このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2011.12.11
1106090396.jpg遠藤海成「黒犬O'clock」(1)


足下に逃れられない死が迫っているとして
運命を
変えたいとは思いませんか?



■高校2年生の男子・小野田暁は、人が死を迎える時間が正確にわかってしまう不思議な能力「時限時計(カウントダウン)」を持っている。死まで12日を切ると、突然その人の胸の前に時計が現れるのだ。その力で大事な人の死期を知ってしまった彼は、せめて悔いのない最期を迎えさせてあげたいと、「理想の死に方」をプロデュースするという会社「ブラッグ・ドッグ」を訪れる…

 新創刊となった月刊コミックジーンより。この月刊コミックジーンなのですが、「女性向けの少年漫画雑誌」という一件矛盾したコンセプトの元刊行されており、一応女性向けを謳っておりますので、試験的に当ブログでも取り上げたいと思います。こういうコンセプトはどちらかというと嫌いなのですが、個々の作品の良し悪しには全く関係ないので、前向きにレビューしますよー。というわけで第一弾は「まりあ+ほりっく」などを描かれている、遠藤海成先生の作品「黒犬O'clock」です。
 
 主人公は、幼い頃からとある能力を持ち、悩んできた高校生・小野田暁。その能力とは、人の死期が見えるというもの。見えると言っても全員の死期を把握できるわけではなく、その人が死ぬ12日前になると、その人の胸の上に時計が浮かんで見えるというもので、いつも突然にその時計が現れるため、未だに慣れずに哀しみ悩んでいるのでした。そんな中、入院中の最愛の祖母にその時計が出現。どうすることもできない運命を目の前に、せめて悔いのない最期を迎えさせてあげたいと、「理想の死に方」をプロデュースするという会社「ブラッグ・ドッグ」を訪れるのですが…。というお話。


黒犬Oclock1-1
「ブラック・ドッグ」の中心人物。見ためは完全な少年だが、色々と隠していることがありそうな、いかにも怪しい人物です。


 物語は、主人公である暁の能力が「ブラッグ・ドッグ」のメンバーに認められ、以後その活動に強制的に巻き込まれていくことで進んでいきます。暁の願いはただ一つ、「運命を変えることはできないのか」ということ。そんな中、視えた死期を確定事項として動く「ブラック・ドッグ」の活動は、彼の願いとは相反するものではあるのですが、都度人の死と向き合うことによって彼の中での考え方を変容させていく契機となり、またそれ以上に何か大きな秘密がこの組織にはあるようです。「ブラック・ドッグ」でメインで動くメンバーの一人は、見ため完全な子供で口の悪い少年なのですが、彼の正体や、どうしてこういった活動を行っているのかというところは1巻時点では全く不明。今後物語が進むと共に、明らかになっていくようです。
 
 女性向けということもあって、やはり登場人物は男の子が殆どなのですが、ちゃんとヒロインもいます。しかも結構気難しそうな、中二心をくすぐるような。「いばら姫」なんて呼ばれている彼女は、暁と同じ学校の生徒で、近寄りがたい雰囲気を纏った無表情の女の子。暁の行く先々に突然現れて、「運命を変えたいとは思いませんか?」なんて言い放ったりと、なんとなく状況はわかっている感じ。「ブラック・ドッグ」ともちょっとしたつながりがあるようで、今後のキーパーソンになってきそうな気配がぷんぷんします。現時点では敵か味方かわからない感じ。…というかそもそも敵とか味方なんて切り分けが成り立つ物語なのかもわかりませんが。


黒犬Oclock1-2
わりとやんちゃないばら姫。陸上でインターハイに出場している主人公に追いつける程の脚力を持ち、ゴミ箱を余裕でぶん投げられるほどの腕力を持つ(穿った紹介の仕方)。髪型が特徴的ですよね。いかにも妖しげな感じが、雰囲気出てます。


 人の死が一つ大事な要素として登場してくるわけですが、それ以上に「ブラック・ドック」の活動であるとか、裏にある真実といったものに意識が行くように作られているので、ちょっと重苦しさは足りない感があります。命が一つの題材なのに、どこか薄いというか、小手先の感動というような。元々お涙頂戴な感動系のストーリーでないので、その辺は潔くて良いかと思うのですが、その辺を少しでも期待しているのであればちょっとした違和感は覚えるかもしれませんのでご注意を。


【男性へのガイド】
→一応体は「少年漫画」ですので、男性も食いつけるようにはなっていると思います。訴求するのは腐向け少年漫画とかそういうものだと思いますので、割り切った上で読めれば良いのでは。
【感想まとめ】
→1巻で全容が見えている感がないので、どうとも。。ただどういう展開で進んで、最終的にどういう結末が待っているのかというのは確かに気になります。その辺は作者さんの上手さでしょうか。


作品DATA
■著者:遠藤海成
■出版社:メディアファクトリー
■レーベル:ジーンコミックス
■掲載誌:コミックジーン
■既刊1巻
■価格:533円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ジーン」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。