このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.12.14
作品紹介→藤宮あゆ「僕らはいつも」
4巻レビュー→青春しまくってる京ちゃんに思わず赤面《続刊レビュー》「僕らはいつも」4巻
5巻レビュー→全てを背負う中学生、何も背負わぬ高校生:藤宮あゆ「僕らはいつも」5巻
6巻レビュー→京ちゃんの魅力詰まった一冊に:藤宮あゆ「僕らはいつも」6巻
7巻レビュー→男泣き?いいえヘタレ泣きです。:藤宮あゆ「僕らはいつも」7巻



1106070122.jpg藤宮あゆ「僕らはいつも」(8)


夢のように消えたりしない
今を



■8巻発売しました。
 義理の妹・みおに、「町にいたければみおと寝ること」という交換条件を突きつけられた榛名。町への愛情が募る中、榛名は…?一方京輔と柳津のあいだで、心を決めた冴花。ところが、京輔から「幸せになれ」とエールを贈られ、複雑な心境に…。
 

~京ちゃん…~
 なんで未だにこのマンガ買ってんだろうとか思ってるんですが、結局京ちゃんと冴花が好きなんだなっていうことなんです、はい。というわけで、今回も京ちゃんと冴花メインでレビューをお届けしたいと思います。

 スッパリ諦めた(体の)京ちゃんですが、そのやり場のない寂しさをどこに向けたかというと…
 

僕らはいつも8-1
元カノ


 最低だ(笑)アクシデントで呼び出してしまったとはいえ、相手に好意が多少なりとも残っていることを自覚しつつ、それに甘えそうになるという、なかなかに畜生なヘタレっぷりを見せつけてくれました。京ちゃん、驚く程カッコ悪いです(笑)常に断固たる決断ができないのが、実にヘタレらしいところで、柄になく頑張っちゃうと、反動で流されるという。一方お相手のカオリちゃんは、ここぞとばかりに京輔にアプローチ。弱った男の子の心につけ込むというのは常套手段であり、これは実に正しい(と思う)行為。ちょっと自分を安売りしすぎな感もありますが、それくらい彼のことが好きだと言うことでしょう。そんなカオリちゃんに対し京ちゃんはこんなこと言って諭すのですが…
 
 
僕らはいつも8-2
自分を貶めるようなことするな



 まぁそもそも一番自分を貶めてるのは京ちゃん自身なんだけどね!なんてここまで流された京ちゃんでありましたが、割とスッパリとブロック。たぶんそれまでの彼であれば、更に流されて行くとこまで行っちゃいます(断言)。今までの自分の反省もあったのでしょう。この言葉はクサいけれどもなかなか素敵な言葉だったと思いますよ? てか「あっためてあげようか?」なんて言ってくれる女の子がいる時点で、やはり京ちゃんはモテモテなプリンスなんだなぁと。彼女がここまで彼に執着するのもよくわかりませんが、説明出来ない魅力というものがきっとあるのでしょう。それがそのまま、冴花にも伝われば良いのですが。。。頑張れ、京ちゃん!
  
 
~柳津のことがホントよくわからん~
 さて、そんな京ちゃんを差し置いて、冴花は先生一直線。どうも先生も受け入れ態勢万全なようなのですが、正直この先生の事がよくわからなくて、登場してくる度にもやもやしたものを感じています。冴花の想いは長い月日をかけて重ねて来たものであるのですが、それに対しての柳津は常に受け身というか。彼の意思や願望をもって、冴花に向き合っていない感がビンビン。どこか一歩引いて見ているというか。冴花曰く「放っておけない」なんて言っていますが、そこまで弱い感じだったっけ?というような感もありますし。例えば今回、冴花と会った時も、成長した冴花に対して…
 

 
「そうだな
 高校生だもんな
 お前ら」



 ここで気になるのは、冴花に対して言っているはずなのに「お前ら」って言葉を使ってること。普通求めてる人が来てくれたら「お前」とかになると思うんですが「お前ら」ですから、やっぱりどこか一歩引いて見ているような気がしてならないのですよ。それにあの無表情がコワイというか。なんか心ここにあらずって感じで。さてさて、この後二人はどうなるのか。無駄に引っぱればただ冴花の心を傷つけるだけなので、できれば早めに撤退していただけると…という願望だけぶちまけてこのレビューは締めたいと思います。え、榛名と典?それは追々レビューをね。。。(しないフラグ)


■購入する→Amazon

カテゴリ「マーガレット」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

いづきさん はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいてます。
ここを知ってから おすすめのマンガを何十冊買ったことか・・・。
そして すべて私的にハズレがないって 奇跡です!

『僕らはいつも』8巻 読みました。
私も いづきさんと同じく 京ちゃん押しです。
こんな愛すべきヘタレっぷり みたことない。
もうこうなったら とことんつき合って 
京ちゃんを追いかけたいと思わせた巻でした。

これからも 読むとニヤニヤが止まらない 
いづきさんテイストのレビュー
楽しみにしてます。
From: みかん * 2011/12/14 12:14 * URL * [Edit] *  top↑
私は京ちゃんが大好きです。

でも京ちゃんの恋は応援出来ません。
冴花とくっついて欲しくないです。

典とくっついてほしかったです。


失礼しました。
From: あ * 2012/06/30 01:08 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。