このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.10.02
作品紹介→鈴木ジュリエッタ「神様はじめました」
4巻レビュー→花ゆめで今一番ラブでコメしてるのはこの作品に違いない《続刊レビュー》「神様はじめました」4巻
5巻レビュー→天狗の鞍馬はいらない子じゃなかった!《続刊レビュー》鈴木ジュリエッタ「神様はじめました」5巻
6巻レビュー→神様ではなく、あくまで女の子として:鈴木ジュリエッタ「神様はじめました」6巻
7巻レビュー→求める裏にある、奈々生の悲観的な未来観測:鈴木ジュリエッタ「神様はじめました」7巻
8巻レビュー→ただただ純粋に想い続ける姿が、本当にかわいい:鈴木ジュリエッタ「神様はじめました」8巻
9巻レビュー→隠しきれない喜び方にニヤニヤ:鈴木ジュリエッタ「神様はじめました」9巻




1106069818.jpg鈴木ジュリエッタ「神様はじめました」(10)


巴衛の背中が温かくて気持ちよくて
なんだか幸せな気分になった



■10巻発売しました。
 天狗の里で跡目争いに巻き込まれた奈々生たち。鞍馬の父・僧正坊に霊薬である桃丹を渡すため、協力な結界に包まれた本家道場内へ潜入を試みる!その作戦前夜、巴衛と奈々生が相部屋でお泊まりすることになり、まさかのドキドキ急接近!?

 
~一つの視点からしか見れない巴衛~
 10巻の大台に乗りました。ここまで続くなんて…というくだりは毎回書いている気がするので今回はさすがに割愛ですよ。でもやっぱりここまで続くなんて、嬉しい限りです。というわけで前巻から続く、天狗のお山編(勝手に名付けた)が一件落着しました。
 
 さてさて、今回はなぜだかモテモテであった奈々生。一方通行の巴衛への愛情ばかりが描かれていた彼女ですが、今回独り相撲感が強まったのは、奈々生ではなくむしろ巴衛の方でした。もうしっかりと、自分の中に芽生えた想いを自覚しているというのに、素直になれないあまのじゃく。奈々生と対峙すると、どうしても意地悪で興味無さげなことを言ってしまうのです。ここで不思議なのが、なんでここまで巴衛が奈々生に好きだと言えないのか。別に相手の気持ちが分かっていないわけではありません。今までも、そして今回も、イヤと言うほどに奈々生の好きだという気持ちはは巴衛に伝わっています。意地悪なことを言われれば…
 
 

神様はし#12441;めました10-1
こんなにだってしょげるし、ハプニングから酔っぱらっていつも以上に素直になれば、



神様はし#12441;めました10-2
好きだってちゃんと伝える。

 
 この素直さ、巴衛とは正反対です。もう何度となく同じことばっかり書いているのですが、これだけ自分の「好き」という気持ちに素直になって、そのまま言葉に出せるヒロインの素敵なこと素敵なこと。白泉社花とゆめには、やっぱりあんまりいないタイプのヒロインさんなんですよ。良い意味で恋愛体質というか、恋愛に置くウェイトが大きくて、かつ明るく積極的。思考はちょっとネガティブだけど…あ、多少の諦めがこれほどまでに積極的にさせているってのもちょっとはあるのかもしれませんね。振られた前提で「好きだ」と言うのは、すごく楽ですから。これがこれから、不意に巴衛がまんざらでもない態度見せたら、逆にすごくどぎまぎしそう。でも根がポジティブでちょっと考えない子ってイメージなので、すぐに好かれてる前提にシフトして、暴走→うざがられる→ショボン…ってパターンを辿りそうです。
 
 そんなわけで、立場的には非常に優位にいるはずの巴衛、もう巴衛が言っちゃえば全部終われるのに、そうしないのは編集部的な事情…ではなく、巴衛自身にあります、多分。今回彼の、奈々生にとっての自分、奈々生に対する自分についての認識が明らかになるのですがそれが意外で。
 

神様はし#12441;めました10-3
黙って俺に守られていればいいのに…
俺がしてやれることは
それしかないのだから



 「自分にしてやれることは、守ることしかない」…神遣である以上、神様のためになること=守ることという発想に辿りつくのは当然のことなのですが、これが結果的に彼の首を絞めているのでした。奈々生は守って欲しいなんてことは言っておらず、どちらかというと欲求は「触れて欲しい」とか「好きになって欲しい」とか。でも巴衛は、未だそこへ行けずに「守る」という所にこだわったまま。だからこそ、他の神遣が現れれば全力で不機嫌になりますし、守れなかったらとことん落ち込む。今回の天狗のお山では、巴衛自身が奈々生を「守る」ことは殆どできず、天狗の二郎の前に力の差を見せつけられることに。奈々生の思うようにして欲しいと思っているにも関わらず、彼女自身が最も望む巴衛との幸せな結末へと一歩踏み出すことができないのは、全て「守る」という価値観で物事を捉えているからかもしれません。変わるべきは、巴衛。11巻以降、意識の変化が現れることを期待したいと思います。


■購入する→Amazon

カテゴリ「花とゆめ」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

こんにちは。
いつも面白いレビューありがとうございます。
花とゆめ本誌で読んでいるのですが、
天狗のお山編は読んだ時から、いづきさんのレビューが楽しみでしかたがなかったです。
(私はただによによしながら読むだけで、分析はできなかったのですが^^;)
これからも色んな作品のレビュー、楽しみにしています。
あ、でも無理はしないでくださいね。
では、失礼します。
(お忙しいようなので、お返事は不要です)
From: わきょ * 2011/10/02 11:24 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。