このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.11.14
作品紹介→どうしようもなく広い世界で、ぼくらは…:あさのあつこ/木乃ひのき「No.6」1巻



1106070081.jpgあさのあつこ/末次由紀「NO.6」(2)


No.6は
美しい仮面をつけた化け物だった



■2巻発売してます。
 聖都市での全てを捨て、ネズミとともにNo.6を脱出した紫苑。命懸けで逃亡した先は、紫苑が初めて目にする壁の向こうの世界・西ブロックだった。充の使用すら日常の、暴力・混沌が支配する街で、紫苑はネズミから「俺の敵だ」と宣告されるが…!?紫苑とネズミ、2人の運命が加速度を増す、第2巻!!


~原作小説買っちゃいました~
 1巻を読んで面白さに即座に2巻も購入。勢い余って原作も購入してしまいましたよ(まだ未読)。なかなか読む時間取れないのですが、近いうちに読みたいです。さて、マンガの方はNo.6脱出から。表紙見て、「あれ誰だこの白髪の子?」ってなったのですが、ハチにやられてこうなったってことなんですね。そういえばアニメの公式サイトを覗いても、そこに映るのは白髪の主人公ばかり。1巻のあの姿の方がむしろ珍しい感じなのでしょうか。
 

~ネズミがやっぱり良いですね~
 今回は西ブロックの様子を知るというところがメイン。初めてだらけの世界に、温室で育った紫苑は翻弄されます。そんな彼をツンツンしつつもつかず離れずで見守るネズミが、もうかわいくて仕方ないです。主人公に対して厳しい言葉ばっかりかけるのに、ちゃんと守るべきところでは守ってあげるって、どんだけ主人公愛されてるんだよっていう。アニメは割とBLの香りが・・・って話を聞きましたが、これは確かに感じざるを得ない。でもこの純粋で正義感の強い世間知らずな主人公と、ちょっと捻くれすぎたイケメンくんって組み合わせは嫌いじゃないです。
 

~物語の全容は未だ見えずなのですが~
 この後どうなっていくのかは全然知らないのですが、その上で気になるのが、紫苑の性格について。普段の彼って割と能天気というか、すごく素直で穏やかな性格ってイメージなのですが、前回も今回も突然激昂するシーンがあるんですよね。1巻は激昂というか、外に向かって抑圧された何かを吐き出すように叫ぶシーン、そして2巻ではネズミが悪口を言われた際に飛びかかるように相手に激怒しました。
 

No.62-1
 正直飛びかかって馬乗りになるほど怒ることなのかなっていう。割と抑えきれない何かを内面に抱える、不安定な気性の持ち主なのかな、と。それが物語のどこかでどかんと爆発しそうで怖くもあり、楽しみでもあり。
 

~外からだけではなく、内からも?~
 ディストピアものとして、外側からの進行のみで物語が進んで行くのかと思っていたのですが、お母さんと沙布の存在によって、No.6からの内側からも何かしらのアプローチがあるってことなんでしょうか。特に沙布は割とあれこれ危ないこととかしてくれそうで、今からその動きに目が離せません。絶対無茶するタイプだと思うんですよね。「進撃の巨人」のミカサみたいで。


■購入する→Amazon

カテゴリ「ARIA」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。