このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.09.10
作品紹介はこちら→遊知やよみ「これは恋です」
3巻レビュー→変人・辺名の重要な役割 《続刊レビュー》 「これは恋です」3巻
4巻レビュー→なんというもどかしさ…:遊知やよみ「これは恋です」4巻
5巻レビュー→急転直下の大盛り上がり:遊知やよみ「これは恋です」5巻




1106057574.jpg遊知やよみ「これは恋です」(6)


笑った
絶対に俺の夢だ



■6巻発売です。
 両想いになったのに、浮かない表情の綾に不安を覚える伽良。梨花の過去を知り、綾の暗い表情の理由がわかった伽良が2人の想いを守るため、選んだ道は意外にも…。想いが通じ合い、新しい恋の形へ踏み出そうとしている2人。思いやりが、一歩踏み出すことをためらわせる…


~結ばれた後の6巻~
 6巻発売でございます。前回めでたく想いが通じ合った二人。そこで切っても良いのですが、それだけじゃお腹がすくわということで、引き続き二人の姿が物語では描かれます。想いは通じ合ったとはいえ、二人はあくまで教師と生徒。決してゆるされる関係ではなく、また二人の想いもお互いに確たる言葉でその絆を確認しあったわけではありませんでした。もしかしたら、一夜限りのきまぐれだったのかもしれない。。。なんてところまでは思わないにしても、その事実を確信に変えるのは厳しかったのかもしれません。信じきることができなかったのは、意外にも伽良の方でした。まさかの「記憶にございません」作戦。それでも綾の言葉によって、その想いを再確認。そしてこんな素敵な、そしてなかなかに厳しい言葉を放つのでした
 
 
これは恋て#12441;す6-1
私が卒業するまで誰も好きにならないで
絶対に



 これめっちゃかわいく映るわけですけど、そんな言葉ににんまりする綾のその笑顔は、大人の包容力からではなく、絶対にドMだからだと思うんですよね(唐突に)。結構綾って苦労体質じゃないですか?というか、自ら苦労を背負いにいっているような感すらあるのですが。でもそれがなんだか嫌そうじゃない所、ね。こういう言葉って、Mっ気のある人だったらばもうすごく響く言葉なんじゃないかと思うんですよね。広義の束縛。特に愛のある束縛にほど、従順であるので。初期の頃からなんとなく窺わせてはいましたが、これ力関係では完全に伽良の方がイニシアチブ握る側ですよね。将来が楽しみです。


~こんなこと思ってみたい(笑)~
 さて、さっきの言葉もなかなか素敵だったのですが、今回最も破壊力抜群であったのは、他でもない綾のうぬぼれ発言でした。もうその言葉が本当に本当に幸せに溢れていて、読んでいてその台詞が出てきた途端「おおおおおおぉ~、言ってみてぇ。。。。」ってなりました(笑)それは夜の教室でのこと(てか前回もそうだし、日が落ちてからの教室でのラブイベント発生率ハンパないな…)、バレンタインなのになんだかギクシャクして少々気落ちする綾を待っていたのは、教室で眠る伽良(真冬の教室とか絶対寒い)の姿。もう何度も見た、彼女の寝顔。けれども今日見る彼女の顔は、今までとは違います。想い通じた相手の、その寝顔。本当に幸せそうに眠る彼女の表情を見て、綾は
 

笑った
絶対に俺の夢だ



 お前何言ってんだー!(赤面)。でも絶対にそうなんでしょうね、でしょうね。もうこの瞬間メチャクチャテンションあがりました(笑)これは言ってみたいというか、思ってみたいことですよ。そんな相手がいるって、本当に幸せなことですよね。


~出した答えと、思わぬ展開「え、終わりじゃないの!?」~
 さて、高校生活の残りどのように過ごすのか、ほぼほぼ答えを出した二人。このまま一気に高校卒業のシーンまで飛んで、めでたく完結…かと思いきや、そうは行きませんでした。正直このあたりで切るのが一番形として綺麗な気がしていたのですよ。前向きな二人と、その後。花巻先生と辺名との間に、仄かに恋の匂いを残しつつ、余韻を持って…なんて。ところがどっこい、こんなことが
 


これは恋て#12441;す⑥-2
まさかの辺名先生に…


 さすがにそれはないとは思いますが、思わぬ方向に転がりはじめましたよこれは(笑)全く想像のつかない展開ですので、別の意味で続きが楽しみになってきました。たぶん長引く分、伽良も綾も苦労するのでしょうが、それを乗り越えてこそ見えてくる景色というのもあるのでしょうから、頑張って欲しいですね。


■購入する→Amazon

カテゴリ「Cookie」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。