このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2011.09.11
1106057552.jpg森下suu「まだ天の川にいけない」


こんなんじゃ
時々じゃ済まないくらい
泣くだろうな



■初恋の香り立つ4つの物語を収録。それでは表題作をご紹介。
 1年に1度、きらはこっちに親戚の家に遊びにくる。完全にアホだった小学校時代、まだまだバカしてた中学校時代、とにかく楽しかった思い出ばかり。笑顔で見送ったその夏はじめて、切なくなった。会いたくて、会いたくて、待ちに待った1年後、きらと再会を果たすけれど…

 本日ご紹介するのも新人さんの作品でございます。先月からフェアを打っている集英社の新人特集でございます。こちらもまたズルい帯で、パッと見葉月めぐみ先生の作品のように見えるという(笑)なんとも幻想的な雰囲気を匂わせる表紙と、裏表紙はポップにかわいらしいキャラクター達が。タイトルとその表紙から、ファンタジーかと思いきやそういった作品は皆無。基本的に現実ベースの、少年少女の恋模様を描いていきます。
 
 それでは収録されている物語を少しずつご紹介。表題作については冒頭にてご紹介していますので、その他を。まず「10年の雨」は、幼い頃は仲良く一緒に帰っていたのに、中学生になり相手を意識するあまり、ギクシャクしている幼なじみを描いたお話。相手を意識しているのはヒロインの方で、相手役はそうではないご様子。その歳の子らしい、いっぱいいっぱいながらも真っ直ぐに自分の気持ちと相手の気持ちを捉える様子が、非常に瑞々しい作品です。個人的にはこれが一番お気に入りでしょうか。これといって捻った話ではないのですが、シンプルに攻めるからこそ素材の味がわかりやすいと言いますか、すごく良かったです。


また#12441;天の川にいけない
「10年の雨」より。その時、その瞬間の想いを、瑞々しく切り取る。


 「恋に一番近い島」は読切りではなくシリーズもの。離島で暮らす元気一杯の女の子がヒロイン。この島にいたら恋なんてできないんじゃないか…と危機感を募らせたその直後、家の民宿にバイトとして本土からイケメンの青年がやってきて恋に落ちるというお話。こちらも「恋心」という自分の気持ちを持て余し、どう行動してよいのかわからずに戸惑い、それでも持ち前の若さで突っ走るというような、非常にキラキラとエネルギッシュに輝くお話になっています。
 
 最後は「背中わって恋をする」。男性にとにかく免疫がないヒロインは、バイトとしてやっている着ぐるみを介してやっと男の人と話せるというようなレベル。そんな彼女に、同じバイト先で働く男の子が恋をし、猛アタックをかけるというお話。こちらは一転受け身一辺倒なお話なのですが、対して男子が活発であり、組み合わせの基本スタイルを再確認できるような造りになっています。
 
 どのお話もはじめての恋を瑞々しく切り取ったお話となっており、マーガレットっぽくないかな、、、なんて思っていたら、イメージ的にすごくしっくり来る漫画家さんがマーガレットにおりました。それが、「僕らはいつも」(→レビュー)の藤宮あゆ先生。そもそもの絵のタッチ(人物のタッチはむしろ咲坂伊緒先生っぽいか)であるとか、デフォルメのキャラ描写、ギャグを入れるタイミング等、なんとなく似ている感があります。こういう系統のお話はマーガレットではむしろ王道ではないような気はするのですが、既に成功しているロールモデルがいる中で、安定して質の良い物語を描けている現状、受け入れられる下地は大きいのではないかな、と思います。
 
 個人的にもこういう作風は大好き。基本的に恋愛に全てを傾け、現実的に…と回すタイプであると思いますので、物語の深さがキャラの仄暗い背景を強化するような方向に転がると途端にドロドロになりそうではありますが、逆にポジティブ面を強化するように働くのであれば、非常に読み心地は良いのです。今回の作品は読切り中心ということもあって、全てポジティブな面に反映されているような形。新人さんということで、多少の垢抜けなさはあるものの、これだけコンスタントに面白い物語を描けるというのはすごいことだと思います。ちょっとこの先も、名前を覚えておきたい漫画家さんです。


【男性へのガイド】
→学生さんの恋愛メインの物語集、ということで王道少女漫画集でございます。そういうのが好きだという方は。
【感想まとめ】
→オススメしても良いくらい。なんか久々に少女マンガらしい少女マンガの詰め合わせを読んだ気がします。



作品DATA
■著者:森下suu
■出版社:集英社
■レーベル:マーガレットコミックス
■掲載誌:マーガレット
■全1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「マーガレット」コメント (3)トラックバック(0)TOP▲
コメント

30代男ですが、読んでも大丈夫ですかね…。
From: 30代独身男性 * 2011/09/11 02:12 * URL * [Edit] *  top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2011/10/30 20:17 *  * [Edit] *  top↑
読めます
エロいのないですから
普通の少女漫画ですし
From: マーガレット大好き * 2011/12/28 23:37 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。