このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.11.30
1巻レビュー→自分が幸せになれないと決め込んでいるあなたへ:西炯子「姉の結婚」1巻
作者他作品レビュー→笑いと涙の芸道一直線コメディ!:西炯子「兄さんと僕」
崖っぷち28歳とロリふわ22歳の凸凹婦警コンビが行く!:西炯子「ふわふわポリス」
オトナの情事×コドモの事情:西炯子「恋と軍艦」1巻
「娚の一生」2巻
恥ずかしい青春全開の弓道部ライフ:西炯子「ひらひらひゅ~ん」




1106090047.jpg西炯子「姉の結婚」(2)


なりたい自分


■2巻発売しました。
 真木の強引な求愛に心乱れるヨリ。このまま彼のペースに巻き込まれ、自分を見失ってゆくのを恐れたヨリは、泥沼の展開から逃れるべく、思い切った作戦に出る事に…。果たしてこの決断は吉と出るのか凶と出るのか。。。アラフォー男女の危うい関係を描いた、不器用系恋愛バイブル、第2巻!
 

~分からないのは…~
 2巻ですが、相変わらずレビュー書きにくい作品ですね。そもそも分からない事が多いので、どこを切り口にしたら良いのか掴めていないというのが本音です。これだけはちゃめちゃな動きをしておいて、その実ちゃんとどこかへ向かって動いていることが感じられる以上、何か“核”となる部分があるはずなのですが、それが巧妙に隠されているという。事情さえわかっていれば、真木の奇行だってヨリの拒絶だって納得のはずなのですが、それがなかなか。
 
 1巻ではとにかく真木の奇行が衝撃的で、彼の一挙手一投足にばかり目が行ってしまいましたが、彼の行動原理は至ってシンプルで、「重ね続けた想いの成就」が目的。出発点と目的は明確であるのですが、それに至ろうとするまでのプロセスがちょっと普通じゃない。そのアプローチ手法の要因となっているものが、何なのかが、明かされていない謎ということになるでしょうか(ここは明かされず単に変わった人って形で片付けられそうな気もしますが。。。)。一方のヨリは、この町に流れ着くまでの過程に加え、何があったのかという根本が明らかになっていない。この物語の全容を一番見せなくしているのは、他でもない、ヨリ自身なのです。


~“なりたい自分”と“なりたくない自分”~
 さて、それでも1巻2巻と巻を重ねた段階で、彼女の過去を探る糸口がいくつか出てきています。真木の「あなたはほどほどの愛しか知らない」という発言に対して「残念ながらそれは外れているわ」なんて思ったり、故郷に戻ってきた事情を聞かれるシチュから「“何もなかった”でいいのよ、もう」なんて考えたり、「愛されるのもごめんだわ」なんてモノローグが出てきたり。なんとなくのイメージとして、恋愛に疲れた・傷ついた過去があり、そこから逃げ流れるように故郷へ戻ってきた…という感じでしょうか。けれどそれが一体どんなものだったのか、語られない!これがなかなかズルい所で、明らかになれば物語としてのターニングポイントになること確実ですし、逆に明かされない事で、恋愛は休憩ないし引退なんて思ってる女性の共感も得られる(のではないか)という。どっちに倒したってオッケーなんですよ、これが。温泉での回想を見るに、後者っぽい気がしないでもないという。。。
 
 さて、結果的に立ち往生しているヨリですが、今回「なりたい自分」というテーマで、物語はあれこれ展開することになりました。ヨリは一体どんな自分になりたいのか。彼女が思い描いたのは…
 

姉の結婚2
恋愛に振り回されない私



 というもの。付け加えるならば、「自分から好きになったりしない、そういう女になる」というもの。読んでいて多くの人は、このヨリの想いに違和感を感じたかと思うのですが、じゃあ違うのかと言われるとまた微妙で。確かにこれは、彼女のなりたい自分ではないのですが、同時に彼女の願いの一つでもあるのではないかな、と。彼女の「恋愛に振り回されない私」の逆、つまり「恋愛に振り回される自分」というのは、言うなれば「なりたくない自分」であって、そう考えるとだいぶ腑に落ちるのでした。なりたくない自分の裏返しがそのままなりたい自分であることは少なく、ヨリの答えは未だ出ずのままでした。彼女が「なりたい自分」を見つけ、そこに向かって歩き出すには、まだまだ時間がかかりそうです。



■購入する→Amazon

カテゴリ「flowers」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。