このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2011.10.18
1106079530.jpg遠山えま「GDGD-DOGS」(1)


こいつら究極にうざいわー


■大学でもマンガ科が設立される昨今、ついに高校にもマンガ家コースが誕生。そんなときわ高校マンガ家コースに入学したのは、既にプロデビューを果たしている現役少女漫画家の手塚神奈。このコースなら、思う存分漫画に打ち込める…!と思って入学したは良いものの、生徒のやる気はまるでナシ、コースのカリキュラムもメチャクチャ…挙げ句漫画家に夢見るイケメンだけどアホな3人組の男子に信奉されて…!?

 遠山えま先生のARIA連載作でございます。遠山せま先生って一体どれだけの雑誌で描いてらっしゃるんでしょ…何気にすごい執筆ペースですよ。というわけで、今回の作品は昨今話題にもなっていた「漫画家マンガ」でございます。現役の少女漫画家が、執筆活動に打ち込むために新設された漫画家コースに入学するけれど、カリキュラムはまるでだめで、生徒達のやる気はまるでなし。それでも放っておいてくれれば、仕事進められるからこの状況はウェルカム…!と思っていたら、大の苦手な三次元イケメン3人組(しかもすげーアホ)にプロの漫画家だとバレてしまい、漫画指導をさせられることに。けれどもこいつら、マジで漫画描かねぇ…!というギャグテイストの強い作品でございます。


GDGD-DOGS.jpg
ヒロインの神奈は前髪厚めの地味女子。でもふと見せる瞳がかわいかったり。基本的には暗いオタク系の気質の持ち主でございます。


 ARIAのギャグ枠というと先日ご紹介した「ケモノキングダム-ZOO-」(→レビュー)があるわけですが、こちらはショートページで展開するアホ学園モノ。ちゃんと毛色は違えてあります。表紙のデザインとか、ヒロインが人付き合いの苦手なプロの物書きということで、「わたしの××しなさい!」(→レビュー)の焼き直しじゃん…なんて先入観があったので、読んでみて驚き。遠山先生ほんと引き出し多いなぁ。
 
 ヒロインは唯一の真人間で、当然のことながらツッコミ役に。真人間といっても彼女自身かなり歪んだ性格の持ち主であり、イメージ的にはネットの情報・ネットのノリに浸食されている人という感じ。ネットスラングは割と当たり前に登場しますし、イケメンやリア充は爆発しろというスタンスの持ち主。もちろん賢くない人は嫌い。というわけで、彼女の目の前に現れた3人組は、強引でイケメンでアホという彼女の苦手な要素を全て持ち合わせているという。逆ハーレムからのトキメキ展開なんてものは一切なく、ただただ3人の残念なイケメンに突っ込みまくるという形でお話は巡っていきます(進んでないので堂々巡り感アリ…それこそがGDGDなのですよ)
 
 イケメン3人組の構成としては、頭の軽いチャラい系のアホに、フェミニンな不思議ちゃん系のアホ、そして一見まともに見えるもその実歪んだド変態の眼鏡系アホと、選り取りみどり。漫画家を目指すというよりは、漫画家に夢見る状態で、実際に手を動かすことはあまりありません。基本はテンションの高いトークを展開。「新人賞の賞金100万円獲ったらどうする?」とか、「センスの良いペンネームでも考えるか…」とか「漫画家になればバレンタインチョコトラック単位で来るらしいよ?」とか、「とりあえず漫画を知るためにマンガ喫茶行くか…」など、本当にどうでも良い話題で激論を交わすのです。そして心でそこにツッコミを入れる、ヒロイン。ARIAという掲載誌ながら、多分作品のイメージとして一番近いのは、石原まこちん先生の「THE 3名様」。そこにテンションとイケメンと、心でのツッコミ役を投入し、ちょっと違ったテイストのギャグ漫画に仕上げていると言う感じでしょうか。


GDGD-DOGS1-1.jpg
努力はしない、話はする。そして話は膨らむばかり。。。力にはならない、結果邪魔になる。この前向きなウザさこそが持ち味なのです。挽回一切なしっていう清々しさがまた。。。


 あくまで漫画家マンガということで、漫画家あるあるネタとかもやっぱり用意してます。ヒロインは人気作家というわけではなく、掲載誌の人気最底辺をうろうろ。打ち切り回避と現状打開策の思案に苦しんでいる感じ。ゆえにネガティブネタが多いのですが、それもまた面白いです。遠山えま先生自身の作家像というものが落とし込まれているかはわかりませんが、多少なりともこういうこと考えているのだなぁと思うと、ホント大変なのだな、と改めて思うというか。とはいえこちらの作品は、割と自由に描いている印象ではありますが。


【男性へのガイド】
→残念なイケメンが本当に残念なのですが、残念じゃないイケメンより愛着湧きませんか?私はむしろすごくむかつk(自主規制)遠山えま先生ですから、基本男性も読みやすい絵柄、展開かと思っています。
【感想まとめ】
→「こいつら究極にうざいわー」というヒロインの言葉、もうそれにつきます。こういう系のネタも描ける引き出しの多さに驚き。気楽に楽しく、ささっと読むことができました。


■作者他作品レビュー
神さまは髪の中から現れる…:遠山えま「かみかみかえし」1巻


作品DATA
■著者:遠山えま
■出版社:講談社
■レーベル:ARIA
■掲載誌:ARIA(連載中)
■既刊1巻
■価格:562円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ARIA」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

この三人組、ヤングアニマル連載えりちん先生の「描かないマンガ家」の
主人公の遺伝子をものすごく受け継いでるなぁ
From: 名無しさん * 2011/10/19 00:05 * URL * [Edit] *  top↑
はじめまして。

いきなりですが、6行目の遠山えま先生の名前が「遠山せま」になってます!!
From: うらら * 2013/08/04 20:18 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。