このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] 2009.03.16
chihayahuru.jpg末次由紀「ちはやふる」


お姉ちゃんごめん
あたし
やりたいことがある



■4巻発売しました。
 小学校6年生の千早は、モデルをしているお姉ちゃんが大好きで、お姉ちゃんが日本一になることが夢。そんな千早はある日、福井からやってきた転校生の新と仲良くなる。大人しくて無口、学校でも避けられ気味の彼だったが、意外な特技を持っていた。小倉百人一首競技かるた。ひまつぶしのトランプや、ボードゲームみたいなもの…かるたにそんなイメージを持っていた千早だったが、新のかるたを払うスピード、真剣さ、そして迫力に圧倒される。あっという間に夢中になった彼女は、競技かるたの道を歩み始めた   

 競技かるたに打ち込む少年少女を描いた、青春ストーリーです。新は各学年で全国優勝しているかるたのエリート。そんな彼と出会うことで、かるたの道を歩み始める千早。単純にかるたの魅力に惹かれ始めた千早ですが、そこで意外な才能を見せます。反応の早さ。それは全国一の腕をもつ新をも驚かせるほどでした。やがて千早は、メキメキ実力を上げていきます。


ちはやふる
まぎれもなく"ゾーン"。やはりかるたはスポーツかと。

 
 題材はかるたですが、青春スポーツマンガっていうジャンルが一番しっくり来る気が。ここから得られる感動や興奮は、まさにスポーツ漫画のソレ。かるたに傾ける情熱が、ストレートに伝わってきて、とにかくアツい。ここまで真っ直ぐに、打込むモノへの真剣さや情熱を描き出すのは、少女マンガというよりはむしろ少年マンガ的と言えるかもしれません。ただそれだけでなく、人の心の動きもしっかり描き出しているので、単調になることもありません。山手線の中で読んでいて、思わず泣きそうになったのは良い思い出です(笑)
 
 作者さんの他作品のレビュー(→末次由紀「ハルコイ」)でも触れましたが、トレース発覚前後では作品の出来が雲泥の差。売れっ子だったとはいえ、なぜあそこまで講談社がサポートするのか不思議に思っていたのですが、結果的にそれが大正解。まさかここまでの作品を仕上げてくるとは…驚きです。
 それまでの作品の印象としては、雰囲気として「優しさ」が感じられるのだけれど、軸がなく、なんとなくふわふわした感じでした。それが今作では、かるたとそれに懸ける熱情を軸に据えたことで、作品の印象もハッキリ。そこに本来持ちたる優しさがマッチして、結果的に少女マンガでありながら、少年マンガのような雰囲気を持つ作品が出来上がっているんじゃないのかな、と。また恋愛要素が邪魔しがちな少女マンガにおいて、その割合をかなり抑えているのも好印象。あくまでメインはかるただということですね。


【オトコ向け度:☆☆☆☆☆】
→少女マンガのエッセンスが苦手だと元も子もないワケですが、それがないのであればぜひ一度読んでいただきたい作品です。むしろノリは少年マンガ。
【私的お薦め度:☆☆☆☆☆】
→ここまで真剣で、アツい作品はなかなかありません。かるたという企画ありきの話ではなく、ちゃんと物語として機能。ぜひ一読をお勧めします。


作品DATA
■著者:末次由紀
■出版社:講談社
■レーベル:コミックスビーラブ
■掲載誌:BE・LOVE(2008年第2号~連載中)
■既刊4巻
カテゴリ「BE・LOVE」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。