このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [読み切り/短編] 2011.11.11
1106079574.jpg目黒あむ「マコとアキちゃんの恋心」


いつか
アキちゃんの特別に
なれるかな



■読切り5編を収録。表題作をご紹介。
 チャラ男・アキちゃんが好きなマコですが、「特定の相手を作る気ない」というアキちゃんに告白しては連敗中。それでもいつか振り向いてくれると信じ、前向きに告白し続けるマコですが、なかなかマコの心は動かずに…!?
 
 目黒あむ先生のデビューコミックスでございます。集英社マーガレットが怒濤の新人さんフェア実施中でございますよ。毎年集英社のルーキーはすごくレベルが高いなぁと思わされるのですが、目黒先生もキャッチーな絵柄でなかなか…。表紙のかわいらしさが目を引くのですが、中身もキラキラでとってもポップ。それでは収録作を、少しずつご紹介致しましょう。表題作は先の通り。「だけど、第一印象は“可愛い人”だった先輩、けれどいざ近距離になってみるとその本性はドSで…!?という「だけど、やっぱりかわいい人」。幼なじみの佑に告白された無表情なちーは、なんの気なしにOKしてしまったけれど…という「モノクロドールの思うとこ」。「真っ赤なりんごに口づけを」は、赤くなるのが可愛くてついついからかっていた相手に、不意に想いを伝えられて…というお話。「きみと初恋」はどこかズレててボーッとしているクラスメイトに恋してしまった女の子のお話。こちらは作者さんのデビュー作になります。


マコとアキちゃんの恋心
あんまり深く考えないけど、だからこそ素直に、ただただ頑張れる。明るく前向き、恋に真剣な女の子が多いです。そしてちょっとばかっぽい。


 無表情を貫いた「モノクロドールの思うとこ」のヒロインを除いて、みんな恋に恋する丸っこくて犬みたいに戯れつく可愛い女の子がヒロインになっています。そんでもって一生懸命。一方相手役は、どこか中性的でキレイめ系、気質的にはS寄りな子が多いです。話ごとにキャラ付けされていはいるのですが、なんとなく似た感じを受けるのはなんでだろう。何はともあれデフォルメ多用で非常にかわいらしいカップリング。
 
 またヒロインが想う場合はヒロインの愛がとにかく溢れ、逆に想われるパターンの場合は相手の気持ちがわかりやすく描かれるため、ラブ特盛(わけの分からん言葉)で物語は全体的にとっても甘め。表題作を筆頭に、割と考えないというかアホっぽいヒロインが多いため、上品な砂糖の甘さというよりは、シロップのようなわかりやすい甘さという感じでしょうか。ヒロインが割と活発(というか落ち着きがない)ので、物語の転がり方は早め。ページあたりの吹き出し数の多さがその現れだと思うのですが、ゆえに読み手からすると忙しなく感じる方もいるかも。ただ同時に、その分ヒロインと相手役のコロコロ変わる様々な表情を堪能でき、その魅力(可愛らしいキャラ描写)は充分に活きていると思います。あ、でも目を中心に顔のパーツの描き方は、デビュー直後ということで試行錯誤、かなり1冊の中で変化しています。個人的には直近2作が甘ったるすぎず、好きです。
 
 お気に入りは2話目の「モノクロドールの思うとこ」でしょうか。割とコロコロ表情の変わる子犬のようなヒロインが多い中、無表情ロングヘアのスラッと美人というところで興味を引かれ、最後不意に見せた表情で完全に持ってかれました。一方で殺伐とした切なさ先行の物語はまだ描きづらいのか、相手役がポジティブな子犬系だったりします。それでもお話としてはしっとり落ち着いていて、個人的にはすごく読みやすく好み。表題作のようなかわいさ先行のポップな作品の方が良いかどうかは、もう読み手の好みの問題でしょうか。 


【男性へのガイド】
→犬っぽい女の子が好きな方。ちょっとおバカっぽいけど前向きな子が好きな方。恋愛に頑張る女の子が好きな方。どうぞよしなに。
【感想まとめ】
→女の子かわいいなぁというイメージ先行で、あまりストーリーが頭に残らなかったという部分も。…が、キャラ中心で構成される物語ですので、そもそもストーリーとか語るところではないのか。キャラ造形だけで充分素敵。注目しておいて損はないと思いますよ、皆様。


作品DATA
■著者:目黒あむ
■出版社:集英社
■レーベル:別冊マーガレットコミックス
■掲載誌:別冊マーガレット
■全1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

大好きです!

違う話も、また、単行本ではないので、だしてほしいです!
From: ~名もなきお * 2012/06/17 16:36 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。