このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.12.15
作品紹介→「りぼんで女の子同士のキス…」各所で話題のガールミーツガール青春白書:えばんふみ「ブルーフレンド」1巻
2巻レビュー→一人の少女の再生描いた、良き青春物語でした:えばんふみ「ブルーフレンド」2巻




1106089982.jpgえばんふみ「ブルーフレンド」(3)


私はあんたがいい!


■3巻発売です。
 自分の意見がなかなか言えない少女、可奈子。周りに流されず、真っ直ぐに前を向く少女、青。桜舞う春、高校入学と共に出会った正反対の二人。時に傷つけ合い、求め合い、いつしか惹かれ合うようになり…!?
 

~またお前か~
 なんと3巻登場です。2巻で完結だったはずなのですが、第2部ということで全く新しい形でスタートすることになりました。第1部がやはり好評だったということでしょうか。確かに登場した時は、ネット界隈ではかなり騒がれていました。帯にも「ファンの声、全国に拡大!」なんて書かれていて、いくつかのコメントが寄せられているのですが、そこに気になるコメントが。
 
 
 百合成分もあるけど、
 ちゃんと友情ものとして良い人間ドラマになっているのがすごい。
 他と違う百合マンガ。
 (24歳 IT関係)

 あれ、この肩書き見覚えが。そういえば1巻と2巻でも、
 
 
 まさかりぼんで女の子同士のキスを見れるとは…
 これは良い百合マンガ。
 男性にもオススメ。
 (23歳 IT関係)

 
 まさか百合漫画でここまで泣かされるとは…。
 単純に物語として素晴らしいです。
 (23歳 IT関係)

 おい、これ絶対同一人物だろ。発売から1年経って、23歳が24歳になった感がものすごいです。案外全部違う人というケースも考えてみましたが、個人的にはここまでこの少女漫画に入れ込む24歳IT関係勤務のお方という方が俄然ロマンがあります(何の?)いい歳してんだから少女漫画なんて読んでないで、仕事しな?(特大ブーメラン) ほんと、こういうコメントには密かに勇気づけられます、はい。あ、ちなみに私ではありませんので、はい。


~第2部スタート、今度はちょっと百合っぽい~
 さて、のっけから大脱線してしまいましたが、本編の方はといいますと、第1部とは異なり、だいぶ百合っぽい(あくまで百合素人な個人的な印象ですが)感じになっています。ヒロインは純真無垢なごくごく普通の女の子・可奈子。そしてそのお相手となるのが、なんでも思ったことは口に出し、群れない笑わないのマイペースな青。青は最初からクラスの中で孤立し、一方の可奈子も女子校ならではの馴れ合いに馴染むことが出来ず、いつしか一人行動するように。そんな中、どちらともなく寄添うように、二人は行動することになります。
 
 青の性格がとにかく取っつきにくくて難儀なのですが、そんな彼女の良さを理解し歩み寄ろうとする可奈子の頑張りと、そんな彼女に対して心溶かしていく青の、それぞれ違ったベクトルで放つ初々しさがとっても微笑ましい。それぞれが当たり前に持つ弱い部分を、時間を重ねることで徐々に表出し、それを受け入れてより深い部分で繋がるようになる。そんな過程が丁寧に、そして瑞々しく描かれます。


フ#12441;ルーフレント#12441;3-1
青のとなりに居場所を見出し、冷たくあしらわれても諦めない可奈子。アツくなるとつい本音がでてしまうのですが、その本音こそが青の心を溶かす一番の材料となる。どちらもかわいい性格なんですよ。


 第1部では重苦しい背景からの依存といった要素がスタート地点にあったため、相互依存から百合的感情に“落としてくる”というやや馴染みにくいアプローチという印象でしたが、こちらは逆に、友情からの延長としての百合的感情という感じで、素直に受け取ることができました。「ブルーフレンド」というタイトルを改めて眺めてみたとき、よりイメージしていたものに近いのは、個人的には第1部よりもこちらかな、と。いい意味でライトになったというか。


~今回もキスあります~
 1巻からキスシーンが描かれて話題になった本作ですが、第2部でもキスシーンは登場します。といっても唇同士ではなく、ほっぺにチュウ。しかしながらストーリーの流れ的に決して軽いものではなく、物語の中でしっかりと意味を持ってくる重要なポイントとして描かれるので、むしろ1部よりも印象的ですらあるんですよね、これが。相変わらずどこか記号的というか、わざとらしさはあるのですが、チュープリのあたりはその辺を上手く逆手に取っている感じすらあったり。なんて個人的に一番良かったシーンはやっぱりキスではなくて、
 

フ#12441;ルーフレント#12441;3-2
青が熱を出して、弱って甘えちゃう瞬間


 でした。素直じゃなくて甘えられない子が、弱っている時にふと見せる「甘え」が、本当にかわいくて。それに和室で布団っていうところも、なんだか個人的にツボ。
 
 さて、第2部は3巻ラストで一段落するのですが、これで終わりなんでしょうか?りぼんのサイトを見ても、連載続いている感もなく。巻末にも次巻予告なく、かなりキレイな終わり方だったので、やっぱりこれで完結っぽいですね。前回とは全く違った味わいの青春物語に、終始ニヤニヤさせられっぱなしでした!面白かった!



■購入する→Amazon

カテゴリ「りぼん」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

ブルーフレンド大好き!!
というかえばんふみ先生大好きですv-238

コミックスかいました!
すっごいよかったですv-353
From: 鈴木 * 2012/03/09 00:01 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。