところが気になる所ですが、多分食べてはいないんでしょう。木の一部を食べた女は死んでしまいましたが、店長は生きています。逆に生き長らえた木とは異なり、島尾は死んでしまいました。食べたからといって助かるわけはないですが、食べるほどに愛していたのであれば、離別の哀しさから、、、ということも考えられなくはないわけで。
 
 では骨は?という疑問。なんだか流れ的に、夏雪草の鉢植えの中に骨があるんじゃないかって気がしてならないのですよ。骨=墓とか安直ですか、そうですか。俗説として「遺骨を分けると成仏できない」なんてものがあったりして、幽霊として現れたのはそういうのも関係しているんじゃないかなー、とかすごく適当に考えています。そんな予想はさておき、続きが非常に楽しみです。どうだろう、物語のピッチ的には次回あたりでラストもありえるのでしょうかね。

 
 「問題は、物語の主人公は誰かということよ」
 
 
 島尾のスケッチブックでの主人公は、自分の中では店長さん。だって絵本では、お姫さまが主人公で王子様が相手役っていうのがセオリーでしょう?島尾は少女趣味ですし、幸せになるのはきっと店長。そして視点を引いて、この物語そのものの主人公は、葉月。彼もまた、店長の言葉によって幸せが約束されているんじゃないかな、と思ってみたり。そうなると気になるのは、俄然島尾なわけですよ。「自分以外みんな正しい」と自覚している彼が、その実物語の行方を決定付ける一番の存在である彼が、どのような結末に行きつき、どのような顔をするのか。そればかりが気になります。
 
 

■購入する→河内遙「夏雪ランデブー」(3)

カテゴリ「フィール・ヤング」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。