このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2011.12.19
1106069738.jpg華夜「かなめエトワール」



役を心で感じるの


■憧れのバレリーナ・美姫様を追いかけて、名門バレエ学園に入学したかなめ。しかし、なぜか美姫様とともにコンクールの代表に大抜擢されてしまう。数々の名選手がいるなか、まだバレエを始めて2年のかなめは、まだまだ荒削りな原石。妬み恨みからの妨害、美姫様との実力の差…。幾多の困難がかなめの前に立ちはだかるが、それを超えたとき、かなめの秘められた才能が…!

 sho-comiの作品レビューするの本当に久しぶりな気がします。というくらい、Sho-Comiの作品って苦手なものが多いのですが、本作はSho-Comiの中でも異色の出来で、これは是非とも紹介せねば、と。華夜先生の5冊目の単行本(もうこんなに出てたんだ…)となる本作は、3話完結の表題作のほか、読切りが2作収録されています。この表題作がとにかく驚きでして。
 
 描かれるのはとある名門校でバレーに励む少女の成長譚。ヒロインのかなめは、バレエを始めてまだ2年の女子高生。中学の時に見た美姫様のバレエに感動し、追いかけるように彼女が通うバレエの名門高校へ転入してきたのでした。憧れの美姫様と同じ環境でバレエが出来る…それだけで充分満足だったのに、直後発表のあった全国バレエコンクール代表者に、何故かかなめが美姫様と共に選出。以降、彼女の怒濤の日々がはじまることになるのでした。。。


かなめエトワール
この一心。恋とかそんな要素入ってこず、がむしゃらに先輩だけを見続けます。


 全力でスポ魂です。才能を見出されるも、開花にはまだ遠い。そんな彼女に立ちはだかるのは、周囲の嫉妬、練習の厳しさ、そして弱い自分。それらの辛いことを超えてはじめて、新たな世界を見ることができるわけですが、この文法はステレオタイプの少女漫画スポ魂もののそれ。めちゃくちゃアツいです。しかも根底にあるのは百合。コーチや先輩との恋愛展開はありません。高貴な先輩との百合風景もまたやや古風な少女漫画のそれで、この二つを併せてきますか、と。野獣系な黒髪ドS男子が跋扈する昨今の少コミにおいて、スポーツでしかも男女恋愛一切なしというアプローチは異色中の異色と言えるでしょう。

 なんとなく恋愛に発展しそうな先輩もいることにはいるのですが、いかんせん3話完結であるためにそこまで手を出す余裕はなし。バレエに関するウェイトが非常に大きいため、恋愛要素を入れることすらままなりません。そこで、同じ舞台で活躍する憧れの先輩を配置して、恋愛的に展開。3話完結という中で、しっかりとそこを折り畳んできたのはお見事。だいぶ詰め込んでいるために、どこか忙しなく展開が早い印象もあるのですが(そもそもたった3話で成功体験までもってくってところに無理があるわけですが)、物語としてはきちんと成立しており、読後感も良かったです。何よりこのようなチャレンジングな作品を描いたという、それだけで素晴らしいことだと思います。
 

【男性へのガイド】
→少女漫画的なそれですが、少コミ基準でいえばかなり読みやすい方にはいるかと思います。
【感想まとめ】
→ちょっとこういう作品は予想していなかったので、驚き。面白いというか、すごいとただ感心しました。こういうアプローチ、この先もして欲しいなぁと個人的に思っています。


作品DATA
■著者:華夜
■出版社:小学館
■レーベル:Sho-Comiフラワーコミックス
■掲載誌:Sho-Comi
■全1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon


カテゴリ「Sho-Comi」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。