このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2011.11.08
1106084717.jpg紺野キタ「カナシカナシカ」


おまえの世界へ戻れ


■幼い頃から誰かの気配を感じていた藍。勉強も運動もまるでダメ。いじめられそうになったこともあるけれど、何故だかみんな自分には手を出そうにも出せなかった。そんなある日、迷い込んだ異世界で母親によく似た少女・すずろと出会う。彼女こそ、両親の本当のこどもで、自分は異世界の出身で、母親のお腹の中で二人が入れ替わったのだと知った藍は!?

 「つづきはまた明日」(→レビュー)などを描かれている紺野キタ先生の、不思議な「縁」で結ばれた少年と少女の交流を描いたチェンジリング・ファンタジーでございます。あらすじ読んでもよくわからんという方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にこういうお話なので。。。主人公はどんくさくて勉強もできなくて、容姿も家族とは全然違う中学生の男の子・藍。生まれたときから誰かの気配を隣に感じていた彼は、ある日偶然発見した異世界への入り口を潜り、一人の少女と出会います。その少女こそが、自分が幼い頃から感じていた気配の持ち主。すずろと名乗るその少女は、見るからに母親にそっくりで、母親のお腹の中で彼女と入れ替わってしまったことを知るのでした。以後たびたび異世界を訪れるようになった藍ですが。。。というお話。
 
 日常に潜む異世界への扉と、自分の出自とその存在意義について思い悩む少年のお話。紺野キタ先生の作品は、割とあたたかい家族関係を描くことが多いような気がしていたのですが、今回は出発点に割と仲の悪い家族関係というのがありまして。妹と祖母から疎まれていて、そのことを本人も気にしているんですよね。そして自己評価が下がりどうにも我が家に居場所を見出せないでいる中、実は自分が母親の子供でなかったことがわかり、一層当人は葛藤することに。しかも自分は虫の子供だと来たもんだ。虫の子供である以上、生きやすいのは異世界であって、またすずろは本来こちらの世界で生きるべきだった。おとぎ話然としていますが、そこで描くのは結構シリアスで重苦しい話だったりします。


カナシカナシカ
すずろとの出会いで、揺らぐ自分の居場所、存在。


 異世界についてはあんまり説明ないのですが、それも語らせず雰囲気で享受してもらえれば。ベースはすずろとの対話。表紙の女の子ですごくちんまりとしているのですが、その物腰はわりとハッキリ。全てを見通しているかのような話し振りでもあります。その他にもなんだかヘンテコな生物が出て来たり、ファンタジックな要素はたくさん。作中でも「神隠し」という言葉で語られていますが、千と千尋の神隠しなどにも通ずるような、和ファンタジーとなっていますよ。

 様々な出来事や葛藤を経て、結局藍はひとつの答えを導き出すことになるのですが、その答えというのが多くの選択肢から自ら選び取るのではなく、“それしかなかった”上で自ら納得させるというように映るのが、この物語の美しさでもあり、納得しきれないところでもあったり。最初の設定から、自ら選びとっていくブレイブストーリー然としたものを想像していたのですが、恐らくそれは最初から考えられていなくて、どちらかというと今置かれている現状を納得させるという方向のお話なのかな、と思います。そういう構えで読めば、全く違和感なし。どちらにせよ、淡く派手さはなくともラスト非常に「救われた」感のある素敵な物語となっています。
 
 
【男性へのガイド】
→紺野キタ先生の作品は男性もお好きな方多し。すずろもさることながら、多分この主人公こそが受け入れる間口を広くしてくれる存在かと見ています。
【感想まとめ】
→終始雰囲気が良いわけでも、メッセージがはっきりと伝わってくるわけでもないのですが、それでも最後しっとりあたたかく終わらせてくれるので読後感は良いです。紺野キタ先生のファンタジーがお好きな方は是非。



■作者他作品レビュー
「SALVA ME」「日曜日に生まれた子供」「夜の童話」



作品DATA
■著者:紺野キタ
■出版社:新書館
■レーベル:ウイングスコミックス
■掲載誌:ウイングス
■全1巻
■価格:590円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「Wings」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。